ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 808953 全員に公開 雪山ハイキング富士・御坂

【155】(今朝の雪と風でトレース消えて、踏み抜き地獄)鶴ケ鳥屋山

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー aruaru
天候晴れ→夕方から雪
アクセス
利用交通機関
電車
往:笹子駅
復:初狩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち96%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間42分
休憩
14分
合計
7時間56分
S笹子駅08:4709:51庭洞丸09:5711:56角研山12:0012:22ヤグラ14:06鶴ヶ鳥屋山14:1015:15恩六二九石標16:43初狩駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
笹子駅8:47→9:51庭洞丸→10:06東野田林道出合→10:27鉄塔→11:56角研山→12:22ヤグラ→14:06鶴ヶ鳥屋山→15:15恩629石標→16:15近ヶ坂橋→16:43初狩
コース状況/
危険箇所等
<笹子→角研山> 7日現在
・笹子の登山口入口で沢と尾根の分岐があり、尾根に。
・黒野田林道までは、トレースあり
・林道からの登り口は、林道を50m位左に。急登でトレースがないと分かりにくい。
・鉄塔を越えるとトレースが埋もれて、吹き溜まりで雪が多くなってくる
・コースは、尾根筋を登れば問題ない。新雪の下は、最中雪で膝上位

<角研山→鶴ヶ鳥屋山>
・ヤグラを過ぎるとトレースあるが新雪で埋まった所が多い。

<鶴ヶ鳥屋山→近ヶ坂橋>
・トレースあるが、薄い。トレースがないと林道への下りが分かりにくいかな? ピンクテープがあったけど。
・恩629石標からは、雪が少なくなってくる。でも林道は、全面雪。
・林道は、朝凍結に注意でしょう

写真

今朝の雪は、場所によって薄っすら積もっている所もありましたが、山は、どうなっているでしょうか?
笹子駅からすぐの坂はアイスバーンになってました。
2016年02月07日 08:37撮影 by N-06D, NEC
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今朝の雪は、場所によって薄っすら積もっている所もありましたが、山は、どうなっているでしょうか?
笹子駅からすぐの坂はアイスバーンになってました。
1
駅からの道には、今日のトレースがついてました。新たに雪が付いた登山道入口から いざ!! どうやら先行者がいたようです。
2016年02月07日 08:49撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駅からの道には、今日のトレースがついてました。新たに雪が付いた登山道入口から いざ!! どうやら先行者がいたようです。
1
一番目の鉄塔に到着。雪化粧をした笹子の山々。青空に映えて美しい!! ここで簡易アイゼン装着
2016年02月07日 09:09撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一番目の鉄塔に到着。雪化粧をした笹子の山々。青空に映えて美しい!! ここで簡易アイゼン装着
2
杉林に囲まれた庭洞丸到着。杉の苗木の上から本社ヶ丸が見えるだけ。
2016年02月07日 09:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林に囲まれた庭洞丸到着。杉の苗木の上から本社ヶ丸が見えるだけ。
6
なだらか尾根になりました。積雪も多くなっていますが、トレースあります。風で木々に付いた雪が舞い落ち、太陽に当たってキラキラして、ダイヤモンドダストのようです
2016年02月07日 10:00撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なだらか尾根になりました。積雪も多くなっていますが、トレースあります。風で木々に付いた雪が舞い落ち、太陽に当たってキラキラして、ダイヤモンドダストのようです
ここは吹き溜まっています。それにしても青空が抜けるようです。
2016年02月07日 10:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは吹き溜まっています。それにしても青空が抜けるようです。
黒野田林道に出ました。正面にトレースがありました。誰か正面突破したようです。少し林道を左に行くと道標があります。でも、雪が半端なく積もってます。
2016年02月07日 10:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒野田林道に出ました。正面にトレースがありました。誰か正面突破したようです。少し林道を左に行くと道標があります。でも、雪が半端なく積もってます。
取っ掛かりは急登でした。第二の鉄塔に到着。ここも展望がありません。
2016年02月07日 10:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取っ掛かりは急登でした。第二の鉄塔に到着。ここも展望がありません。
石切山でしょうか、少しだけ見えます。日当たりがいいので、ティータイムにします。
2016年02月07日 10:29撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石切山でしょうか、少しだけ見えます。日当たりがいいので、ティータイムにします。
時より風が強く吹いてくると、雪まみれになっちゃいます。舞い散った粉雪に日が当ると本当に綺麗ですね〜。ゆっくりしちゃいました。
2016年02月07日 10:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時より風が強く吹いてくると、雪まみれになっちゃいます。舞い散った粉雪に日が当ると本当に綺麗ですね〜。ゆっくりしちゃいました。
1
暫く進むと、風当たりの良いところは、完全にトレースが消えてます。先行者がいたはずなのに、もう消えた?
2016年02月07日 10:51撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く進むと、風当たりの良いところは、完全にトレースが消えてます。先行者がいたはずなのに、もう消えた?
5
綺麗な雪景色が楽しめます。でも、歩くのがキツクなってきました。かんじき持って来ればよかった! 
2016年02月07日 10:57撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗な雪景色が楽しめます。でも、歩くのがキツクなってきました。かんじき持って来ればよかった! 
3
傾斜が緩いところでも、パウダースノウ―の下は、最中雪なので踏み抜くと膝位まで潜ります。傾斜がきつく成ってくると同時に積雪も膝上位に・・・ゼイゼイ
2016年02月07日 11:03撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩いところでも、パウダースノウ―の下は、最中雪なので踏み抜くと膝位まで潜ります。傾斜がきつく成ってくると同時に積雪も膝上位に・・・ゼイゼイ
1
やっと角研山山頂に到着。付近の岩も雪に隠れほぼ直登でした。ここから稜線を鶴ヶ鳥屋山に進みます。
2016年02月07日 11:56撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと角研山山頂に到着。付近の岩も雪に隠れほぼ直登でした。ここから稜線を鶴ヶ鳥屋山に進みます。
1
稜線から本社ヶ丸が時折見えます。
2016年02月07日 12:16撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線から本社ヶ丸が時折見えます。
2
ヤグラ到着。消耗が激しかったので、どこから降りるか・・と。
2016年02月07日 12:22撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤグラ到着。消耗が激しかったので、どこから降りるか・・と。
1
木々の間からは八ケ岳が見えてます。笹子から清八迄行かれると言う、本日唯一のハイカーさんと会いました。この人のトレースも使えると・・
2016年02月07日 12:24撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間からは八ケ岳が見えてます。笹子から清八迄行かれると言う、本日唯一のハイカーさんと会いました。この人のトレースも使えると・・
1
この辺りから稜線には、新しいトレースはなく、古いトレースは、大方埋もれていました。
2016年02月07日 12:25撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りから稜線には、新しいトレースはなく、古いトレースは、大方埋もれていました。
2
とりあえず、鶴ヶ鳥屋山へ行きます。ゼイゼイ
2016年02月07日 12:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、鶴ヶ鳥屋山へ行きます。ゼイゼイ
1
お〜、南アが見える!! 
2016年02月07日 13:01撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜、南アが見える!! 
4
本社ヶ丸の稜線。ここで日向ぼっこしながら、お昼にしましょう。
2016年02月07日 13:02撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸の稜線。ここで日向ぼっこしながら、お昼にしましょう。
6
本社ヶ丸の脇に綺麗な雲が湧いてきました。
2016年02月07日 13:17撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本社ヶ丸の脇に綺麗な雲が湧いてきました。
3
再び南ア
2016年02月07日 13:38撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び南ア
1
こっちは、八ケ岳
2016年02月07日 13:40撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは、八ケ岳
4
やっとこさ、鶴ヶ鳥屋山山頂到着。ここまでアップダウンが多いので、戻るのいや〜です。
2016年02月07日 14:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっとこさ、鶴ヶ鳥屋山山頂到着。ここまでアップダウンが多いので、戻るのいや〜です。
5
薄っすらトレースが残っていますが、踏み抜きが多く、足が攣る兆候が表れて来たので、芍薬甘草湯を一服。雪は十分堪能しました・・・。
2016年02月07日 14:43撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄っすらトレースが残っていますが、踏み抜きが多く、足が攣る兆候が表れて来たので、芍薬甘草湯を一服。雪は十分堪能しました・・・。
2
黒野田林道に下りて来ました。階段は、雪で埋まっています。
2016年02月07日 15:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒野田林道に下りて来ました。階段は、雪で埋まっています。
1
正面には、道標がありましたが、全面雪だと、判りづらいです。
2016年02月07日 15:05撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面には、道標がありましたが、全面雪だと、判りづらいです。
おえ〜、雪こわい〜
2016年02月07日 15:06撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おえ〜、雪こわい〜
4
ここから、林道を離れてまたズボ雪道へ
2016年02月07日 15:07撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから、林道を離れてまたズボ雪道へ
3
恩629石標。早く下りないと暗く成りそうなので、ここから近ヶ坂橋へ向かいます。これで雪もなくなると思ったのですが・・・・
2016年02月07日 15:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恩629石標。早く下りないと暗く成りそうなので、ここから近ヶ坂橋へ向かいます。これで雪もなくなると思ったのですが・・・・
3
沢を渡ってここで林道に。ここの林道も雪で歩き難い!!
2016年02月07日 15:58撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を渡ってここで林道に。ここの林道も雪で歩き難い!!
3
近ヶ坂橋で県道に合流。ふ〜。初狩駅に歩き始めると、雪が舞い降りて来ました。この県道も、歩道がついていますが、除雪した雪を置いているので、歩き難かった〜
2016年02月07日 16:15撮影 by TG-835 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近ヶ坂橋で県道に合流。ふ〜。初狩駅に歩き始めると、雪が舞い降りて来ました。この県道も、歩道がついていますが、除雪した雪を置いているので、歩き難かった〜
3

感想/記録
by aruaru

 先日降った雪がまだ残っていそうなマイナーな鶴ヶ鳥屋山に行く予定を立てていました。ところが、昨日(今日の)深夜にまた、雪が降ったようなので、少し不安でしたが、最悪途中で戻ってくればいいかと笹子駅を出発。

 駅から続く道には、今日歩いたと思われるトレースがあり、登山口へ続いていました。思わず、これは、ラッキー! 

 鉄塔を過ぎ、庭洞丸と雪道を楽しみながら進みます。林道を越えると積雪が深くなり、同時に風が強いので新雪が吹き飛ばされて、先行者のトレースもすでに消えてしまっています。でも、最初の内は、新しいトレースを付けるのを楽しんでいましたが、急傾斜で膝上〜下位のツボ足を続けるのは、さすがにしんどくなってきました。ゼイゼイ

 何とか角研山到着。稜線を鶴ヶ鳥屋山に進みます。本社ヶ丸方向へ向かう今日のトレースがありましたが、ヤグラを過ぎた辺りでなくなり、後は古いトレースのみ。疲れたので、下山ルートをどこにしようかと考えていると、笹子から清八山へ行くと言うハイカーさんに遭遇。このトレースを下ってもいいかなと思いつつ、とりあえず鶴ヶ鳥屋山へ行って様子を見ることに。

 いや〜、トレースも新雪や風で消えてしまった処は、最中雪で踏み抜き、歩き難くこれまた疲れる〜。鶴ヶ鳥屋山へは、いくつかアップダウンがあり、なかなか着かないよ〜

 途中の景色がいいところで、エネルギー補給して、やっと鶴ヶ鳥屋山山頂到着。あのアップダウンを戻る気力は無くなり、古いトレースがうっすら残る初狩方面に予定通り下山する事にします。

 こちらのコースも踏み抜きながら黒野田林道に。途中、足が攣りそうになったので芍薬甘草湯を飲み何とか持ちこたえました。(常備薬になってしまってます)
 
 恩629石標分岐から下った南斜面だけは、雪が解けて地面が見えていましたが、それ以外は近ヶ坂橋の所まで雪がバッチリありました。

 岩や木の根や滑りやすい急坂もすべて雪に覆われ、夏道では味わえない自由なコースどりが出来る面白さの反面、最中雪の踏み抜きで疲れ倍増でした。チカれた〜。

暫く、雪遊びは 遠慮しようかな・・・。でも、楽しかった・・・・
訪問者数:342人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/4
投稿数: 172
2016/2/8 16:04
 鶴ヶ鳥屋山
aruaruさん。こんにちは。
お疲れ様です。よくぞ、山頂まで登られました。しかも反対側初狩駅コースを取ることなぞ、自分にはできそうにありません。鶴ヶ鳥屋山。3年前の2月女性2人組のお一方が滑落死されました。一昨年私も積雪直後に登りました。ヤグラから少し先までトレースがあったもののその先はトレースなしでラッセルして山頂を目指しましたが午後1時タイムアウトで引き返しました。昨日は丹沢、次回に鶴ヶ鳥屋山と思いましたが、aruaruさんの情報で再考したいと思います。
登録日: 2013/1/4
投稿数: 32
2016/2/8 18:08
 Re: 鶴ヶ鳥屋山
gijinさん こんちには。

積雪の状態が分からないと不安ですよね。昨日は、新雪と風でトレースが消えてしまっている所が多々あり、どこで引き返そうかと思いながらの登頂でした。

鶴ヶ鳥屋山からも古いトレースがあったので初狩方面に下りましたが、こちらもトレースが所々消えていて、間違いやすいところもありました。

女性2人が遭難し、1人がお亡くなりになった場所は分かりませんが、急登が多いので積雪が多い時期には、十分な準備と早めの撤退の決断が必要ですね。それに特に年寄は、体力がなくなってきていますからね(自戒の念も込めて)。

ではでは、安全で楽しい山登りを

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ