ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808446 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

ナバ谷〜ナバ谷中央尾根(古寺山山伏道経由)

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー MuscleTurtle
天候晴れ〜雪
アクセス
利用交通機関
電車
行き:神戸電鉄「唐櫃台」駅下車
帰り:神戸電鉄「神鉄六甲」駅乗車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間40分
休憩
4分
合計
4時間44分
S唐櫃台駅12:3213:32古寺山16:06古寺山取付き16:0916:10シュラインロード登山口16:1116:15ヨモシロの瀧17:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ナバ谷源頭部は急斜面
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

神鉄唐櫃台駅から出発。住宅街を南へ進む。
2016年02月07日 12:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄唐櫃台駅から出発。住宅街を南へ進む。
5
ちょっと寒いけど、割りといいお天気。
2016年02月07日 12:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと寒いけど、割りといいお天気。
2
正覚寺の脇を抜けていく。通ってよかったのかしら…。
2016年02月07日 12:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正覚寺の脇を抜けていく。通ってよかったのかしら…。
1
六甲森林線入ってスグの気になっていた階段。進んでみる。
2016年02月07日 12:52撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六甲森林線入ってスグの気になっていた階段。進んでみる。
1
右手を見上げる。とても山道じゃなさそう。山腹を彷徨う。
2016年02月07日 12:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手を見上げる。とても山道じゃなさそう。山腹を彷徨う。
1
水平道らしきものがあったので、沿って進む。
2016年02月07日 12:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水平道らしきものがあったので、沿って進む。
右手を見ると踏み跡らしきものがあったので、登ることにする。
2016年02月07日 13:00撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手を見ると踏み跡らしきものがあったので、登ることにする。
すぐに治山ダム。谷道だったのか…。右から越える。
2016年02月07日 13:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに治山ダム。谷道だったのか…。右から越える。
瓢箪から駒、なかなか雰囲気があってテンション↑
2016年02月07日 13:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瓢箪から駒、なかなか雰囲気があってテンション↑
2
踏み跡なんて全くないけど、谷筋を進む。
2016年02月07日 13:11撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡なんて全くないけど、谷筋を進む。
3
上方が明るくなってきた。ズルズルの斜面を登る。
2016年02月07日 13:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上方が明るくなってきた。ズルズルの斜面を登る。
ピークらしきところに出て、北尾根に合流。→進む。
2016年02月07日 13:26撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークらしきところに出て、北尾根に合流。→進む。
2
古寺山と雪ってなんだか相性がいいなぁ。
2016年02月07日 13:32撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山と雪ってなんだか相性がいいなぁ。
「人工の山」って何だろう。まっすぐ行ってみる。
2016年02月07日 13:33撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「人工の山」って何だろう。まっすぐ行ってみる。
2
サルノコシカケに雪の座布団。人工の山が何かわからず、道をロスト…。
2016年02月07日 13:34撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サルノコシカケに雪の座布団。人工の山が何かわからず、道をロスト…。
5
適当に進むと階段が見えた。階段の上は井戸谷道だろう。
2016年02月07日 13:39撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当に進むと階段が見えた。階段の上は井戸谷道だろう。
階段を登らず、山伏道(沢)を下ってみる。
2016年02月07日 13:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を登らず、山伏道(沢)を下ってみる。
雪のせいもあるけど、踏み跡がよくわからないので適当に下る。
2016年02月07日 13:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪のせいもあるけど、踏み跡がよくわからないので適当に下る。
2
下って行くに連れ、テープが頻繁に現れる。
2016年02月07日 13:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って行くに連れ、テープが頻繁に現れる。
桂ヶ谷に合流し、→上流側に進む。
2016年02月07日 13:50撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桂ヶ谷に合流し、→上流側に進む。
2
古めかしく、存在感抜群の桂ヶ谷堰堤。右から越える。
2016年02月07日 13:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古めかしく、存在感抜群の桂ヶ谷堰堤。右から越える。
1
左岸沢沿いを進むのに疲れてきた。←右岸へ進んでみる。
2016年02月07日 14:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左岸沢沿いを進むのに疲れてきた。←右岸へ進んでみる。
1
と、ちょうど階段の地点に着いた。井戸谷道の続きの道だ。
2016年02月07日 14:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、ちょうど階段の地点に着いた。井戸谷道の続きの道だ。
林道に合流、ナバ谷に向かう。
2016年02月07日 14:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に合流、ナバ谷に向かう。
茶園谷すぐ、右手にいきなりダブルダム。
2016年02月07日 14:16撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茶園谷すぐ、右手にいきなりダブルダム。
水質がやばそうだ…。
2016年02月07日 14:17撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水質がやばそうだ…。
左手の階段から登りはじめ…
2016年02月07日 14:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手の階段から登りはじめ…
途中から右手へ別れる。(階段は尾根まで行ってしまいそう)
2016年02月07日 14:18撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中から右手へ別れる。(階段は尾根まで行ってしまいそう)
主堰堤堤内で二俣。本流は手前左俣。←進む。
2016年02月07日 14:21撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主堰堤堤内で二俣。本流は手前左俣。←進む。
浅い谷筋。水質は思ったよりは良さそう。
2016年02月07日 14:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅い谷筋。水質は思ったよりは良さそう。
進んで2段5m小滝。ヌメリもなく、滑らない。直登していく。
2016年02月07日 14:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んで2段5m小滝。ヌメリもなく、滑らない。直登していく。
3
滑や小滝が続く。
2016年02月07日 14:27撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑や小滝が続く。
砂まじりの明るい岩肌に変わってきた。
2016年02月07日 14:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂まじりの明るい岩肌に変わってきた。
ナバ谷堰堤の汚い水抜きがウソのよう。
2016年02月07日 14:30撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナバ谷堰堤の汚い水抜きがウソのよう。
2
砂岩質小滝。蹴りこみながらジリジリ登る。
2016年02月07日 14:35撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂岩質小滝。蹴りこみながらジリジリ登る。
2
倒木小滝を通過。
2016年02月07日 14:37撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木小滝を通過。
1
進んで二俣。←本流の左俣へ進む。
2016年02月07日 14:40撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進んで二俣。←本流の左俣へ進む。
赤茶色の段々小滝。指が痺れる。
2016年02月07日 14:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤茶色の段々小滝。指が痺れる。
2
3m逆相二条の段々小滝。なかなか良さ気。
2016年02月07日 14:44撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3m逆相二条の段々小滝。なかなか良さ気。
6
上部は4m滑滝。これもあまり滑らなかった。
2016年02月07日 14:45撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部は4m滑滝。これもあまり滑らなかった。
3
赤茶色の滑。この一帯がナバ谷ハイライトかな。
2016年02月07日 14:46撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤茶色の滑。この一帯がナバ谷ハイライトかな。
直線100m強のガレ場。こういうのは初めて。
2016年02月07日 14:49撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直線100m強のガレ場。こういうのは初めて。
1
直線が終わりやや右に曲がって詰めへ。
2016年02月07日 14:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直線が終わりやや右に曲がって詰めへ。
とんでもない突き上げ具合になっている。
2016年02月07日 14:58撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とんでもない突き上げ具合になっている。
1
頭上がぽっかり開けて見上げる。雪が舞いだした。
2016年02月07日 15:02撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上がぽっかり開けて見上げる。雪が舞いだした。
1
指を引っ掛けた岩が剥がれてずり落ちた。←斜面へ逃げる。
2016年02月07日 15:04撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指を引っ掛けた岩が剥がれてずり落ちた。←斜面へ逃げる。
3
谷筋は60°はある雪の斜面。掴むものもなく、これは厳しい。
2016年02月07日 15:10撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋は60°はある雪の斜面。掴むものもなく、これは厳しい。
3
とにかく進んでミヤコザサ。もうすぐ終わりだ。
2016年02月07日 15:13撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく進んでミヤコザサ。もうすぐ終わりだ。
尾根筋らしきところに出てしばし彷徨う。
2016年02月07日 15:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根筋らしきところに出てしばし彷徨う。
植林帯を適当に進む…
2016年02月07日 15:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を適当に進む…
1
と、明瞭な踏み跡に合流。写真手前下り方向に進む。
2016年02月07日 15:25撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、明瞭な踏み跡に合流。写真手前下り方向に進む。
この道はナバ谷中央尾根だな。多分。
2016年02月07日 15:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道はナバ谷中央尾根だな。多分。
キレイに管理されている。北はりま森林組合。
2016年02月07日 15:28撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレイに管理されている。北はりま森林組合。
1
林道に下りついた。井戸谷分岐地点。取付目印は切り株。
2016年02月07日 15:55撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に下りついた。井戸谷分岐地点。取付目印は切り株。
道路脇にひっそり、裏六甲DWは別名「あじさいの道」というのか。
2016年02月07日 16:14撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路脇にひっそり、裏六甲DWは別名「あじさいの道」というのか。
1
気になる谷筋を確認。多分ここがウバ谷。山姥の滝はあるのかな…。
2016年02月07日 16:22撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気になる谷筋を確認。多分ここがウバ谷。山姥の滝はあるのかな…。
神鉄六甲まで歩いて帰る。の前にもう一つ…新唐櫃配水場手前から…
2016年02月07日 16:31撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄六甲まで歩いて帰る。の前にもう一つ…新唐櫃配水場手前から…
1
平見川沿いの道を南へ辿ってみる。山原第二砂防ダムを通過。
2016年02月07日 16:42撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平見川沿いの道を南へ辿ってみる。山原第二砂防ダムを通過。
左上はDW。この先はどうなっているのやら。
2016年02月07日 16:43撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左上はDW。この先はどうなっているのやら。
床固工現る。先は二ノ橋だし←DWに戻る。神鉄六甲へ。
2016年02月07日 16:47撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
床固工現る。先は二ノ橋だし←DWに戻る。神鉄六甲へ。
火の見櫓に茅葺き屋根。ここは神戸市なんだよなぁ。
2016年02月07日 17:08撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火の見櫓に茅葺き屋根。ここは神戸市なんだよなぁ。
2
神鉄六甲に到着。ちょっとだけど雪景色を楽しめた。
2016年02月07日 17:15撮影 by SO-04E, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄六甲に到着。ちょっとだけど雪景色を楽しめた。
5

感想/記録

ナバ谷はあまり歩かれていないのかな。
六甲_摩耶_再度山路圖でも小径の点線がない。
そこそこ小滝もあったし、楽しめた。
古寺山は相変わらずわからない。もうちょっと足を運んでみよう。
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ