ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815107 全員に公開 アルパインクライミング大山・蒜山

大山 別山中央稜(実力の違いを見せつけられる)

日程 2016年02月18日(木) [日帰り]
メンバー LYNX8640, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間30分
休憩
40分
合計
10時間10分
S南光河原駐車場05:0005:20大神山神社05:2506:25元谷小屋06:3008:20別山尾根取りつき08:4012:40別山山頂13:40夏山縦走路合流13:4514:00弥山山頂14:0514:30六合目避難小屋15:10大山寺橋・南光河原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
直前の降雪でアプローチはわかんでのラッセル。壁は暖冬による雪不足と融雪で、岩や藪の出ているところがある。特に別山からの下りは浮石だらけ。例年より1か月くらい早くシーズンが終わる感じ。

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター バラクラバ ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 水筒(保温性) 地図(地形図) トポ コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ ハーネス ヘルメット 確保機 ロックカラビナ カラビナ スリング
共同装備 ロープ9?×50 ツェルト

写真

快晴の北壁
2016年02月18日 06:45撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の北壁
取りつきに向かうが
2016年02月18日 06:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りつきに向かうが
3
ワカンでのラッセル
2016年02月18日 07:18撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワカンでのラッセル
3
中々進まない
2016年02月18日 07:34撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中々進まない
2
ふりかえると
2016年02月18日 07:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふりかえると
1
もう少し
2016年02月18日 07:41撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少し
3
取りつき
2016年02月18日 08:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りつき
1
ギザギザのの尾根は「幻のカンテ」
2016年02月18日 08:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギザギザのの尾根は「幻のカンテ」
3
1ピッチ目
2016年02月18日 09:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1ピッチ目
2
凍りかけた指に血流が戻り、その痛みに苦しむ男
2016年02月18日 09:36撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍りかけた指に血流が戻り、その痛みに苦しむ男
2
雪の稜線はこれまたラッセル
2016年02月18日 09:50撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の稜線はこれまたラッセル
1
傾斜が出ると雪も落ちていた。
2016年02月18日 11:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が出ると雪も落ちていた。
1
三鈷峰方面
2016年02月18日 11:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三鈷峰方面
1
弓ヶ浜を望む
2016年02月18日 11:42撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弓ヶ浜を望む
2
別山山頂のリッジ
2016年02月18日 12:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山山頂のリッジ
3
縦走路方面
2016年02月18日 12:44撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路方面
1
リッジのフォロワー
2016年02月18日 12:55撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リッジのフォロワー
3
吊尾根のコルに向かっての悪いトラバース
2016年02月18日 13:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊尾根のコルに向かっての悪いトラバース
2
岩が露出しているが浮石だらけ
2016年02月18日 13:06撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩が露出しているが浮石だらけ
1
別山を振り返って
2016年02月18日 13:24撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山を振り返って
2
稜線に向かって進む
2016年02月18日 13:28撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に向かって進む
2
別山を見下ろす
2016年02月18日 13:37撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
別山を見下ろす
1
傾斜が落ちたところで休憩
2016年02月18日 13:43撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が落ちたところで休憩
2
三角点から剣ヶ峰
2016年02月18日 14:07撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点から剣ヶ峰
2
縦走は断念
2016年02月18日 14:08撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走は断念
4
大山の頂上台地
2016年02月18日 14:13撮影 by FinePix XP70 XP71 XP75, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山の頂上台地
2

感想/記録

 今シーズン2回目の大山。晴天の予報だったのでサクッと登り、縦走につなげようかともくろんでいたが、直前に結構雪が積もっていた。大神山神社までは除雪してあったがそこからはノントレース、わかんの出番となった。いつもの倍近くかかって取りつきについた。壁も雪がべったりかな?と思ったがあにはからんや2週間で融雪が進み岩の出ている部分が多くなっていた。
 1ピッチ目のビレイをしていると登ってきたKENが指を抑えて苦しんでいた。最初冷たかったのが、そのうち感覚が無くなったまま登ってきたと言う。
 「あほう、さっさと体温で温めろ、そんなに指落としたいかよ。」そうして、10分ほどインナーの下に手を突っ込んでいたらようやく感覚がもどった。「もう一回痛くなったら降りるぞ」大山がまだ気温が高くてラッキーだったな。
 貸切かと思っていたが、後から来るパーティが意外なスピードで追いついてきた。見ると確保なしで登ってきていた。せっかくここまで先頭きってラッセルしてきたので譲るのは嫌だったが、こう圧倒的な実力の差を見せつけられてはルートを譲るしかない。さっさと先に行ってもらった。ロープレスで登れるやつらを見たのはいい刺激になった。ただそれにつられて、そのあとのピッチを支点を取らずに登って行ったのはまずかったような気もする。
 別山自体はどうということなく登れたが、思ったよりは時間がかかった。別山まで3時間を予定していたのだが、4時間もかかっていた。頂上は岩屑が露出していた。雪が少ないので懸垂するよりもリッジのクライムダウンとトラバースを選択したが、岩がもろいので怖い。コルに着いてほっとした。ここでコンテに切り替えてひたすら登る。
 縦走路からそのまま山頂を目指した。14時に山頂に着いた。天気がいいので縦走したかったが、時間が遅いのと南風が強く吹き始めたのであきらめる。
 アプローチで手間取らず、壁でのスピードを上げないと縦走につなげるのは難しい。もっと力をつけて来年こよう。
訪問者数:618人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 367
2016/2/22 20:35
 珍しく
弱気なタイトルですね。
連チャン完登おめでとうございます。
そしてキャンセルすみませんでした( ; ; )
1/6ほどラッセル手伝えたかも知れなかったのに

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ビレイ 吊尾根
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ