ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 822232 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

ダイラの頭〜ダイラ

日程 2016年03月04日(金) [日帰り]
メンバー midori28, その他メンバー3人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
前夜、「簡易パーキングふじわら」に宿泊させていただきました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

時山集落西、ゲートの手前5:30ー五僧峠6:20〜25ー700m峰7:35ー676m峰8:50ーダイラの頭10:10ー分岐10:25ー三国岳815m峰11:00ー分岐11:35ーダイラ13:00ー登山道13:40ー597m峰14:30ー時山集落15:00
コース状況/
危険箇所等
ザレ場や急登あり、道も不鮮明。
その他周辺情報阿下喜温泉 500円
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

前日夕方名古屋を発ち、簡易パーキングふじわらの宿泊所にて夕食を採る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日夕方名古屋を発ち、簡易パーキングふじわらの宿泊所にて夕食を採る。
2
奥に3畳弱の畳があり、3人がそこで寝た。残る一人は持参のテントに。床が冷たかったそうだ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に3畳弱の畳があり、3人がそこで寝た。残る一人は持参のテントに。床が冷たかったそうだ。
3
早朝簡易パーキングを出発し、時山集落先薮沢出合にあるゲートの手前に駐車し、真っ暗な中出発した。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝簡易パーキングを出発し、時山集落先薮沢出合にあるゲートの手前に駐車し、真っ暗な中出発した。
1
五僧峠から入山する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五僧峠から入山する。
急登をあえぎあえぎ登る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登をあえぎあえぎ登る。
「測点 地理寮」と書かれた古い石碑があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「測点 地理寮」と書かれた古い石碑があった。
5
尾根に上がるとテープがつけられていて、道もはっきりしている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に上がるとテープがつけられていて、道もはっきりしている。
シャクナゲの藪漕ぎをして、700mピークに到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの藪漕ぎをして、700mピークに到着。
雪の上にはクマの足跡が…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の上にはクマの足跡が…。
2
白い霊仙。雪がすっかり解けていると聞いていたが、最近降ったのだろうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白い霊仙。雪がすっかり解けていると聞いていたが、最近降ったのだろうか?
4
ダイラの頭に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイラの頭に到着。
3
予定より1時間早く着いたので、三国岳を目指すことにする。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定より1時間早く着いたので、三国岳を目指すことにする。
写真の山は三国岳894m峰。私たちが目指したのは三角点がある815m峰。取り付きが分かり難かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真の山は三国岳894m峰。私たちが目指したのは三角点がある815m峰。取り付きが分かり難かった。
2
三国岳三角点にタッチ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国岳三角点にタッチ!
2
三角点がある815m峰は展望があまり良くない。このルートはシャクナゲに似たユズリハが多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点がある815m峰は展望があまり良くない。このルートはシャクナゲに似たユズリハが多い。
2
ダイラへの分岐に戻る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイラへの分岐に戻る。
沢沿いに下っていく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに下っていく。
ピンクテープに誘われ、阿蘇谷に入り込んでしまい、少し戻ってダイラを目指す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピンクテープに誘われ、阿蘇谷に入り込んでしまい、少し戻ってダイラを目指す。
ダイラに到着。ここでゆっくり昼食を採り、稜線めがけて斜面をよじ登り…。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイラに到着。ここでゆっくり昼食を採り、稜線めがけて斜面をよじ登り…。
3
登山道670m付近に出た。ピンクテープに気が緩み、650m分岐で左の尾根に入ってしまい、トラバースして修正する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道670m付近に出た。ピンクテープに気が緩み、650m分岐で左の尾根に入ってしまい、トラバースして修正する。
1
597mピークにあるひょうたん池。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
597mピークにあるひょうたん池。
3
最後は急な斜面を転げるように下って…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後は急な斜面を転げるように下って…
1
時山集落に下山。元気な女性が走って車を回収してくれた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時山集落に下山。元気な女性が走って車を回収してくれた。

感想/記録

五僧峠から鈴鹿の県境(滋賀県と岐阜県)尾根を歩き、ダイラ経由で時山に下山した。
鈴鹿を熟知された方が一緒だったので、2度ほどルートを外したが、その都度早めに気づき修正できたので、時間に余裕を持って歩くことができた。ダイラへの道は分かり難く、ここに載せた地図は正確なものではありません。
ルート上には結構雪が残っていて、雪の中にクマの足跡がずっと付いていたので、時々笛を吹きながら進んだ。
ダイラは気持ちの良い所で、ここでテントを張ってみたいが、そこかしこにクマの痕跡があったので、やめた方が良いかもしれない。
訪問者数:350人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ