ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 805881 全員に公開 雪山ハイキング支笏・洞爺

幌別鉱山町 三段の滝

日程 2016年02月01日(月) [日帰り]
メンバー kazunbo, その他メンバー1人
天候晴れのち雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道36号線 登別市幌別町から道道327号線へ進み幌別鉱山町最終ゲート付近に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間15分
休憩
0分
合計
3時間15分
Sスタート地点10:0413:19ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険カ所は特になし。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

ゲートからクロスカントリースキーらしきトレースが続いている。
2016年02月01日 10:05撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートからクロスカントリースキーらしきトレースが続いている。
分岐を左に進むとトレースはなくなり、小動物の足跡が点在。
2016年02月01日 10:18撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を左に進むとトレースはなくなり、小動物の足跡が点在。
1
分岐から少し下り左へ折れると、幌別川支流の橋。
河原にはたくさんの動物の踏みあとがあった。
2016年02月01日 10:22撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐から少し下り左へ折れると、幌別川支流の橋。
河原にはたくさんの動物の踏みあとがあった。
積雪はこんな程度だが、吹き溜まりの場所はこの倍ぐらい。
2016年02月01日 11:06撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
積雪はこんな程度だが、吹き溜まりの場所はこの倍ぐらい。
うっすらと窪んだトレースが残っているが、最近のものではないようだ。
鹿らしい足跡は比較的新しいものが林道に続いていた。
2016年02月01日 11:20撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うっすらと窪んだトレースが残っているが、最近のものではないようだ。
鹿らしい足跡は比較的新しいものが林道に続いていた。
林道から沢へ降りる道を進むと、三段の滝に到着。
2016年02月01日 11:36撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道から沢へ降りる道を進むと、三段の滝に到着。
下から一段目。
2016年02月01日 11:47撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下から一段目。
三段目だと思います。
2016年02月01日 11:48撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段目だと思います。
1
三段の滝 全容。
2016年02月01日 11:57撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三段の滝 全容。
林道へと戻り、それを少し奥へ進むと上部から滝を見ることが出来る。
雪が降りだしてきた。
2016年02月01日 12:08撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へと戻り、それを少し奥へ進むと上部から滝を見ることが出来る。
雪が降りだしてきた。
静まりかえる林道にしんしんと雪が降り注いできた。
2016年02月01日 12:44撮影 by Canon PowerShot G15, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静まりかえる林道にしんしんと雪が降り注いできた。
撮影機材:

感想/記録

去年の冬は最終車止め地点、右手のゲートから聖の滝を見に行った。
三段の滝はかれこれ30年以上前だと思うが、ゲートがまだ通れるときに車で一回だけ
行ったことがある。
今年の冬は是非行ってみたいと思っていたが、昔の思い出では、車でも結構時間がかかったような気がした。
カシミール3Dでだいたいの距離を測ってみると、片道4匱紊らい。
往復徒歩で3時間程度で問題ないと判断した。

当日は日差しがあり天気はまずまず、鉱山町左側の最終ゲートに車を止め散策を開始した。
ゲートから直ぐにスキーのトレースらしい跡が続いている、15分くらいで分岐に差し掛かりそこを左へと進むが、トレースはなく、小動物の足跡があるだけだった。
少し下り左へ折れ曲がると幌別川支流の橋、そこから見える河原にもたくさんの動物の足跡がついていた。
林道をさらに進むと結構新しめの少し大き目な足跡が林道に続いていた。
多分、鹿の足跡だろう。

今日は、結構な風があると思っていたが、この場所は山々に風が阻まれているせいか、ほとんど風がなく、静まりかえっていた。
スノーシューの雪の踏みつけるタンタンとする乾いた音がやけに響きそれが心地よく聞こえてくる。
積雪はさほどないが、吹き溜まりの場所でも20センチくらいで比較的歩きやすかった。
斜度はほとんどないが、緩やかな登りになっているので、ペースを上げすぎると息が弾んだ。
11時半頃、三段の滝に到着。
林道から左の枝道へ沢に降りると間もなく、滝直下にたどり着いた。
川幅がさほどない上流部のこの沢は、凍てついた今の季節、流心の部分しか水流が見ることが出来なかったが、滝格段の核心部は勢いよく水が流れ落ちて滝の存在を見せつけていた。
帰り道、日差しが閉ざされて、深々と雪が降り始めてきた。
このままいくと直ぐに私たちの足跡はかき消されて、何もない自然に戻っていくのだろう。
訪問者数:148人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 枝道 スノーシュー
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ