ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 827253 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

浅草岳 〜一面の銀世界がまだあった

日程 2016年03月13日(日) [日帰り]
メンバー uneme(記録)
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ホテル大自然館(除雪最終地点)に7時到着時点で7,8台ほど。駐車場は無いので路駐することに。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間40分
休憩
50分
合計
7時間30分
Sスタート地点06:5010:20嘉平与ポッチ10:45前岳10:55浅草岳11:0511:15前岳11:5512:18嘉平与ポッチ14:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。嘉平与ボッチを巻くようにした踏み跡(スキー跡)は踏み抜き/ムジナ沢側への滑落の恐れが有るので、素直に嘉平与ボッチを登る事。
その他周辺情報浅草山荘は偏在営業していない
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

朝、7時前で、すでに路肩に7、8台ほど。道中は完璧に除雪されてる。近くの浅草山荘は冬期休業だし、浅草岳登山のために除雪されてるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝、7時前で、すでに路肩に7、8台ほど。道中は完璧に除雪されてる。近くの浅草山荘は冬期休業だし、浅草岳登山のために除雪されてるのか?
1
登り始めは林道と思われる道。しばらくこの平坦な道を行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めは林道と思われる道。しばらくこの平坦な道を行く
長野からというスキーヤーにあっという間に抜かされる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長野からというスキーヤーにあっという間に抜かされる。
踏み跡を辿る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡を辿る
振り返ると守門岳が。このあとずっと守門岳の視線を感じながら登る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると守門岳が。このあとずっと守門岳の視線を感じながら登る
3
少し斜面が急になる。尾根の端っこを歩く。この辺りは沢状の地形が複雑だ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し斜面が急になる。尾根の端っこを歩く。この辺りは沢状の地形が複雑だ。
1
さらに踏み跡を辿る。だんだん木がまばらに。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに踏み跡を辿る。だんだん木がまばらに。
1
少し開けてきた。このあたりの雪質は最高。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し開けてきた。このあたりの雪質は最高。
1
平坦な道を気持ちよく歩く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道を気持ちよく歩く。
しかし、あまり沢側を歩くとこのように亀裂が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし、あまり沢側を歩くとこのように亀裂が。
2
誰もいない道。夏道がどの辺りに有るのか見当もつかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない道。夏道がどの辺りに有るのか見当もつかない。
1
適当に歩こう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
適当に歩こう
再び振り返り守門岳。ここから見ると谷川のようなソウジホウなんだね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び振り返り守門岳。ここから見ると谷川のようなソウジホウなんだね
3
南側の斜面は崩壊寸前。こちら側にスキーの滑走痕がないのは、この雪崩を恐れて?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の斜面は崩壊寸前。こちら側にスキーの滑走痕がないのは、この雪崩を恐れて?
太陽がまぶしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
太陽がまぶしい。
3
いい感じの道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じの道。
1
しつこく守門岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しつこく守門岳
2
浅草岳定番のショット。左は前岳、少し右のちょこんと飛び照ってる突起が嘉平与ボッチ。ここからだと肉眼ではっきり先行者が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳定番のショット。左は前岳、少し右のちょこんと飛び照ってる突起が嘉平与ボッチ。ここからだと肉眼ではっきり先行者が見える。
2
ここから見るとなだらかだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから見るとなだらかだ
1
今までの急斜面が嘘のようになだらかになる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今までの急斜面が嘘のようになだらかになる
1
途中テントが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中テントが。
4
嘉平与ボッチまでの道のり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチまでの道のり
1
嘉平与ボッチ見えてきたと思ったら違った
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチ見えてきたと思ったら違った
嘉平与ボッチが見えてきた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチが見えてきた
2
嘉平与ボッチ到着。道標が無いから分からない
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチ到着。道標が無いから分からない
1
嘉平与ボッチを振り返る。スゴい形だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチを振り返る。スゴい形だ
2
嘉平与ボッチを振り返る。スゴい形だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
嘉平与ボッチを振り返る。スゴい形だ
5
ようやく浅草岳が見えてきた。左側のなだらかなのがそれ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく浅草岳が見えてきた。左側のなだらかなのがそれ。
1
南側の景色 荒沢岳方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の景色 荒沢岳方面
1
山頂。予定より早く着いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂。予定より早く着いた。
6
田子倉湖が初めて眼下に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉湖が初めて眼下に。
2
風が強くなってきたので、前岳を少し降りた所で食事
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風が強くなってきたので、前岳を少し降りた所で食事
3
鬼ヶ面山の岩壁
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面山の岩壁
5
スキーヤが大勢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキーヤが大勢
1
皆さん、風よけでここで休憩されてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皆さん、風よけでここで休憩されてました
2
今日初めてボーダーを見ました。同じボーダーなので気になります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日初めてボーダーを見ました。同じボーダーなので気になります
1
帰る頃には雪が相当緩んでいて、踏み抜きまくり
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰る頃には雪が相当緩んでいて、踏み抜きまくり
人が歩いてない所を行くと確実にはまる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人が歩いてない所を行くと確実にはまる
少し道を逸れた。しかし、先行者のワカンのトレースがあったので、それを辿る事に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し道を逸れた。しかし、先行者のワカンのトレースがあったので、それを辿る事に
林道に戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に戻ってきました
1

感想/記録
by uneme

昨年、残雪期に登った守門岳から見た浅草岳に登りたいと思ってました。
この時期の浅草岳といえば、バックカントリ。この日もすれ違う登山者の多くが、スキーにシールを履いた人たちばかり。また長岡や近隣ナンバーの車ばかり。関東から登山にくる私の方が変わり者だったかもしれません
とはいえ、関越で3時間ちょっと、しかも他は雪が少なくすでに春山のようになっている中、浅草岳はしっかり雪が乗っていて白銀の絶景が楽しめるとあれば、もっと関東方面からの登山者が増えても良いはず。三百名山ということもあり知名度も抜群なのにね。穴場的な山なのかもしれませんね。

午前中は良質な乾雪のようにさらさらしてました。先週の谷川岳とはだいぶ違ってました。この雪質で滑走できたらそれは楽しいだろうと思わずにいられませんでした。しっかりアイゼンもかかり歩きやすい。今日はワカンを出す事は無いな、と思ってましたが、下山で桜ゾネを下山中、気温が上がってきたせいか、踏み抜き地獄に。今朝通ったおなじ道とは思えませんでした。

午後になって気温が上がってきたものの、午前中は少し寒く、嘉平与ボッチを過ぎた辺りから風が出てきました。強烈な風、というほどではなく風速7〜8Mほど。ただ、立ち止まるとたちどころに汗が冷えて寒くなります。
前岳の手前辺りで少し風が防げますが、それ以外は風にさらされました。

山頂は、この山旅で初めて見る田子倉湖を眼下に。振り返ると
鬼ヶ面山の断崖絶壁や守門岳の荘厳な自然を見る事ができ、景色の面でも言う事の無い山でした。特に守門岳の景色は最高でした。
この地域は「守門」の名を冠した建物や会社名はあるものの「浅草」のそれはほとんど見る事ができず、守門岳に隠れてしまった名山といえる浅草岳。景色もいい、登りごたえもある、豊富なコース、どれをとっても素晴らしい山だったと思います
訪問者数:628人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ