ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 829027 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走紀泉高原

三国山・経塚山(側川林道〜白川林道) 16011

日程 2016年03月16日(水) [日帰り]
メンバー fukuchi36
天候曇り時々晴
風:山頂付近・時々3〜4m/s 他は無風〜微風
気温:山頂付近・4〜5℃(体感) 下山時・11℃
積雪:山頂付近に残雪2〜3cm
アクセス
利用交通機関
バス
往路:平井 10:12 発(南海バス@370円)側川 10:36 着
復路:父鬼 14:58 発(南海バス@420円)平井 15:19 着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

10:39 側川バス停出発 ー(26分)ー 出合橋 11:09 ー(57分)ー 千本杉峠 12:14 ー(27分)ー 三国山 12:45 ー(8分)ー 七越峠 12:55 ー(20分)ー 経塚山 13:18 ー(25分)ー 白川林道仮設階段出合 13:47 ー(33分)ー 白川谷RC橋出合 14:23 ー(27分)ー 父鬼バス停帰着 14:54

歩行時間:3時間43分(10:39〜14:54)
歩行距離:14.8km
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はないが、注意が必要な急登・急坂は各所にあります。
出合橋から千本杉峠までのルートは消防標識『K‐1』〜『K‐38』を辿っていきます。『K‐20』から山道に入り、谷を詰めます。倒木やガレで歩き難い所が多数あります。下ノ肩『K‐30』直前は10分余りの急登を強いられます。『K‐31』の分岐は右を取っても三国山へ向かいますが、左折して千本杉峠を経由します。北側へ切れた狭い登山道になり中間部で一部崩落している個所があるので、フィックスロープを利用して慎重に進んで下さい。千本杉峠からは西国巡礼旧道や車道歩きになります。一昨日の残雪がシャーベット状になったところがあるのでスリップに注意が必要です。経塚山へは車道脇の消防標識『F‐35』を右に入ります。経塚山から白川谷への下りは尾根を外さないことが大事です。又、長い急坂があるので転滑落に要注意です。従来、白川谷コンクリート橋出合までは尾根を下っていたが、最後の下りが立って歩けないような激下りになるので、今回は尾根を横断する新設林道(工事用仮設階段あり・写真参照)を下ることにした。この個所から約150m進んだところに左への分岐林道があるが、未完成で約500m先で行き止まりになっています(筆者はショートカットを目論んで往復を余儀なくされました)。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 父鬼バス停付近にはありません。公衆便所はあります。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

10:39 側川バス停を出発。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:39 側川バス停を出発。
1
某TV番組で小枝不動産が紹介した豪邸です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
某TV番組で小枝不動産が紹介した豪邸です。
1
『E‐13』出合橋を右折してワラビカス谷沿いの側川林道へ入ります。消防標識標示が『K‐ 』に変わります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『E‐13』出合橋を右折してワラビカス谷沿いの側川林道へ入ります。消防標識標示が『K‐ 』に変わります。
1
『K‐20』で山道に取付き、徒渉を数回繰り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『K‐20』で山道に取付き、徒渉を数回繰り返します。
1
倒木が各所にある谷を詰めていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が各所にある谷を詰めていきます。
『K‐25』付近から谷を左に見て急登を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『K‐25』付近から谷を左に見て急登を登ります。
下ノ肩『K‐30』です。右から宮ノ谷ルート『I‐25』が合流します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ノ肩『K‐30』です。右から宮ノ谷ルート『I‐25』が合流します。
千本杉峠を右折して西国巡礼旧道を西へ進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本杉峠を右折して西国巡礼旧道を西へ進みます。
セトの手前では一昨日の残雪が数cm積もっています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
セトの手前では一昨日の残雪が数cm積もっています。
1
ドームレーダーは上手く写せませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ドームレーダーは上手く写せませんでした。
1
七越峠の石碑は新調されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七越峠の石碑は新調されています。
1
経塚山への取付きを示す消防標識『F‐35』です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経塚山への取付きを示す消防標識『F‐35』です。
1
葛城第11経塚です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葛城第11経塚です。
1
急坂が続きますが尾根を外さないように下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂が続きますが尾根を外さないように下ります。
新設白川林道出合です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新設白川林道出合です。
従来は左の仮設階段から再び尾根道を辿っていましたが、今回はこの林道を下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
従来は左の仮設階段から再び尾根道を辿っていましたが、今回はこの林道を下ります。
直ぐに左分岐に出合いますが、約500m先が行き止まりになっているので直進して下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直ぐに左分岐に出合いますが、約500m先が行き止まりになっているので直進して下さい。
白川谷コンクリート橋出合への激下りの尾根です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川谷コンクリート橋出合への激下りの尾根です。
白川谷コンクリート橋の向こう左手に・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白川谷コンクリート橋の向こう左手に・・・
・・・激下り尾根道が下ってきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
・・・激下り尾根道が下ってきます。
左から鍋谷林道が合流します。前方の便所は工事中のために仮設便所が設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から鍋谷林道が合流します。前方の便所は工事中のために仮設便所が設置されています。
明神谷分岐の不法投棄警告看板です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神谷分岐の不法投棄警告看板です。
14:54 父鬼バス停に帰着しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:54 父鬼バス停に帰着しました。

感想/記録

 初ルートの側川林道から千本杉峠を経由して三国山・経塚山を歩いた。何時もは早発・早着を心掛けているが父鬼バス停帰着がバス待ち2時間になる時間と予想されたために、3時間遅く出発して歩行時間を10分短縮しタイミング良くバスに乗ることを目論んだ。経塚山を下り、途中の白川林道仮設階段出合までは20分早いペースであった。従来は林道を横断して再度尾根道を下っていたが、尾根道最終の激下りを避けるために白川林道を下ることにした。そのまま林道を下っておれば問題なかったものを仮設階段出合から直ぐに現れた分岐が白川谷への近道と勘違いし、往復約1km・11分の無駄歩きをしてしまった。4分差でバスに滑り込めたが、2時間待ちを余儀なくされるところであった。急がば回れの典型である。
                             fukchi36
訪問者数:325人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ