ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 825600 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

一尾背神社〜久留野峠〜千早峠周回

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー ta_chanm
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間8分
休憩
54分
合計
5時間2分
S一尾背神社付近08:2010:15久留野峠10:2311:14高谷山11:37千早峠12:2313:22一尾背神社付近G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
前回同様の時間が掛かりました
っていうか最近歩きが遅いように感じていたがそうでもなかったです
同時間ということは自身のペース通りでよかった〜
コース状況/
危険箇所等
ダイトレ歩きです
金剛山のこちら西側は人が少ないので好きです
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

かなり冷えると思いR371→京奈和自動車道→五條→一尾背神社という遠回りで向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり冷えると思いR371→京奈和自動車道→五條→一尾背神社という遠回りで向かいます
3
この山の向こう側へ行くのかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この山の向こう側へ行くのかな?
1
五條市北山町の一尾背神社近くから歩き出します
今日は左回りです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五條市北山町の一尾背神社近くから歩き出します
今日は左回りです
1
位置的にこの向こう側から上がります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位置的にこの向こう側から上がります
1
しばらくは集落内を進みます
誰とも遭いませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは集落内を進みます
誰とも遭いませんでした
久留野林道入口から見る大峯奥駈道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久留野林道入口から見る大峯奥駈道
2
東南方向のパノラマ画追加します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東南方向のパノラマ画追加します
1
では入って行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では入って行きます
左へ上がります
山と高原地図もやっと現位置にルートが修正されました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ上がります
山と高原地図もやっと現位置にルートが修正されました
2
こちら側からの登りは2度目かな
いつも食事する場所です
いつもの逆行程なので9時半過ぎです
昼食には早過ぎますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちら側からの登りは2度目かな
いつも食事する場所です
いつもの逆行程なので9時半過ぎです
昼食には早過ぎますね
2
八経ヶ岳でしょうか
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八経ヶ岳でしょうか
6
樹木アーチがあります
前回までは無かった
なんか嬉しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹木アーチがあります
前回までは無かった
なんか嬉しい!
2
どうにか久留野峠まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どうにか久留野峠まで来ました
1
天気は十分
白い雲が在るほうが素敵な画になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は十分
白い雲が在るほうが素敵な画になります
2
珍しくザック降ろして休憩してます
ここで初めて登山者と遭遇しました
何故に撮影したかというと私の半分くらいと思われるザックが羨ましいと感じたからです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しくザック降ろして休憩してます
ここで初めて登山者と遭遇しました
何故に撮影したかというと私の半分くらいと思われるザックが羨ましいと感じたからです
3
では中葛城山へ上がります
この登りは距離がないので苦痛ではありません
一応ノンストップで上がり切りました\(^o^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では中葛城山へ上がります
この登りは距離がないので苦痛ではありません
一応ノンストップで上がり切りました\(^o^)/
稜線に着きました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に着きました
1
珍しく三脚にてセルフ撮影しました
何がオモロイって、左しか手袋してないし・・・
顔が普段と違って見えるけど
もうすこしハンサムだと思っていたんだが
微妙な表情か? 俺こんな顔??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しく三脚にてセルフ撮影しました
何がオモロイって、左しか手袋してないし・・・
顔が普段と違って見えるけど
もうすこしハンサムだと思っていたんだが
微妙な表情か? 俺こんな顔??
9
やはり紀伊半島最高峰は素晴らしいですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり紀伊半島最高峰は素晴らしいですね
7
同じような風景ばかりですが、南面で暖かくてしばらくここに居たいですね
座れば見えないので辛いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じような風景ばかりですが、南面で暖かくてしばらくここに居たいですね
座れば見えないので辛いです
2
吉野川が畝っています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野川が畝っています
3
そして青天井+白い雲
こういうのを見ると「来てよかった」と感じる瞬間
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして青天井+白い雲
こういうのを見ると「来てよかった」と感じる瞬間
2
ではダイトレ進みます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではダイトレ進みます
西北方です
PL塔〜堺市街〜神戸市街方面ですかね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西北方です
PL塔〜堺市街〜神戸市街方面ですかね
2
対岸は麻耶山辺りかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
対岸は麻耶山辺りかな?
1
葛木岳・湧出岳ですか
そちらへは行かないので判りません
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛木岳・湧出岳ですか
そちらへは行かないので判りません
右の林道から景色が良く見えるか行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の林道から景色が良く見えるか行きます
霜柱多数ですが
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霜柱多数ですが
2
この斜面全体が霜柱なんですよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この斜面全体が霜柱なんですよ〜
2
景色が見えることもなくダイトレへ戻ります
通り過ぎた高谷山を振り返ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景色が見えることもなくダイトレへ戻ります
通り過ぎた高谷山を振り返ります
とにかく雪(霧氷)も無いし、枯れ枝木だけだがバックが良いので絵になりますね!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく雪(霧氷)も無いし、枯れ枝木だけだがバックが良いので絵になりますね!
2
最高峰はまだ見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰はまだ見えています
3
下って下って千早峠到着!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って下って千早峠到着!
2
下りてきた方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきた方向
左(東南)へ下ります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左(東南)へ下ります
天誅組が掛け下った道
3度目?の歩きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天誅組が掛け下った道
3度目?の歩きです
1
こんなの
こちらへ下る人なんか数日間で一人居るかいないかぐらいじゃないかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなの
こちらへ下る人なんか数日間で一人居るかいないかぐらいじゃないかな?
1
すぐの平らなところで食事しました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐの平らなところで食事しました
2
倒木その2
これは数年前から姿が変わっていませんね
誰も処理しないほど人通りが皆無なんでしょうね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木その2
これは数年前から姿が変わっていませんね
誰も処理しないほど人通りが皆無なんでしょうね
これは新しい崩落部
この辺りは崩落(地滑り?)しやすい地形のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは新しい崩落部
この辺りは崩落(地滑り?)しやすい地形のようです
1
高谷山方面のようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高谷山方面のようです
少ない標記ですが在ると嬉しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少ない標記ですが在ると嬉しい
2
んん〜
暖かくなったら通りたくないなぁ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
んん〜
暖かくなったら通りたくないなぁ
五條市街が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五條市街が見えてきました
1
林道へ降り立ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道へ降り立ちます
振り返り
50分は登りだからか、30分でここまで下りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返り
50分は登りだからか、30分でここまで下りました
1
大峯奥駈道ですよね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大峯奥駈道ですよね?
3
R310まで来ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R310まで来ました
右方が中葛城山方面です
この稜線を左へ歩いて下って来たんですね
我ながらようやるわ〜〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右方が中葛城山方面です
この稜線を左へ歩いて下って来たんですね
我ながらようやるわ〜〜
2
一尾背神社の俯瞰
あまり神社仏閣に興味が無い(嫌いというのではないが)のでほとんど何処へ行っても立ち寄ることがないですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一尾背神社の俯瞰
あまり神社仏閣に興味が無い(嫌いというのではないが)のでほとんど何処へ行っても立ち寄ることがないですね
R310から北山町への分岐路手前のヘアピンカーブ
この真正面からが登山道(口)なのです
人が通らないので荒れに荒れています
なのでこうしてR310をわざわざ遠回りして歩いて来てます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
R310から北山町への分岐路手前のヘアピンカーブ
この真正面からが登山道(口)なのです
人が通らないので荒れに荒れています
なのでこうしてR310をわざわざ遠回りして歩いて来てます
2
左が北山町への進入路
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が北山町への進入路
登山道の手すりが見えますが歩きたくないです
蜘蛛の巣だらけ、足元も崩落して苦難の道death
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の手すりが見えますが歩きたくないです
蜘蛛の巣だらけ、足元も崩落して苦難の道death
3
クルマへ戻る直前の最後の最高峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマへ戻る直前の最後の最高峰
3

感想/記録

今日は金剛山方面(あくまでも山頂以外)へ行きます
毎度毎度の行先の選定は当日朝まで不明のまま・・・・

昨日あたりから寒の戻りみたいなので、遠出は避けました
が、いろいろ考えている内には「伯母子岳を南方から上がるルート見つけた!」「学能堂山へ行こう」などと、積雪・凍結なんか完全無視での思いつき選定ということばかり
しかし今日は近場の「金剛山方面(あくまでも山頂以外)」とします
今日のルートは前回から1年以上経過もしているし金剛山西方のルート歩きは、お気に入りなので歩きたいと最近思っていた
本当は金剛トンネル辺りから上がりたいんだが、R310中での駐車するスペースは皆無に近いです
狭い山道カーブばかりなので路駐はしたくない
大澤寺に停めて上がればそれに近いんだが、このルートも綺麗ではないので歩きたくない区間という感が強いのです
大峯方面歩きなんかと比べ、とにかく「匂い」の違いが第一にくる
要するに市街地に近いこちら方面は「泥臭い生活臭がする」んです
車の排ガス、汚水排水、放置ゴミなどが原因じゃないかと思う
今日はほとんど感じなかったので嫌な気分ではなかったです
だけど「嫌な臭いがしない」と感じるのは今日以外では皆無です

久しぶりにこのルート歩きしましたが満点に近い一日でしたよ本当に
しんどくなかったのも事実だし、最近の腰痛が歩いている間は感じなかったので余計にそう感じたのでしょう
まあ、主因は好天候ですね!

雪景色は無いんだが青い空と白い雲があれば、その前は枯れ木であっても「映える」んですよね
青空最高! な歩きが出来て、近場で久々に感銘を受けたので本当の意味で「来て(行って)よかった」山歩きでしたよ!!

P.S. 来週いよいよ「内視鏡飲むんだ」が・・・・
訪問者数:288人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/10/16
投稿数: 2040
2016/3/13 1:41
 最高のお天気
ta_chanmさん、こんばんは。

お天気に恵まれて大峯がよ〜く見えて素晴らしいお山日和でしたね
59枚目のお写真は大日山・稲村ケ岳を中心に右にバリゴヤノ頭がようく写っていますが、そこは大峯奥駈道は通ってませんです。
左端の奥に見えている山上ケ岳と右端の奥に見えている稜線(行者環岳の手前辺り)は紛れもなく大峯奥駈道ですね
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/3/13 9:30
 Re: 最高のお天気
yamaotocoさんこんにちは。

そうですよね、どうしても「大峯山脈=大峯奥駈道」と思ってしまします。
自身も大峯奥駈道から外れている山も歩いていますね。
わたしの大峯奥駈道の区間歩き繋ぎはただいま中断しています。
日帰りでは厳しい区間だけが残ってしまいました。

日帰りで踏破された方と、私の行った結果が違うのでしょうね。
また踏破された方は「ある区間でかなり頑張った」というのもあるとも思います。
奥駈道もそうでない山も気持ちは同じくして歩きたいですね。
ご指摘ありがとうございました。
大日山・稲村ケ岳・バリゴヤノ頭は未踏なので今シーズンは上がりたいと思います。
登録日: 2014/4/29
投稿数: 256
2016/3/13 10:46
 かぶり物?
中葛城山で写っている写真の人 こんにちは。
あれは、かぶり物ですか?
写真の人と山の中ですれ違ったら、腰抜かしまっせ〜。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/3/13 11:05
 Re: かぶり物?
おはようございます。

家人も「寒いからあんなの買ったの?」なんて言ってます。
目の位置がおでこの上あたりだと思うので元が私じゃないと言い切れま・・・・・す?
ホント、人が居ない瞬間に撮ろうとしたので手袋も片方・・・。
だって大通りのど真ん中での撮影ですから、走り回ってました。
登録日: 2015/1/9
投稿数: 826
2016/3/13 13:53
 合成と違うんですか?
ta_chanmさん、合成とばっかり思ってたんですが、違うんですか!?
被って写真を撮る勇気もですが、買う勇気もなかなかですね シリーズ化、楽しみにしてますよ
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/3/13 15:20
 Re: 合成と違うんですか?
Hacchyさんこんにちは。

勘違いされているようですので回答です。
このかぶり物は合成ですよ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ほんとこんなの買うのはまあシャレでしょうが、ソロでこんなの自撮りしてたらマトモでない奴と見られます!
おまけにひこにゃんぶら下げているので「ひこにゃん=変態・関わらないが吉」という烙印押されますね!!
まあ間違いでもないかも!!!
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1763
2016/3/13 18:17
 しっかり歩かれて、
ta_chanmさん、こんにちは。
下った所は310号ヘアピンのねぇ「天誅組の行軍」のルート、やっぱりあまり踏まれてないのですね?そもそも、天誅組、持ち上げすぎ感が強いんですが。
しっかり歩かれていますね!?検査待ちのお体とは思えぬほど・・。
登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/3/13 19:51
 Re: しっかり歩かれて、
DCTさんこんばんは。

しっかりと歩いていないですよ〜
私的には15キロ以上歩いていればまあまあ歩いたなと思うのです。
ルートにより距離だけでは判断できないのでしょうが、20キロ程度歩いた時はやはり疲れましたね〜
御一緒した大普賢岳時計回りでも11キロ程度なんですね。
夏場の方が体力消耗は激しいはずなのに、夏場の暑さはイケるという特異体質というか変わり者ですから、内視鏡飲むくらいなんとも・・・・内・・・と
全身麻酔での検査後は何時になれば目覚めるのでしょうか?
まさか翌日なんてことないんだろうなぁ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ