ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 812161 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走飯豊山

五頭山〜菱ヶ岳周回

日程 2016年02月12日(金) [日帰り]
メンバー catwalk15
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
菱ヶ岳の登山口である内の沢の駐車場まで除雪済みで進入可能。ただし早朝は凍結のためかなり怖い。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間15分
休憩
35分
合計
6時間50分
S菱ヶ岳登山口06:4008:40三ノ峰08:4509:20五頭山09:3010:50与平ノ頭(930m)10:5511:45菱ヶ岳12:0013:30菱ヶ岳登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
どんぐりの森キャンプ場→五頭山まではしっかりと踏まれた幅広のトレースが続いている。五頭山〜菱ヶ岳もトレースあるが吹きさらしの区間ではトレースが消えかかっているところもあり。菱ヶ岳→登山口はしっかりトレースあり。ただし急登区間が数か所あり慎重を要する。
その他周辺情報村杉温泉、出湯温泉、月岡温泉など多数あり。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スノーシュー(トレースがしっかりしているので結果的に無くても大丈夫)

写真

どんぐりの森から尾根に取り付く。最初からしっかりとしたトレースが続いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんぐりの森から尾根に取り付く。最初からしっかりとしたトレースが続いている。
2
5合目、このあたりでも積雪50センチ程度と少なめ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5合目、このあたりでも積雪50センチ程度と少なめ。
2
7合目を越えると樹木が減り視界が開けてくる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7合目を越えると樹木が減り視界が開けてくる。
5
新潟平野、中央の丸い湖は白鳥が飛来する瓢湖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟平野、中央の丸い湖は白鳥が飛来する瓢湖。
9
登ってきた尾根を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根を振り返る。
4
五ノ峰(左)、四ノ峰(中)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五ノ峰(左)、四ノ峰(中)
5
丸い雪原の三ノ峰頂上。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸い雪原の三ノ峰頂上。
4
四ノ峰方向、こちらもトレースがついている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四ノ峰方向、こちらもトレースがついている。
4
三ノ峰の避難小屋。3mほどの雪壁の下に入口がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ峰の避難小屋。3mほどの雪壁の下に入口がある。
11
室内の様子。石油ストーブまである。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室内の様子。石油ストーブまである。
10
三の峰から望む、二ノ峰と一の峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の峰から望む、二ノ峰と一の峰。
4
三の峰から菱ヶ岳方面を望む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の峰から菱ヶ岳方面を望む
12
一ノ峰手前から二ノ峰を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ峰手前から二ノ峰を振り返る。
7
一ノ峰まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ峰まであと少し。
8
一ノ峰から五頭山、飯豊連峰方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ峰から五頭山、飯豊連峰方面を望む。
8
菱ヶ岳方面への縦走路の尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳方面への縦走路の尾根。
10
一ノ峰から西峰を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ峰から西峰を望む。
9
飯豊連峰、大日岳方面アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊連峰、大日岳方面アップ。
15
北股岳方面アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股岳方面アップ。
12
二王子岳方面アップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二王子岳方面アップ。
10
五頭山(912.5m)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五頭山(912.5m)
6
五頭山より尖った一ノ峰を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五頭山より尖った一ノ峰を望む。
11
分岐(三叉路)より菱ヶ岳方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐(三叉路)より菱ヶ岳方面を望む。
8
最初の鞍部をアップ。風衝地帯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鞍部をアップ。風衝地帯。
4
鞍部は風の通り道。小さなスノーモンスターがお出迎え。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部は風の通り道。小さなスノーモンスターがお出迎え。
10
登り返して五頭山方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返して五頭山方面を振り返る。
4
次のピークより前方の鞍部をアップ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次のピークより前方の鞍部をアップ。
8
縦走路は小刻みなアップダウンを繰り返しながら進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路は小刻みなアップダウンを繰り返しながら進む。
7
先行者がいるのでトレースもしっかり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先行者がいるのでトレースもしっかり。
7
時々飯豊連峰を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々飯豊連峰を振り返る。
6
中ノ岳(915m)付近より菱ヶ岳方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中ノ岳(915m)付近より菱ヶ岳方面を望む。
7
与平ノ頭(930m)をアップ。ここで進路が西に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与平ノ頭(930m)をアップ。ここで進路が西に変わる。
7
菱ヶ岳方面から五頭山方面へ縦走する登山者が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳方面から五頭山方面へ縦走する登山者が見える。
7
菱ヶ岳方面アップ。中央が最高点(981m)、右が菱ヶ岳(973.5m)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳方面アップ。中央が最高点(981m)、右が菱ヶ岳(973.5m)。
4
与平ノ頭をアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与平ノ頭をアップ
5
越後平野と青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後平野と青空。
7
与平ノ頭への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与平ノ頭への登り。
2
与平ノ頭からは幅広の稜線が広がる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与平ノ頭からは幅広の稜線が広がる。
4
1000mにも満たない稜線で厳冬期の雪山の風景を堪能できる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1000mにも満たない稜線で厳冬期の雪山の風景を堪能できる。
8
スノーモンスターと飯豊連峰。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スノーモンスターと飯豊連峰。
17
新潟市街地と佐渡島。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟市街地と佐渡島。
4
菱ヶ岳北峰への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳北峰への登り。
7
与平ノ頭、飯豊連峰を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
与平ノ頭、飯豊連峰を振り返る。
4
菱ヶ岳北峰より菱ヶ岳を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳北峰より菱ヶ岳を望む。
2
菱ヶ岳最高地点への登り。厳冬期限定の風景。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳最高地点への登り。厳冬期限定の風景。
7
菱ヶ岳北峰直下のシュカブラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳北峰直下のシュカブラ。
15
981mの最高点より望む菱ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
981mの最高点より望む菱ヶ岳
3
隣の菱ヶ岳山頂には先行者の姿あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の菱ヶ岳山頂には先行者の姿あり。
6
辿ってきた稜線を振り返ると。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辿ってきた稜線を振り返ると。
2
ようやく丸くて広い菱ヶ岳山頂へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく丸くて広い菱ヶ岳山頂へ。
2
菱ヶ岳山頂より五頭連峰南部方面を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳山頂より五頭連峰南部方面を望む。
2
南方向遠望。(元サイズ→拡大)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南方向遠望。(元サイズ→拡大)
3
菱ヶ岳山頂より981m峰方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳山頂より981m峰方向。
5
新潟市街地のアップ(1)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟市街地のアップ(1)
2
新潟市街地のアップ(2)
新潟市街地の手前は阿賀野川、その手前は水原の瓢湖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新潟市街地のアップ(2)
新潟市街地の手前は阿賀野川、その手前は水原の瓢湖。
2
菱ヶ岳を下山開始。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
菱ヶ岳を下山開始。
2
山頂直下、この先はかなり急。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下、この先はかなり急。
5
弥彦山、角田山方向。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥彦山、角田山方向。
3
どんどん標高を下げていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん標高を下げていく。
1
結構、小さなアップダウンあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構、小さなアップダウンあり。
4
山頂方面を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂方面を振り返る。
2
下山後、水原の瓢湖より五頭連峰を望む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後、水原の瓢湖より五頭連峰を望む。
4
こちらは二王子岳。白さが違う。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは二王子岳。白さが違う。
6
(おまけ)瓢湖より望む五頭連峰(9月初旬) 湖が蓮に覆い尽くされている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)瓢湖より望む五頭連峰(9月初旬) 湖が蓮に覆い尽くされている。
2
(おまけ)かわいらしいガスタンク、五頭連峰をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)かわいらしいガスタンク、五頭連峰をバックに
6
(おまけ)飯豊連峰・二王子岳をバックに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)飯豊連峰・二王子岳をバックに
3
(おまけ)ニコタン(左)とモモタン(右) (聖籠町藤寄)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(おまけ)ニコタン(左)とモモタン(右) (聖籠町藤寄)
6

感想/記録

前日に大変賑わったようで、登りのどんぐりの森〜三ノ峰〜五頭山まではしっかりしたトレースが幅広く付いていた。滅多にない好天を逃さず、後方から次から次へと登山者が登ってきている。中にはトレースありきでワカン類を持たない者も見られた。五頭山本峰からはやや霞みながらも真っ白な飯豊連峰、朝日連峰、新潟平野、佐渡、粟ヶ岳、守門岳などお馴染みの眺望を得ることができた。菱ヶ岳方面への縦走路へ進むとトレースはやや細くなるがツボ足でも問題なく進めそうな感じであった。
せっかく持ってきたのでスノーシューは全行程、装着したままである。下りでは階段状になったトレースを破壊しないようにしばしばトレースから外れるようにして進む。先行2名すれ違いは5名ほどで縦走も人気があるようだ。滅多に来ない五頭山塊であるが、標高1000mに満たない、都市に近い山でありながら小規模なスノーモンスターやシュカブラが見られるとは思ってなくラッキーであった。菱ヶ岳からの下りは想像以上の急降下が2〜3か所あり緊張を強いられた。下るにつれ気温が急上昇し雪が重くなり大汗をかき、時々雪をかじりながら進んだ。駐車場に到着すると満車に近く、冬でも人気の山ということを改めて認識した。
訪問者数:632人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/9/26
投稿数: 21
2016/2/17 13:11
 羨ましい!
晴れの五頭〜菱ケ岳縦走羨ましい!本当にキレイですね!もっと晴れの日が多ければ...と思う今年の冬。私もいつかリベンジしたいです!
登録日: 2014/11/24
投稿数: 48
2016/2/17 21:33
 Re: 羨ましい!
アクセスが良くて多くの登山者が登っているエリアなので天候さえ良ければキレイな雪山風景を楽しめると思います。今年は暖冬と言われているのに雨雪が多いです。日本海の海水温が高く水蒸気量がアップしている影響かと。日本海を半分くらい埋め立てたら新潟の降水量はだいぶ減ると思います(^^;)
登録日: 2011/1/23
投稿数: 303
2016/2/18 13:14
 気持ちいい
こんにちは

気持ちいいですね。
パノラマ絶景稜線の縦走、こちらも存分に楽しませて戴きました。

今冬新潟も少雪でしょうか。残雪登山にも多少影響がありそうですね
登録日: 2014/11/24
投稿数: 48
2016/2/18 21:32
 Re: 気持ちいい
tonkara様
1月ごろまでは平年の半分程度の積雪でしたが2月になってから少しずつ増えてきているようです。それでも平年の2/3程度でしょうか。多少残雪登山には影響は出ると思います。去年が多雪でしたからギャップが大きいかもしれませ。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ