ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 809630 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

荒地山〜ロックガーデン〜風吹岩

日程 2016年02月07日(日) [日帰り]
メンバー 子連れ登山JunNaoT, その他メンバー2人
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
阪急芦屋川
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
新七右衛門瑤鬚ぐって左は絶壁になっているので、ザックを先に通す際には落とさないように注意必要。魚屋道との分岐周辺に踏み跡多く、わかりづらい。
朝方、雪がちらついていたので岩が滑らないか心配したが、天候も回復し乾いていた。
その他周辺情報滝の茶屋前で休憩していたら、向かいの「山カフェ」のおねーさんが中「中のストーブにあたって休んだら」と声をかけてくれる。以前から気になっていた店(お酒やおいしそうなあてあり)今度、呑み仲間と来たら寄りたいなあ・・・・
参考:「山カフェプロジェクト」で検索
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル
備考 子供の荷物、防寒具などで荷物多め。軽量化が課題。

写真

城山分岐 左に行けば高座の滝、ロックガーデンへ。
2016年02月07日 08:36撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山分岐 左に行けば高座の滝、ロックガーデンへ。
1
登山口。手前右はちょっと空き地。
2016年02月07日 08:46撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口。手前右はちょっと空き地。
1
城山
2016年02月07日 09:18撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
城山
1
岩梯子。数人の方が待っていたので、休憩して待つ。
2016年02月07日 10:26撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子。数人の方が待っていたので、休憩して待つ。
1
岩梯子。空身の息子に追いつかれそうになり、母、焦る。
荷物が大きくて邪魔。反省点。もっと身軽にしなければ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子。空身の息子に追いつかれそうになり、母、焦る。
荷物が大きくて邪魔。反省点。もっと身軽にしなければ。
2
怖がることなく息子、登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖がることなく息子、登る
3
岩梯子を上からのぞき込む。
2016年02月07日 10:29撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩梯子を上からのぞき込む。
1
新七右衛門堯邪魔なザックは瑤寮茲砲い臣里蕕覆いじさまが引き上げてくれました。感謝。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七右衛門堯邪魔なザックは瑤寮茲砲い臣里蕕覆いじさまが引き上げてくれました。感謝。
3
新七右衛門堯人ひとりがやっと通れる岩のトンネル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七右衛門堯人ひとりがやっと通れる岩のトンネル。
2
新七右衛門瑤鮠紊ら見るとこんな感じ。
2016年02月07日 10:39撮影 by F-01F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新七右衛門瑤鮠紊ら見るとこんな感じ。
1
息子、手が届かず、ちょっと手伝って引き上げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
息子、手が届かず、ちょっと手伝って引き上げる。
1
荒地山山頂。展望なし。ピーク、って感じはないので、ちょっと休憩して通過。木陰になっているので暑い時期は休憩場所にいいかも。看板には山地図には載っていないショートカットの道も出ているので確認していくといい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒地山山頂。展望なし。ピーク、って感じはないので、ちょっと休憩して通過。木陰になっているので暑い時期は休憩場所にいいかも。看板には山地図には載っていないショートカットの道も出ているので確認していくといい。
2
魚屋道分岐あたりはちょっと雪が残っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魚屋道分岐あたりはちょっと雪が残っている。
1
山頂には行かず、風吹岩をめざす。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には行かず、風吹岩をめざす。
1
風吹岩到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩到着。
2
ここで昼ご飯。やっぱりイノシシがうろうろしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで昼ご飯。やっぱりイノシシがうろうろしている。
2
撮影機材:

感想/記録

岩登りの練習にと選んだコース。一番寒い時期で、朝は雨(山は雪)がちらちら。
休憩時の防寒対策万全で臨む。時期もあるが、ロックガーデンからのコースよりも人が少なくて静か。息子は前半の単調な道に「岩はまだ〜??」と退屈気味。岩は難なく通過。3度目のロックガーデン下りも余裕あり。
岩好きには楽しいコースだが、自分たちの無駄な荷物の軽量化の必要性を感じる。
心配していたイノシシは風吹岩周辺にやっぱりいたし、それ以上に多くの野良猫も登山者のごはんを狙ってくる。警戒しながらの昼ご飯タイム。
今回はささっと準備できるようカップヌードルレフィル+白ごはん(ご飯入れると冷めてしまうのでジェットボイルで温める)いつものコーヒーではなくフリーズドライのぜんざいにしたが、これが感動のおいしさ!
寒さでビール3501缶は飲むのを忘れ、下山後、茶屋前でいただく。
寒さのため、春〜秋のようにゆっくり休む感じではないが、体力の消耗が少なく、人も少なめなので、荷物や食糧、下山後のお楽しみ(山カフェ、温泉など)などを工夫しながら、冬の六甲をもっと楽しめたら、と思う。(N)

訪問者数:137人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ