ヤマレコ

HOME > 山のデータ > 山の地名 > 蛭ヶ岳

蛭ヶ岳(ひるがたけ)

最終更新者 Raccoon-dog
基本情報
標高 1672.7m
場所 北緯35度29分10秒, 東経139度08分20秒
丹沢山地の最高峰。
山頂
分岐
山小屋 蛭ヶ岳山荘
展望ポイント 360度

蛭ヶ岳の日の出・日の入り時刻

05/26(金) 05/27(土) 05/28(日) 05/29(月) 05/30(火) 05/31(水) 06/01(木)
日の出 4時24分 4時24分 4時23分 4時23分 4時23分 4時22分 4時22分
日の入り 18時58分 18時59分 18時59分 19時0分 19時1分 19時1分 19時2分

蛭ヶ岳 (標高1672.7m)付近の気温

5月の気温(推定値)
最高気温
13.1
平均気温
8
最低気温
2.9
Loading...

周辺の平年の気象状況

5月の気象
日照時間 5.4 時間/日
降水量 4.7 mm/日
最深積雪 データなし
気象データの範囲(1km四方)
Loading...
Loading...
Loading...
※本ページ記載の気象データは、国土交通省が公開している国土数値情報をもとに推定を行ったものであり、現在の気象情報を示すものではありません。登山の際は必ず山の天気予報 ヤマテンなどの山の気象予報をご確認の上お出かけください。

山の解説 - [出典:Wikipedia]

蛭ヶ岳(ひるがたけ)は丹沢山地中央部にある標高1,673 mの山。丹沢山地の最高峰であり神奈川県の最高峰でもある。神奈川県相模原市緑区と足柄上郡山北町の境界線上に位置し、丹沢大山国定公園に属す。別名、薬師岳や毘盧ヶ岳とも呼ばれる。
丹沢山地一の標高を誇るだけあって遮るものがなく、天気が良ければ頂上から富士山や南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々を一望することができる。
1923年に発生した関東大震災後には山体一帯で表層崩壊が発生。蛭ヶ岳から檜洞丸にかけ植生が失われた白々とした姿は、丹沢山系一帯に及んだ被害を後世に伝える写真として残されている。
丹沢山地では奥深くにある山であり、昭文社『山と高原地図』のコースタイムでは最も一般的な大倉からのルートでも6時間30分を要するとされている。そのため、どの登山口からも短時間で登れる山ではない。日帰り登山が可能なコースとして、国道413号の青根から東海自然歩道サブルート、または平丸(平丸バス停から蛭ヶ岳への標準タイム5時間00分は一般登山道では最速)から主脈に取付き、姫次、地蔵平、蛭ヶ岳と往復するコースや、塩水橋から天王寺尾根に取付き、丹沢山を経由して蛭ヶ岳へ登るコースなどがあるが、いずれも健脚者向きである。
南東に不動ノ峰 (1,614 m)、丹沢山 (1,567 m)、南西には臼ヶ岳 (1,460 m)、檜洞丸 (1,601 m) などの山が位置する。1980年代から、酸性雨の影響などで山頂付近のブナの立ち枯れが目立つようになった。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「蛭ヶ岳」 に関連する記録(最新10件)

丹沢
  91    27 
2017年05月24日(日帰り)
丹沢
  49    17 
2017年05月24日(日帰り)
丹沢
  52     140  13 
2017年05月23日(日帰り)
丹沢
  121     19  2 
2017年05月22日(日帰り)
丹沢
  14    15 
2017年05月21日(日帰り)
丹沢
  67    13 
2017年05月21日(日帰り)
ページの先頭へ