ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 828237 全員に公開 ハイキング近畿

龍王山(山の辺の道から)

日程 2016年03月12日(土) [日帰り]
メンバー strassekororinn, その他メンバー2人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
往路 JR三輪
帰路 JR柳本
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
2時間1分
合計
7時間56分
SJR三輪09:1309:31大神神社09:3509:42狭井神社09:5613:23龍王山15:0617:09JR柳本G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
往路 JR三輪
帰路 JR柳本
歩行時間 7:55(休憩含み)
歩行距離 18.8km
高低差  552m
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありませんが、崇神ルート、長岳寺ルート
も下りは注意です。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 レジャーシート コンパス 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

JR三輪駅で
2016年03月12日 09:14撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR三輪駅で
1
山の辺に道で
紅白の梅が綺麗でした。
2016年03月12日 10:31撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
紅白の梅が綺麗でした。
1
山の辺に道で
柿本人麻呂の歌碑
巻向の山辺とよみて
 行く水のみなわの
ごとし世の人我は
2016年03月12日 10:40撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
柿本人麻呂の歌碑
巻向の山辺とよみて
 行く水のみなわの
ごとし世の人我は
1
山の辺に道で
ぬばたばの夜さり
 くれば巻向の
川音高し嵐かも
 と疼き
2016年03月12日 10:48撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
ぬばたばの夜さり
 くれば巻向の
川音高し嵐かも
 と疼き
1
山の辺に道で
何の花??
近くにアネモネが。
アネモネ
キンポウゲ科
アネモネ属
2016年03月12日 10:55撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
何の花??
近くにアネモネが。
アネモネ
キンポウゲ科
アネモネ属
相撲神社で
力士像
2016年03月12日 11:04撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相撲神社で
力士像
2
相撲神社で
土俵
4本柱は、桧ですね。
2016年03月12日 11:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相撲神社で
土俵
4本柱は、桧ですね。
山の辺に道で
脱穀器ですね。
2016年03月12日 11:33撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
脱穀器ですね。
山の辺に道で
梅と椿
2016年03月12日 11:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
梅と椿
2
山の辺に道で
ツバキ
2016年03月12日 11:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
ツバキ
1
山の辺に道で
ツバキ
2016年03月12日 11:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
ツバキ
山の辺に道で
ここから、龍王山に
向かいます。
2016年03月12日 11:42撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の辺に道で
ここから、龍王山に
向かいます。
1
龍王山山頂から
左から
金剛山、葛城山、
二上山。
2016年03月12日 14:34撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
左から
金剛山、葛城山、
二上山。
6
龍王山山頂から
フィールド
アスレチックがあり
ました。
2016年03月12日 14:35撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
フィールド
アスレチックがあり
ました。
1
龍王山山頂から
2016年03月12日 14:49撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
6
龍王山山頂から
こんなところに。
2016年03月12日 14:51撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
こんなところに。
1
龍王山山頂から
2016年03月12日 14:52撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
3
龍王山山頂から
皆さん良い笑顔です。
2016年03月12日 14:53撮影 by NIKON D5500, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
皆さん良い笑顔です。
2
龍王山山頂から
最近始めた・・・・
LINE(・・?
2016年03月12日 14:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
最近始めた・・・・
LINE(・・?
1
龍王山山頂から
いい笑顔ですね。
来れて良かったです。
2016年03月12日 14:59撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
いい笑顔ですね。
来れて良かったです。
4
龍王山山頂から
案内板
2016年03月12日 15:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山山頂から
案内板
1
龍王山から
山頂への分岐
右に向かいます。
よそ見をしていて
階段を滑りました(汗)。
2016年03月12日 15:11撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
龍王山から
山頂への分岐
右に向かいます。
よそ見をしていて
階段を滑りました(汗)。
1
JR柳本
無事到着です。
お疲れ様でした。
2016年03月12日 17:12撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR柳本
無事到着です。
お疲れ様でした。
2
JR奈良駅
旧駅舎です。
この後、お疲れ様会へ
2016年03月12日 18:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR奈良駅
旧駅舎です。
この後、お疲れ様会へ
1
撮影機材:

感想/記録

少し肌寒いですが快晴です。
お天気も良し、トレッキング日和ですね。
今日は、山の辺の道から龍王山を歩いて見ました。
JR三輪駅に9時頃集合して、大神神社から山の辺の道を歩きます。
午前中は、金剛山、葛城山、二上山が綺麗に見えています。
小さな駅前商店街を抜け大神神社の参道へ。
お肉屋さんで揚げたてのコロッケが売っていたので、これは見逃せ
ませんね。
ゲットして、お行儀が悪いですが食べ歩きです。(美味しいです)
ついでに、干し柿も。
参道を少し歩くと夫婦岩の祠があります、お参りしておかねば。
・大神神社
大神神社は「大神」と書いて「おおみわ」と読むように、古くから
神様の中の大神様として尊ばれ、『古事記』によれば、大物主大神
が出雲の大国主神の前に現れ、国造りを成就させる為に「吾をば倭
の青垣、東の山の上にいつきまつれ」と三輪山に祀られることを望
んだとあります。
『日本書記』でも同様の伝承が語られ、二神の問答で大物主大神は
大国主神の「幸魂(さきみたま)・奇魂(くしみたま)」であると
名乗られ、『古事記』同様に三輪山に鎮まることを望まれ、伝承で
は大物主大神は大国主神の別の御魂として顕現され、三輪山に鎮ま
られたということです。
大神神社では、ご祭神がお山に鎮まるため、本殿を設けずに直接に
三輪山に祈りを捧げるという、神社の社殿が成立する以前の原初の
神祀りの様を今に伝えられ、我が国最古の神社と呼ばれています。
以前にうさぎをひつじと間違えた、看板もありました。(笑)
ご神体の登山口で御神水を頂き、山の辺の道を歩きます。
山の辺の道は何度か歩いていますが、長閑でいいところです。
季節の移ろいは早く、梅が終わりかけです。
それでも紅白の梅が綺麗に咲いていました。
山の辺の道を少し外れて、いつも行き過ぎてしまう相撲神社に寄っ
てみました。
大きな神社ではないのですが、以前から気になっていました。
・相撲神社
相撲の始祖と言われる、野見宿禰を祀る神社で情報では鳥居はある
のですが社殿はありませんと書いてありましたが、社殿があり境内
に土俵があります、四隅の柱の代わりに桧が植えられていましたが
1本は、枯れているようです。
野見宿禰と当麻蹴速が天覧相撲が相撲のはじめとされています。
野見宿禰は殉死の代わりに埴土で人馬を模った土ものを作ることを
献策して、埴輪つくりを命じられ功績により土師の職に任じられ、
同時に本性を土部臣と称したようです。
再び、山の辺の道に戻り崇神天皇陵に向かい龍王山に向かいます。
・龍王山
登山ルートは、崇神ルート、長岳寺ルートがありますが崇神ルート
から龍王山山頂に向かいます。
思いのほかタフなルートです、小休止を入れながら山頂へ。
龍王山は、古墳群もあり、十市氏が築いた山城もあるところです。
龍王山城を築いた十市氏は、室町・戦国時代を通じて大和で活躍し
た豪族でしたが、次代の遠勝の代に大和に進出した松永弾正久秀に
攻められ、永禄11年に龍王山城は松永方の手に落ちています。
実際には華々しい戦闘もなく開城したのですが、地元には落城にま
つわる悲話がいくつか伝えられ、そのひとつにジャンジャン火伝説
があります。
観光案内によると、
 今にも雨が降りそうな夏の夜、龍王山にむかって「ホイホイ」
 と叫ぶと、城跡の方から火の玉がジャンジャンとうなりをたてて
 降りてきて、その人を焼き殺しでしまうとか…。
戦に敗れた十市氏の恨みが、今も残っているのかもしれません。
田井庄町には、ジャンジャン火に襲われた武士が誤って斬ったと伝
えられる首斬地蔵が残っているようです。
調べてみるものですね。
今回はN氏を偲んで山頂で食事会です、天気も良く心休まる時間で
した。
のんびりした時間を過ごし、帰路に。
しかし、よそ見をして二度ほど地面と対話してしまいました。
大したケガもせず、無事下山、これもN氏が見守ってくれていたの
でしょうか。
お疲れさま会は、奈良駅周辺で行いました。
Yoさん、Yaさん、Tさん、楽しい時間ありがとうございました。
そして、お疲れ様でした
訪問者数:253人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/1/18
投稿数: 89
2016/9/17 21:30
 山の辺の道を歩きたいね〜♪
今日 そんな話が出て、さっそく月末のいいお天気の日に行こうかということになったんです。
そこで、以前strasseさんのレコにあったのを思い出して探しにやってきました
全部歩くとかなりの距離なので、2回くらいに分けるといいとか。
龍王山からの金剛山、葛城山、二上山の眺めもいいですね
参考にさせてもらいたいので、お気に入りに追加させて頂きます
登録日: 2011/12/16
投稿数: 905
2016/9/17 22:23
 山の辺の道を行く。
こんばんは、anzu7さん。
2回くらいに分けると良いと思います。
来月、柳本から天理まで歩いてみようと思ってました。
何度も歩いていますが、なぜか額田王の歌碑を見落と
しています、不思議ですね。
今は、ヒガンバナが綺麗かも知れません。
龍王山は、少しきついですが眺めは最高です。
お薦めです、是非お出かけください。
来週土曜日は、キトラ古墳の体験館がオープンです。
当日は、相当の人でだと思いますが、田圃の畔のヒガ
ンバナが綺麗です、来月にでも行かれては。
平城旧跡の展示館は再来年かな。
その時は、お知らせしましょう。
晩秋は、四郷の里の干し柿を買いに行こうと計画中。
家内は熟し柿から天日干し柿に鞍替えしました。(笑)
先輩がくれた、去年の柿酢が完成しました。
どう使えばいいのだろう・・・・。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

ツバキ 地蔵
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ