ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819692 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走丹沢

蛭ヶ岳、春はもうそこまで…

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー shingen
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
0分
合計
3時間33分
S釜立沢登山口駐車スペース08:0608:19黍殻山 釜立沢登山口09:52八丁坂ノ頭10:16姫次10:31原小屋平10:40地蔵平道標11:39蛭ヶ岳G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
復路は、蛭ヶ岳12:18→姫次13:33→駐車場15:17
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

登山口から少し歩くと雪が出てきました。でも、少ない。
2016年02月28日 08:42撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から少し歩くと雪が出てきました。でも、少ない。
前回を彷彿させるズボズボ雪かっ〜!?
2016年02月28日 08:50撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回を彷彿させるズボズボ雪かっ〜!?
いやいや、深いところでもせいぜい20cm程度の雪で済んだ。ただ、上りは良いが、下りは大変だった。
2016年02月28日 09:38撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやいや、深いところでもせいぜい20cm程度の雪で済んだ。ただ、上りは良いが、下りは大変だった。
主脈線の合流点(八丁の頭)が近付くと、目的地・蛭ヶ岳が見えてきた。
2016年02月28日 09:49撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈線の合流点(八丁の頭)が近付くと、目的地・蛭ヶ岳が見えてきた。
八丁の頭は雪がまったく無い!
2016年02月28日 09:52撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八丁の頭は雪がまったく無い!
丹沢三ッ峰から蛭ヶ岳の稜線がなだらかに続く。だけど、登ってみるとエライ大変な山なのだ。
2016年02月28日 09:55撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢三ッ峰から蛭ヶ岳の稜線がなだらかに続く。だけど、登ってみるとエライ大変な山なのだ。
高度を上げても、主脈線上は日当たりが良く、ほとんど雪がないのだ。
2016年02月28日 09:56撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げても、主脈線上は日当たりが良く、ほとんど雪がないのだ。
前回の雪との格闘は何だったのか?姫次へは難なく到着。今日は温かくガスっているが、富士が見えると気分が良くなる。
2016年02月28日 10:15撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回の雪との格闘は何だったのか?姫次へは難なく到着。今日は温かくガスっているが、富士が見えると気分が良くなる。
姫次を過ぎると道は下りに入り、遠くの山(檜洞丸)の高さが一層引き立つ。
2016年02月28日 10:21撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次を過ぎると道は下りに入り、遠くの山(檜洞丸)の高さが一層引き立つ。
途中開けた場所で富士を眺める。ここを逃すと蛭ヶ岳山頂まで望むことはできない。しかい、本日蛭ヶ岳からの富士は拝めなかった。
2016年02月28日 10:22撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中開けた場所で富士を眺める。ここを逃すと蛭ヶ岳山頂まで望むことはできない。しかい、本日蛭ヶ岳からの富士は拝めなかった。
4
大きく開けた原小屋平(山荘跡)。遠くに人影が見えるが、結局この人に追いつくことはできなかった。
2016年02月28日 10:31撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きく開けた原小屋平(山荘跡)。遠くに人影が見えるが、結局この人に追いつくことはできなかった。
風でできる雪の模様ってキレイですね。
2016年02月28日 10:38撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風でできる雪の模様ってキレイですね。
地蔵平を過ぎると恒例の階段の連続だ。
2016年02月28日 10:53撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地蔵平を過ぎると恒例の階段の連続だ。
檜洞丸から大室山の稜線。檜洞丸にはよく雪雲がかかって山頂部が白くなるが、大室山には雪はなさそう。
2016年02月28日 11:19撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜洞丸から大室山の稜線。檜洞丸にはよく雪雲がかかって山頂部が白くなるが、大室山には雪はなさそう。
2
蛭ヶ岳山頂に到着。富士も見えず、仕方なく檜洞丸を…。それにしても山頂に雪がほとんどなく、冬の山とは思えない。
2016年02月28日 11:49撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂に到着。富士も見えず、仕方なく檜洞丸を…。それにしても山頂に雪がほとんどなく、冬の山とは思えない。
2
帰り道、木道の雪もほぼ解けた。9割方の人はアイゼンやチェーンを装着していたが、ハッキリ言って不要です。
2016年02月28日 13:49撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道、木道の雪もほぼ解けた。9割方の人はアイゼンやチェーンを装着していたが、ハッキリ言って不要です。
そうそう、2週間前に30cmほど雪が積もった木道と木道の間にズボッと足がはまり、左足のスネを強打し、昨日まで湿布のお世話になっていた。
2016年02月28日 13:51撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そうそう、2週間前に30cmほど雪が積もった木道と木道の間にズボッと足がはまり、左足のスネを強打し、昨日まで湿布のお世話になっていた。
次回行くぜ!丹沢三ッ峰。意外ときついから、皆さんもアタックしてみてください。ホントにマイナーな山です。
2016年02月28日 13:54撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回行くぜ!丹沢三ッ峰。意外ときついから、皆さんもアタックしてみてください。ホントにマイナーな山です。
2
結局、登山口から八丁の頭までがズボ雪だった。2週間前はズボズボ雪。
2016年02月28日 14:03撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局、登山口から八丁の頭までがズボ雪だった。2週間前はズボズボ雪。
登山口に出ると道標の下に、切り株が置かれている。腰かけ?荷物置き?この周辺の林道関係者の方は、登山者のための整備をよくやってくれている、感謝。
2016年02月28日 15:02撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に出ると道標の下に、切り株が置かれている。腰かけ?荷物置き?この周辺の林道関係者の方は、登山者のための整備をよくやってくれている、感謝。
1
撮影機材:

感想/記録

前回はズボズボ雪との格闘の上に、左足のスネ(弁慶の泣き所)を強打し2週間の湿布生活。未だに痛みは取れないが、雪があるうちに丹沢の冬山を楽しみたい中毒症状は押さえきれず、今回も懲りずに蛭ヶ岳を目指そう。
いつもの登山口より山の中へ入ると明らかに雪の量が減った。途中から雪道に変わったが大したことはなく、深いところでもせいぜい20cm程度。結局、雪が多かったのは登山口から八丁の頭だけで、主脈線上は日当たりも良いので雪はほとんどない。2週間前の雪との格闘はなんだったのか?
雪解けと温かさと鳥のさえずりで、山の春もすぐそこまで来ていると感じた。

最近は蛭が岳に向かう途中で、年配の蛭ヶ岳登山常連さんによく出会う。話も弾んで、この後も連絡を取り合いたいと思うのだが、LINEはもちろん、メールさえやっていなさそうなので、次回運よく出会ったら何かアクションしてみたいと思う。と言いながら私もLINEはやっていないし、今後もやる気は無いし…。このヤマレコも見ていないだろうなぁ。。。
訪問者数:480人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

アイゼン ガス 林道 地蔵 道標 木道
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ