ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 831677 全員に公開 ハイキング丹沢

仏果山〜荻野高取山 [ミツマタ桃源郷]

日程 2016年03月21日(月) [日帰り]
メンバー yoshiyan
天候曇り時々霰まじりの小雨 のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
本厚木よりバス
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち42%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間31分
休憩
15分
合計
5時間46分
S撚糸組合前08:4908:53愛川ふれあいの村野外センター前バス停10:23仏果山10:2810:40馬渡分岐10:4110:44八州ヶ峰10:4511:25半原越11:2712:00経ヶ岳12:0112:41華厳山(天丸・奥ノ院)12:4313:03高取山13:0513:11発句石13:1214:33東谷戸入口バス停14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

撚糸(よりいと)組合前バス停の半原神社脇からスタート
2016年03月21日 08:48撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
撚糸(よりいと)組合前バス停の半原神社脇からスタート
カタクリ自生地ですがまだ咲いていませんでした
2016年03月21日 09:01撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタクリ自生地ですがまだ咲いていませんでした
すみれ
2016年03月21日 09:08撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すみれ
関東ふれあいの道登山道に入ります
2016年03月21日 09:15撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関東ふれあいの道登山道に入ります
曇りですが東京のビル街も見えます
2016年03月21日 09:39撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曇りですが東京のビル街も見えます
普通の登山道です
2016年03月21日 09:41撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通の登山道です
仏果山山頂
2016年03月21日 10:29撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仏果山山頂
1
建造物あり
2016年03月21日 10:25撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建造物あり
登ると宮ヶ瀬湖が見えます
2016年03月21日 10:27撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると宮ヶ瀬湖が見えます
2
その先はやや痩せているところもありますが
2016年03月21日 10:35撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先はやや痩せているところもありますが
多くは歩きやすい道です
2016年03月21日 10:49撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くは歩きやすい道です
途中景色が開ける
2016年03月21日 11:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中景色が開ける
大山と三峰
2016年03月21日 11:44撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山と三峰
1
蛭ヶ岳方向
2016年03月21日 11:45撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳方向
経ヶ岳。日が差してきました
2016年03月21日 12:02撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
経ヶ岳。日が差してきました
1
ここからは昭文社地図では破線道ですが、しっかり道標があります
2016年03月21日 12:06撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは昭文社地図では破線道ですが、しっかり道標があります
間違えやすいところにはきちんと案内もありますので安心です
2016年03月21日 12:10撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間違えやすいところにはきちんと案内もありますので安心です
華厳山
2016年03月21日 12:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
華厳山
1
広々として気持ちがいい
2016年03月21日 12:42撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広々として気持ちがいい
高取山着
2016年03月21日 13:02撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高取山着
1
南側は立ち入り禁止です
2016年03月21日 13:08撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側は立ち入り禁止です
なぜなら砕石場で山が削り取られているから
2016年03月21日 13:17撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜなら砕石場で山が削り取られているから
1
下って渡渉すると
2016年03月21日 13:41撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って渡渉すると
なんとミツマタの群生が!思わず声をあげてしまいます。
2016年03月21日 13:46撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとミツマタの群生が!思わず声をあげてしまいます。
5
ミツマタ
2016年03月21日 13:53撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツマタ
2
しばし見とれる
2016年03月21日 14:01撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばし見とれる
3
すごい!
2016年03月21日 14:04撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すごい!
5
さて帰りますか
2016年03月21日 14:12撮影 by DMC-LF1, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて帰りますか

感想/記録

私事で忙しく、山に行けなかったため、一ヶ月ぶりの山行です。

気が付けば早春の花の季節になっていて、ミツマタが見頃であろう。昨年は丹沢ミツバ岳に行きましたが、他に見所はないかと探して見たところ、同じく丹沢に「ミツマタ桃源郷」と呼ばれる場所が有ることを見つけ、行って見ることにしました。

この辺りには「高取山」が幾つかあって、そのうち「荻野」高取山の大平登山口というところがそれであるらしい。私が持っている2011年版の「山と高原地図」にはルートが載っていないのですが、タブレットにダウンロードした2014年版には破線ルートが記載されており、仏果山、経ヶ岳というメジャーなルートと繋げて歩けるらしいことがわかりました。

本厚木駅から半原行きのバスに乗車。何か行事でもあるのか、バスはたくさんの学生さんたちで大混雑でした。

終点の一つ手前、撚糸組合前バス停で下車し、歩き始めます。事前には晴天の予報だったのですが、この時ははっきりしない、いつ雨が降ってもおかしくないような肌寒い天候でした。

途中「カタクリ群生地」と看板のある場所を通ったので、ひとつくらい咲いていないかと探してみましたが、見つけることはできませんでした。

仏果山までの登りは、標高差500m程度なのでたいしたことがないはずなのですが、なかなかペースが上がらず、身体がなまっていることを実感しました。

小雨は時折、あられまじりとなり、寒かったのですが、天候は徐々に回復して来て、経ヶ岳に着いた正午ごろには陽も差して来ていました。

仏果山と経ヶ岳の間は大分前、まだヤマレコを書き始める前に来たことがあるのですが、経ヶ岳から先は未踏です。破線ルートなので少し心配したのですが、道標もしっかりしており問題ありませんでした。急坂箇所も幾つかありましたが、ロープが張られているので大丈夫です。「西山を守る会」の皆さんで整備されているようです。ありがたいことです。

華厳山から高取山に至る道は傾斜も緩く、広々していて本当に気持ちのいい道でした。破線ルートということで敬遠されているとしたらもったいないことです。

高取山の南側は採石場となっており、祝日にも関わらず、ブルドーザーや大きなトラックが動く機械音が聞こえていました。秩父の武甲山もそうですが、山が機械で削り取られるのを見るのは気持のいいものではありませんね。

高取山から下って、登山口に近づくと、木々の間から一面黄色のミツマタ群生が姿を現し、思わず歓声を挙げてしまいました。群生するミツマタがまさに満開で、道の両側を取り囲むように黄色の花が咲き誇り、圧巻です。花の甘い香が立ち込め、まさに「桃源郷」に居るかのような幸せな気分になります。これだけの群生地で、祝日にも関わらずその時間にそこにいたのは私ともうひとかただけでした。

ゆっくりと写真を撮って、ゴルフ場の間を通り、東谷戸バス停に着いたとたんに本厚木行きのバスが来ましたので帰路に着きました。

満開のミツマタを堪能したなんとも贅沢な山行でした。
訪問者数:317人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

自生
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ