ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825561 全員に公開 ハイキング丹沢

【西丹沢】檜洞丸ピストン。天候不良で VR は諦める

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー miggy510
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路:新松田駅 7:20発
* 本日より冬期ダイヤから変更で、出発時刻が 5 分早くなりました
復路:西丹沢自然教室 14:40発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間25分
休憩
20分
合計
4時間45分
S神奈川県立西丹沢自然教室08:3008:35ツツジ新道入口09:06ゴーラ沢出合09:32展望台10:27檜洞丸10:4711:36展望台12:01ゴーラ沢出合12:22P85513:10ツツジ新道入口13:15神奈川県立西丹沢自然教室G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
* 読図訓練等含んだタイムです
コース状況/
危険箇所等
* 展望園地から雪が徐々につき始め、山頂で 10cm 程度
* 踏み固められた雪や、落ち葉によるスリップ注意
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 行動着(インナー2枚/タイツ/ズボン/グローブ) 防寒着(フリース/ULダウン/雨具 バラクラバ) ザック30L 登山靴 アイゼン 昼飯 行動食 飲料水(2.0L) 地図 保険証 携帯 腕時計 サングラス デジカメ 非常装備

写真

つつじ新道入口
2016年03月12日 08:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじ新道入口
P855〜P1025〜稜線〜檜洞丸の予定でしたが、ガスで周辺の山が見えないので、ツツジ新道ピストンに変更
2016年03月12日 08:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P855〜P1025〜稜線〜檜洞丸の予定でしたが、ガスで周辺の山が見えないので、ツツジ新道ピストンに変更
ミツマタが咲き始め?
2016年03月12日 08:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタが咲き始め?
4
ゴーラ沢出合いも灰色の風景。水量は多めでしたが、問題なく飛び石できました。(歩幅には個人差があり云々。。。)
2016年03月12日 09:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合いも灰色の風景。水量は多めでしたが、問題なく飛び石できました。(歩幅には個人差があり云々。。。)
3
階段がすべるすべる。一段ずつ慎重にあがります
2016年03月12日 09:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段がすべるすべる。一段ずつ慎重にあがります
展望はふもとに着いた時点でお察しですので^^;
2016年03月12日 10:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望はふもとに着いた時点でお察しですので^^;
3
アイゼン納めに履いただけ。邪魔だったし乾かすのが面倒だ、なんてちょっとしか思ってない
2016年03月12日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン納めに履いただけ。邪魔だったし乾かすのが面倒だ、なんてちょっとしか思ってない
2
測定機器もさぶざぶ
2016年03月12日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
測定機器もさぶざぶ
1
寄り道やスパッツアイゼン装着したのでだいぶ時間がかかりましたが、特筆すべきこともなく山頂
2016年03月12日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄り道やスパッツアイゼン装着したのでだいぶ時間がかかりましたが、特筆すべきこともなく山頂
1
なかなか素敵。軽食を済ませて下山です
2016年03月12日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なかなか素敵。軽食を済ませて下山です
6
登りにはなかった。つまり犯行時刻は頂上にいた 20 分の間。このゲソ痕。犯人は鹿だ! 。。。14:40にしかバスが出ないので、独りで余興をはさみつつゆったり下山ムード
2016年03月12日 10:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りにはなかった。つまり犯行時刻は頂上にいた 20 分の間。このゲソ痕。犯人は鹿だ! 。。。14:40にしかバスが出ないので、独りで余興をはさみつつゆったり下山ムード
がっすがす
2016年03月12日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
がっすがす
展望園地にミ○キー?の雪だるまが出来てました。こういう遊び心はほっこりします
2016年03月12日 11:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望園地にミ○キー?の雪だるまが出来てました。こういう遊び心はほっこりします
2
富士が現れるのが先か、溶けるのが先か
2016年03月12日 11:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士が現れるのが先か、溶けるのが先か
3
ゴーラ沢出合いまで下る
2016年03月12日 12:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーラ沢出合いまで下る
ちょっと周囲の地形と地形図の照合をして、読図訓練
2016年03月12日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと周囲の地形と地形図の照合をして、読図訓練
尾根突端から P855 に上がりました
2016年03月12日 12:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根突端から P855 に上がりました
1
予定通りバリルを行ったなら、いったんカーブミラーに降りて、向かいの尾根に取り付き、 P1025 を目指すという感じ。この後ツツジ新道に戻りますが、一度間違った尾根に入りました
2016年03月12日 12:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定通りバリルを行ったなら、いったんカーブミラーに降りて、向かいの尾根に取り付き、 P1025 を目指すという感じ。この後ツツジ新道に戻りますが、一度間違った尾根に入りました
ツツジ新道入口まで下る
2016年03月12日 13:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジ新道入口まで下る
西丹沢自然教室前のミツマタ
2016年03月12日 14:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢自然教室前のミツマタ
5
ミツマタ。顕微鏡モードではカメラ固定器具がないとすぐぶれる
2016年03月12日 14:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタ。顕微鏡モードではカメラ固定器具がないとすぐぶれる
2

感想/記録

先週に続き、また西丹沢です。
VR をあれこれ思案したのに、周囲はガスガス。
視界がない程ではないにせよ、周囲の山が全く見えない状況では、現在地とルートの把握に支障が出ると考え、ツツジ新道ピストンにしました。

なおちょびっとだけ読図練習に P855 に立寄ったところ、下りの尾根分岐を事前に地形図から読み取れておらず、別尾根に迷い込みました (途中でおかしいと気付き復帰)。下り時の尾根分岐読みが課題です。尾根分岐を正確に把握できるよう、今後も実地訓練を重ねたいと思います。


訪問者数:313人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ