ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 819928 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

成竹山【東面から 気になっていた沢沿いを下る】

日程 2016年02月28日(日) [日帰り]
メンバー yamatabi
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
成竹林道途中の大原山神社の近くに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間16分
休憩
43分
合計
2時間59分
Sスタート地点11:3012:28成竹山13:1114:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

写真

神社の先の道の終点にとめました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社の先の道の終点にとめました
夜間もお参りするのかライトや柵が設置されている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜間もお参りするのかライトや柵が設置されている
1
その先にあったのは意外とこじんまりとしたお社
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先にあったのは意外とこじんまりとしたお社
お社の先にもとらロープを張った道が続いている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お社の先にもとらロープを張った道が続いている
突然きれいな道が消え腐りかけた桟道が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然きれいな道が消え腐りかけた桟道が
とてもじゃないが上を歩く気がしない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とてもじゃないが上を歩く気がしない
1
尾根に出るときれいな道になった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に出るときれいな道になった
と思いきやふさぐような倒木
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と思いきやふさぐような倒木
右の尾根にも道があるように見えたがすぐに藪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の尾根にも道があるように見えたがすぐに藪
広い道に出ました
これが地形図の破線か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い道に出ました
これが地形図の破線か
石がごろごろしていて車は走れないが幅員は十分
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石がごろごろしていて車は走れないが幅員は十分
1
まだまだ続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ続く
倒木でふさがれているところも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木でふさがれているところも
赤テープ出現
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤テープ出現
道の終点
行く手に岩が立ちはだかっている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の終点
行く手に岩が立ちはだかっている
岩の尾根に出た
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の尾根に出た
岩を巻くと頂上は近い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を巻くと頂上は近い
寺倉林道終点からの道に合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寺倉林道終点からの道に合流
木に板がテープで留めてあるところ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木に板がテープで留めてあるところ
50mほどで頂上
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
50mほどで頂上
2
昼食をとるため展望台へ行きます。右展望台、左寺倉林道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼食をとるため展望台へ行きます。右展望台、左寺倉林道
テーブルとベンチでゆったり昼食
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テーブルとベンチでゆったり昼食
2
小屋やネコ車もあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋やネコ車もあります
水道もあります
水も出ます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水道もあります
水も出ます
油山と片縄山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
油山と片縄山
先週歩いた矢岳への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週歩いた矢岳への稜線
那珂川町(5万人超えおめでとう)中心部と福岡市
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
那珂川町(5万人超えおめでとう)中心部と福岡市
4
成竹山頂上に戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成竹山頂上に戻ってきました
隆岳(右)への分岐
今日は左の沢沿いに下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隆岳(右)への分岐
今日は左の沢沿いに下ります
この標識付近から左へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識付近から左へ
気持ちのいい沢沿いの道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちのいい沢沿いの道
1
川を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡ります
また川を渡ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また川を渡ります
橋の跡
その先の沢は一ノ岳方面からのもの
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋の跡
その先の沢は一ノ岳方面からのもの
沢が急になり滝が増えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が急になり滝が増えてきました
1
石で道がふさがれているところも。
上を巻けました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石で道がふさがれているところも。
上を巻けました
道は石積みでしっかりしています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は石積みでしっかりしています
このあたり滝の連続
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたり滝の連続
倒木でふさがれている
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木でふさがれている
ルンゼ状のところを横断
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルンゼ状のところを横断
上はこんな感じ。
雨が降ったらちょっとヤバそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上はこんな感じ。
雨が降ったらちょっとヤバそう
成竹林道に下りてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成竹林道に下りてきました
くしゃみが出そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
くしゃみが出そう
2
8mはある大きな枝が折れてふさいでます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8mはある大きな枝が折れてふさいでます
地形図の破線の起点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図の破線の起点
成竹林道は昭和15年度開設?歴史あるー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
成竹林道は昭和15年度開設?歴史あるー
取りついた参道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取りついた参道

感想/記録

ヤマレコでの成竹山の記録は、これまで寺倉林道終点からか、一ノ岳からの縦走しかありませんでした。しかし、地形図を見ると東側の成竹林道から破線が山頂近くまで伸びているし、以前少し足を踏み入れた気持ちいい沢沿いの道も成竹林道へ続いているのではないかと思い、確認しに出かけました。
舗装道路の終点に神社があり、そこから尾根へ参道が延びていたのでそこを登って行くと、途中までは柵やロープで整備されていたものの、その先は朽ちかけた桟道や倒木が多くなり、ほとんど廃道状態でした。しばらくいくと、2.5m〜3.0m幅の道に合流、どうやらそれが地形図の破線でした。上部で治山工事でもした作業道なのかと思いましたが、それらしきものはなく、純粋に林業用の道のようです。
道は上部は2m幅になりましたが、地形図どおり頂上直下まで続いていました。
道の終点にある尾根をひと登りすると、そこは頂上から50mほど北の稜線上でした。
昼食をとるため、展望台へ下りテーブルをお借りして景色を楽しみながらゆっくりランチ。
それにしてもこの展望台は、だれが何のために作ったのでしょう。小屋や水道、テーブル、ベンチ、芝生に排水施設まで完備してます。資材を運び上げるだけで、さぞ大変だったでしょう。
昼食後山頂に戻り、今度は南へ下り、気になっていた沢沿いの道を下ることにしました。はじめは流れも緩く、広葉樹の木漏れ日が気持ちいい明るい道を下ります。
そのうちに沢は急流になり、滝を作って行きますが、道は石積みのしっかりした作りで緩やかに下って行きます。
林道に出る少し前に、1か所だけ岩むき出しのルンゼを横断します。ロープが張ってありますが、雨の日は避けたほうがよさそうです。落石があるとよけようがありません。
成竹林道を下るとき、スギの倒木が道をふさいでいて、乗り越えているとき、思いっきり花粉を飛ばしてしまいました。今年初めて花粉症デビューをして、薬をのみのみ山にでかけているので、そこは息をとめて走って逃げました。
訪問者数:268人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ