ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808180 全員に公開 沢登り丹沢

前大沢を歩いてみた 最後まで巻かずに

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー old-diver
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸川林道の竜神の滝と倉見荘への分岐の間の林道に止めました。(分岐には先行車が一台あって、駐車できませんでした。河原でバーベキューの人達でした。)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間6分
休憩
17分
合計
3時間23分
Sスタート地点09:0709:13倉見山荘09:18前大沢09:3512:24倉見山荘12:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
F1、第一堰堤〜F3、第三堰堤までがちょっと大変ですが、ホールドをしっかり探して登れば大丈夫でした。(F2とF3にはスリングがあり、利用して越えました。)
最後の枯棚は岩が脆いので、剥がれる岩と剥がれない岩を良く見極めて登る必要がありました。
この時期、水量も少なく登りやすい条件だったと思われます。ただ、枯れ葉が多く景観としては今ひとつでした。
今日はあくまでも巻かずに沢を詰めることを目標にしました。
大倉尾根まで登り、そのまま左岸の尾根を下りました。はじめは仕事道なのか鹿道なのかはっきりしない尾根ですが、そのうち仕事道が明瞭になってきます。黄色の荷作り紐が目印でした。下りの途中には鹿柵が2ヶ所ありますが、いずれも穴が空いているので、通れました。
水無川の水量は多くないので、渡渉は問題ないです。
今日は靴はMEGAXと長ズボン+スパッツで、ロープやハーネスは携行しましたが、使いませんでした。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

戸川林道から倉見荘への分岐を、水無川の河原へ下ります。今日は先行車がありましたが、バーベキュー客でした。
2016年02月07日 09:07撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸川林道から倉見荘への分岐を、水無川の河原へ下ります。今日は先行車がありましたが、バーベキュー客でした。
倉見荘です。(ここは今どうなってるのかな?)
2016年02月07日 09:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倉見荘です。(ここは今どうなってるのかな?)
前大沢の入り口です。薄暗いです。
2016年02月07日 09:16撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前大沢の入り口です。薄暗いです。
直ぐに、F1とその後ろの第一堰堤です。左から越えます。乾いているのでそれほど難しくありません。
2016年02月07日 09:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに、F1とその後ろの第一堰堤です。左から越えます。乾いているのでそれほど難しくありません。
第一堰堤は巻かずに左から越えますが、ちょっと大変です。ホールドを探して確実に越えます。
2016年02月07日 09:21撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一堰堤は巻かずに左から越えますが、ちょっと大変です。ホールドを探して確実に越えます。
3
越えると向こうにF2が見えてきます。
2016年02月07日 09:27撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越えると向こうにF2が見えてきます。
F2は左から越えます。
2016年02月07日 09:28撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
F2は左から越えます。
上部にスリングが2本ありました。利用して越えました。
2016年02月07日 09:29撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部にスリングが2本ありました。利用して越えました。
2
直ぐにF3です。これはクラック状から取り付きました。上にスリングがあるので、少し頼って越えました。
2016年02月07日 09:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐにF3です。これはクラック状から取り付きました。上にスリングがあるので、少し頼って越えました。
2
第二堰堤です。これも左から越えます。ズルズルです。
2016年02月07日 09:39撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二堰堤です。これも左から越えます。ズルズルです。
2
堰堤を越えると、水量はほとんど無くなりました。
2016年02月07日 09:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を越えると、水量はほとんど無くなりました。
倒木で埋まった小滝。左を登ります。
2016年02月07日 09:46撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木で埋まった小滝。左を登ります。
沢が狭まった先に、第三堰堤が見えてきました。
2016年02月07日 09:49撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が狭まった先に、第三堰堤が見えてきました。
この堰堤も左から越えました。やはり、ズルズルです。堰堤の石をホールドにして登りました。
2016年02月07日 09:51撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この堰堤も左から越えました。やはり、ズルズルです。堰堤の石をホールドにして登りました。
1
第三堰堤の上は、昨日、林道から沢に降りたところです。山仕事道標があります。
2016年02月07日 09:55撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第三堰堤の上は、昨日、林道から沢に降りたところです。山仕事道標があります。
その上の第四堰堤は右から越えました。
2016年02月07日 09:56撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その上の第四堰堤は右から越えました。
第五堰堤はほぼ埋まってます。
2016年02月07日 09:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第五堰堤はほぼ埋まってます。
二股を右に曲がります。
2016年02月07日 10:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二股を右に曲がります。
樋状の小滝です。昨日はここで帰りました。ステミングでも、水流中でも大丈夫です。ぬめってません。
2016年02月07日 10:04撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樋状の小滝です。昨日はここで帰りました。ステミングでも、水流中でも大丈夫です。ぬめってません。
1
この後は、こんな感じの狭い沢状が延々と続きます。
2016年02月07日 10:06撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この後は、こんな感じの狭い沢状が延々と続きます。
落ち葉が景観をじゃましてます。この時期、登りやすいですが、落ち葉がどうにもこうにも!!
2016年02月07日 10:07撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が景観をじゃましてます。この時期、登りやすいですが、落ち葉がどうにもこうにも!!
右岸から水がしたたり落ちてました。
2016年02月07日 10:10撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸から水がしたたり落ちてました。
こんな感じの沢がまだ続きます。
2016年02月07日 10:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じの沢がまだ続きます。
ミニCS。
2016年02月07日 10:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミニCS。
1
突っ張り、ステミング、フリクションなど、ごちゃ混ぜで登ります。(どうにでもなります。)
2016年02月07日 10:15撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突っ張り、ステミング、フリクションなど、ごちゃ混ぜで登ります。(どうにでもなります。)
1
左に曲がります。わざわざこの崖も登らなくても良いのですが、今日は練習なのですべて登ります。左側を越えます。ホールドは沢山あります。
2016年02月07日 10:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に曲がります。わざわざこの崖も登らなくても良いのですが、今日は練習なのですべて登ります。左側を越えます。ホールドは沢山あります。
1
これは問題ないです。
2016年02月07日 10:26撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは問題ないです。
これも大丈夫。
2016年02月07日 10:28撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも大丈夫。
ここは取り付きにくそうですが、のっぺりした岩をホールドして越えました。(頼りない木の枝に掴まったかな?)
2016年02月07日 10:31撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは取り付きにくそうですが、のっぺりした岩をホールドして越えました。(頼りない木の枝に掴まったかな?)
3
この先は枯棚です。
2016年02月07日 10:36撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は枯棚です。
ここから伏流してました。ちょうど座るのに良い木があったので、休憩しました。(のどが渇きます。)
2016年02月07日 10:42撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから伏流してました。ちょうど座るのに良い木があったので、休憩しました。(のどが渇きます。)
さて、枯沢を登りましょう。
2016年02月07日 10:44撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、枯沢を登りましょう。
ゆっくり行きます。
2016年02月07日 10:48撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり行きます。
まだ、岩などはしっかりしてます。
2016年02月07日 10:52撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ、岩などはしっかりしてます。
この辺りからは、岩は幾分脆くなってきます。剥がれる岩を足場やホールドにしないように注意しました。
2016年02月07日 10:56撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りからは、岩は幾分脆くなってきます。剥がれる岩を足場やホールドにしないように注意しました。
問題ないです。
2016年02月07日 10:58撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
問題ないです。
右股に行きます。
2016年02月07日 11:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右股に行きます。
根っこの下にヤマガラがいました。地面にいるヤマガラは始めてでした。
2016年02月07日 11:09撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
根っこの下にヤマガラがいました。地面にいるヤマガラは始めてでした。
3
左に貧相な石積堰堤が見えます。
2016年02月07日 11:11撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に貧相な石積堰堤が見えます。
右にも同じような堰堤がありました。此方を詰めます。
2016年02月07日 11:13撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右にも同じような堰堤がありました。此方を詰めます。
人工林になりました。ここは倒木や切り株があるので、ランチ休憩にしました。登山道まで60mくらいでしょうか。
2016年02月07日 11:17撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人工林になりました。ここは倒木や切り株があるので、ランチ休憩にしました。登山道まで60mくらいでしょうか。
ランチ後、一応、登山道まで詰めます。三ノ塔が見えます。朝は綺麗な青空でしたが、雪雲がかかってきましたね。
2016年02月07日 11:34撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ランチ後、一応、登山道まで詰めます。三ノ塔が見えます。朝は綺麗な青空でしたが、雪雲がかかってきましたね。
1
明瞭な仕事道を登ります。
2016年02月07日 11:35撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明瞭な仕事道を登ります。
烏尾〜行者の稜線です。今年の表尾根は晴れても、雪がすぐには無くなりませんね。温度が低いからですかね。
2016年02月07日 11:35撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾〜行者の稜線です。今年の表尾根は晴れても、雪がすぐには無くなりませんね。温度が低いからですかね。
1
大倉尾根の登山道に到着。何人かの登山者が降りてきます。誰も来ないうちに、戻って左岸尾根を降ります。
2016年02月07日 11:45撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉尾根の登山道に到着。何人かの登山者が降りてきます。誰も来ないうちに、戻って左岸尾根を降ります。
鹿も同じような道を下ってますね。
2016年02月07日 12:01撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿も同じような道を下ってますね。
1
この鹿柵は壊れているので通れます。
2016年02月07日 12:02撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この鹿柵は壊れているので通れます。
途中は広い尾根ですが、黄色の荷作りテープが目印ですね。
2016年02月07日 12:14撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中は広い尾根ですが、黄色の荷作りテープが目印ですね。
神奈川県森林公社の碑があります。平成四年度植栽と書かれていました。それほど古くはないですね。
2016年02月07日 12:15撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神奈川県森林公社の碑があります。平成四年度植栽と書かれていました。それほど古くはないですね。
水無川に降りてきました。河原ではバーベキューをしてました。大人数です。他にも2グループほどありました。
2016年02月07日 12:20撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水無川に降りてきました。河原ではバーベキューをしてました。大人数です。他にも2グループほどありました。
矢印から降りてきました。この後、林道に置いた車で帰りました。
2016年02月07日 12:22撮影 by DMC-TZ35, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢印から降りてきました。この後、林道に置いた車で帰りました。
1

感想/記録

昨日6日に林道から前大沢の第三堰堤に降りたときに、この時期なら沢を歩くのが簡単そうに見えたので、今日、前大沢を歩いてみました。いくつか私には難しそうな所もありましたが、確実にホールドを探せば越えることが出来ました。
思ったより早く登れたので、作治小屋の方へ降りようかとも思いましたが、昨日も歩いているので、今日は左岸尾根を下って終了しました。
訪問者数:174人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ