ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 817054 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

奥多摩百尋の滝ゆるふわハイキング

日程 2016年02月21日(日) [日帰り]
メンバー elekichidekogodishitetsu, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
ホリデー快速おくたま3号で奥多摩駅、9:35の日原行きバスで川乗橋下車
帰路も同様、17:35のバスにて
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間18分
休憩
2時間27分
合計
6時間45分
S川乗橋バス停10:0010:38細倉橋10:4612:13百尋ノ滝14:2016:01細倉橋16:1316:45川乗橋バス停16:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
細倉橋の手前で落石、30cmくらいの岩が降ってきた。細倉橋までは落石が多いらしく、路肩に寄せられた石の数やガードレールの凹みを見ると相当な頻度と思われる。怪しいところは壁から離れて歩くなど注意。
細倉橋から先は土の道になるが崩れた場所や橋の痕跡など崩壊がたびたび起きているのがわかるので、こちらも通行注意。
前日の雨と気温の高さでほとんど積雪はなし、部分的に残雪。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

感想/記録

氷瀑を見に行きたいというelekichiさんの一声で百尋の滝に行くことになった。今年は凍っていないのはもうわかっていたので、滝の前でちょっと豪華に肉焼いたり料理して食べて帰ろうと。前日の大雨で悪路を恐れていたが、舗装路と登山道どちらも水はけが良く、ぬかるんだ部分はほとんどなくて歩きやすかった。積雪もほとんどなくアイゼン不要。落ち葉に隠れた水たまりや徒渉箇所があるのでローカットの靴は非推奨で防水は必須。
道は歩きやすかったが、前日の雨で緩んだのか舗装路では落石があるし、登山道はところどころ崩れた跡があって危なっかしい。細倉橋の直前で後ろからバサバサというような音が聞こえて「鳥かな?」と崖を見上げると、上から岩が降ってきた。破片が足に当たったというメンバーもいたので、とにかく落ちてきそうなあたりを歩いてはいけないと感じた。といってもガードレールもベコベコになってたのでそんなところはどこ歩いても危ないのかもしれないが。歩きやすくて高低差もなく楽々なのにアドベンチャー感にあふれたハイキングだった。大雨の後に行くのはお勧めできないかも。
時々滝は見えて楽しい沢沿いの道だったが、百尋の滝は近づくことができ、水量に圧倒される。雨の後だからか水量が多くて迫力があった。日が傾いてきてからは滝のしぶきで虹がかかって見事だった。15時くらいがちょうどよい高さになるかも。
滝の近くは風もあり飛沫もかかるので寒く感じたが、概ね5-8度くらいはあり、あまり寒さを感じなかった。スキンメッシュにキャプMWにシンプルガイドでそこそこ風が抜けて寒さは感じない程度で快適。ペースがゆっくりだったので汗はほとんどかかなかった。調理用に水2Lと加工野菜、肉1kgとバーナー他を持って行ったのでいつもより5kg以上重かったので登り始めは少し疲れたが、慣れたら大したことはなく、帰りは軽すぎて楽々だった。
たまには頂上を目指さずのんびり歩くのも楽しい。
訪問者数:457人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン バーナー 氷瀑 落石
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ