ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 818866 全員に公開 ハイキング日光・那須・筑波

春間近の「宝篋山」へ

日程 2016年02月27日(土) [日帰り]
メンバー trkn
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
小田休憩所の駐車場利用。8時到着で7割くらいでした。その後も出発するまでに次々と車が到着してました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
1時間34分
合計
4時間51分
S小田休憩所08:2409:05沢の小道分岐09:25くずしろの滝09:3509:47尖浅間10:0210:33宝篋山11:2712:33富岡山頂12:3512:43要害展望台12:5613:14小田休憩所13:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
小田休憩所→常願寺コース→尖浅間山→宝篋山→小田城コース→小田休憩所
コース状況/
危険箇所等
沢沿いのコースは、登山道が湿っているので、滑らないように注意が必要です。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

標高24m、宝篋山小田休憩所から出発。
トイレもとてもきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高24m、宝篋山小田休憩所から出発。
トイレもとてもきれいです。
1
休憩所の敷地内に案内板がありました。今回は反時計回りに登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所の敷地内に案内板がありました。今回は反時計回りに登ります。
休憩所の駐車場。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所の駐車場。
駐車場入り口の案内板。こんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場入り口の案内板。こんな感じです。
田んぼの水は凍ってませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田んぼの水は凍ってませんでした。
ここで、常願寺コース(右)と極楽寺コース(左)に分岐します。今回は常願寺Cを選択しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで、常願寺コース(右)と極楽寺コース(左)に分岐します。今回は常願寺Cを選択しました。
シンプルでわかりやすい案内板
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シンプルでわかりやすい案内板
麓から宝篋山。いい天気だ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
麓から宝篋山。いい天気だ!
2
もう春ですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう春ですね
それでも日陰にはまだ霜が残ってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでも日陰にはまだ霜が残ってました。
「新池」の岸沿いを進み・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「新池」の岸沿いを進み・・・
ここで右(鉄板の方向)に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで右(鉄板の方向)に進みます。
田んぼの畦道歩きが終わると、しばらく未舗装の道路になります。この辺から少しずつ登りが始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田んぼの畦道歩きが終わると、しばらく未舗装の道路になります。この辺から少しずつ登りが始まります。
案内板はとても充実しているので、迷うことはないかと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板はとても充実しているので、迷うことはないかと。
春の日差しを浴びながら、気分は上々!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の日差しを浴びながら、気分は上々!
梅が満開でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅が満開でした。
暫し見とれる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫し見とれる
1
林道歩きだけでは退屈なので、「沢の小道」方面へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道歩きだけでは退屈なので、「沢の小道」方面へ
常願寺Cに合流するまでに何回か沢を渡ります。地面や石が湿っているので、滑らないように注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常願寺Cに合流するまでに何回か沢を渡ります。地面や石が湿っているので、滑らないように注意が必要です。
ここら辺は陽が差しません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺は陽が差しません。
途中、「展望岩」という案内板があったので、行ってみたらこんな感じ・・・。
展望というよりは、上から登山道を見下ろす程度でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、「展望岩」という案内板があったので、行ってみたらこんな感じ・・・。
展望というよりは、上から登山道を見下ろす程度でした。
展望岩は5m位の高さですが、岩の端が草で覆われているので、端っこまで行くと危険かと。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望岩は5m位の高さですが、岩の端が草で覆われているので、端っこまで行くと危険かと。
柄杓があるから、飲めるのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
柄杓があるから、飲めるのかな?
ここで再び常願寺Cに合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで再び常願寺Cに合流します。
よく道が枝分かれしますが、案内板に従えば迷うことはないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よく道が枝分かれしますが、案内板に従えば迷うことはないです。
合流後から登りがきつくなり始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流後から登りがきつくなり始めます。
ベンチがあったので、ここで休憩。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチがあったので、ここで休憩。
名前の通り、尖浅間山まで登りが続きます。でも「長」二つ程ではないかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の通り、尖浅間山まで登りが続きます。でも「長」二つ程ではないかな。
尖浅間山山頂直下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尖浅間山山頂直下。
1
ベンチ多数あり。回りは樹林に囲まれているので、風も無く、休憩にはもってこいな場所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチ多数あり。回りは樹林に囲まれているので、風も無く、休憩にはもってこいな場所。
1
展望はこの程度。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はこの程度。
木々の合間から宝篋山頂が望めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の合間から宝篋山頂が望めます。
横浜スタジアムの照明で使えそうな木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横浜スタジアムの照明で使えそうな木
1
尖浅間山を下り、宝篋山まではなだらかな登りが続きます。道幅もあり、歩き安いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尖浅間山を下り、宝篋山まではなだらかな登りが続きます。道幅もあり、歩き安いです。
山桜の森へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜の森へ。
山桜の森の下草を刈ってました。桜の季節はきれいでしょうね。
ん?車でここまで来れるの?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜の森の下草を刈ってました。桜の季節はきれいでしょうね。
ん?車でここまで来れるの?
宝篋山山頂下にトイレがあります。バイオトイレで、明るくとてもきれいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝篋山山頂下にトイレがあります。バイオトイレで、明るくとてもきれいです。
舗装された車道と合流します。ってことは、ここまでも車で来れるのか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装された車道と合流します。ってことは、ここまでも車で来れるのか。
宝篋印塔と電波塔。同じ塔でも、電波塔がでかすぎ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝篋印塔と電波塔。同じ塔でも、電波塔がでかすぎ。
電波塔の脇から最後の登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
電波塔の脇から最後の登り。
1
山名の由来の宝篋印塔。これか無かったら電波山?!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山名の由来の宝篋印塔。これか無かったら電波山?!
山頂にはなんとリクライニングチェアーまで!二年前は無かったよなぁ。これ以外にもベンチやテーブルがたくさんありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にはなんとリクライニングチェアーまで!二年前は無かったよなぁ。これ以外にもベンチやテーブルがたくさんありました。
筑波山には桜の季節に登りに行こう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筑波山には桜の季節に登りに行こう。
女体山山頂をMax zoomで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
女体山山頂をMax zoomで。
1
霞がかかっていて、遠くの雪山は見えませんでした。これも春が来ている証ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞がかかっていて、遠くの雪山は見えませんでした。これも春が来ている証ですね。
標高は500mもありませんが、山頂からの眺めはとてもいいです。山頂は開けており、この日もお昼には少し早い時間でしたが、賑わってました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高は500mもありませんが、山頂からの眺めはとてもいいです。山頂は開けており、この日もお昼には少し早い時間でしたが、賑わってました。
1
山頂から下り、山口Cとの分岐地点へ。駐車場目指して小田城C(左)に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から下り、山口Cとの分岐地点へ。駐車場目指して小田城C(左)に進みます。
「展望」という言葉に弱いらしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「展望」という言葉に弱いらしい。
ここもベンチがあり、眺めも良かったです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここもベンチがあり、眺めも良かったです。
山頂に続いて立派な看板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に続いて立派な看板。
ジグザクに下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザクに下ります。
左の登山道から下ってきました。コース入口方面に向かいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の登山道から下ってきました。コース入口方面に向かいます。
以前は「小田山」と呼ばれていたようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以前は「小田山」と呼ばれていたようです。
尾根らしき道も。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根らしき道も。
旧町名の名残
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旧町名の名残
ここで右の道を進み、富岡山へ。なぜなら展望台があるらしいから。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで右の道を進み、富岡山へ。なぜなら展望台があるらしいから。
1
小田方面の展望が開けてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小田方面の展望が開けてました。
整備中の小田城。日本史の教科書に載ってたな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備中の小田城。日本史の教科書に載ってたな。
要害展望所。ここは断崖絶壁の上なので、結構怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要害展望所。ここは断崖絶壁の上なので、結構怖い。
展望はどんな感じかな・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はどんな感じかな・・・
国道方面に展望はありますが、住宅しか見えない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道方面に展望はありますが、住宅しか見えない
断崖の向こう側。登山道は断崖に沿っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
断崖の向こう側。登山道は断崖に沿っています。
やぐらもあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やぐらもあります。
やぐらの上からはこんな感じです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やぐらの上からはこんな感じです。
人為的なものだと思いますが、半円状に断崖絶壁となってています。ここも宝篋山の好きな景色の一つです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人為的なものだと思いますが、半円状に断崖絶壁となってています。ここも宝篋山の好きな景色の一つです。
右側はは断崖絶壁です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側はは断崖絶壁です。
1
広すぎて撮りきれない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広すぎて撮りきれない。
最後に急な斜面があります。さらに地面が柔らかいので、滑らないように注意が必要です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後に急な斜面があります。さらに地面が柔らかいので、滑らないように注意が必要です。
お地蔵様が並んでました。暗く撮ったら、ちと怖い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お地蔵様が並んでました。暗く撮ったら、ちと怖い。
休憩所に戻ってきました。低山でも山登りの楽しみが十分味わえました!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩所に戻ってきました。低山でも山登りの楽しみが十分味わえました!!
1

感想/記録
by trkn

雪山が三回続いていたので、久々に里山・低山に行こうと思い、しばらくご無沙汰していた宝篋山へ。
二年前に比べて、登山道や山頂がさらに整備されていました。

宝篋山は低いながらもたくさんのコースがあり、組み合わせによって様々なルートが選べます。また山頂からの眺めも良く、砕石場跡など、見どころも満載でした。

訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 地蔵 時計回り 反時計回り
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ