ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 832619 全員に公開 山滑走日高山脈

芽室岳(スキー)

日程 2016年03月17日(木) 〜 2016年03月19日(土)
メンバー shake1987
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間18分
休憩
30分
合計
4時間48分
Sスタート地点10:4613:15山小屋芽室岳13:4515:34山小屋芽室岳
2日目
山行
5時間47分
休憩
27分
合計
6時間14分
山小屋芽室岳04:5709:39芽室岳10:0611:11山小屋芽室岳
3日目
山行
55分
休憩
0分
合計
55分
山小屋芽室岳04:1005:05ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
初日は・955まで行って引き返して小屋に泊る。二日目は頂上まで行って小屋に11時頃に帰ってきたが、小屋に泊る。三日目は夜明け前に下山。

装備

個人装備 blackeye171cm Diamir FREERIDE

写真

3/17 除雪終点。Co.350あたり。横は十勝の森の付属施設の様だ。芽室岳は真正面の山の裏に隠れている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3/17 除雪終点。Co.350あたり。横は十勝の森の付属施設の様だ。芽室岳は真正面の山の裏に隠れている。
3
芽室小屋の中の様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽室小屋の中の様子。
2
小屋のすぐそばの渡渉点。橋には雪がこんもりと積もっていて歩くのが怖かったので、横のスノーブリッジを使った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋のすぐそばの渡渉点。橋には雪がこんもりと積もっていて歩くのが怖かったので、横のスノーブリッジを使った。
1
尾根の下部は明るい疎林帯。風は吹き抜けそうなので、悪天時にテントで泊るのは辛いかも。初日は・955で引き返し。ズボズボの雪で滑りづらかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の下部は明るい疎林帯。風は吹き抜けそうなので、悪天時にテントで泊るのは辛いかも。初日は・955で引き返し。ズボズボの雪で滑りづらかった。
1
3/18 上に行くと尾根が細くなるが、雪庇はほとんど出ておらず、雪堤状となっている。下りは左の斜面を滑って下りた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3/18 上に行くと尾根が細くなるが、雪庇はほとんど出ておらず、雪堤状となっている。下りは左の斜面を滑って下りた。
3
分岐点の少し下で振り返って、登ってきた尾根を見たところ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点の少し下で振り返って、登ってきた尾根を見たところ。
1
分岐点直前で頂上を見たところ。頂上までスキー(&クトー)で登ったが、頂上近くだけ非常に硬かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点直前で頂上を見たところ。頂上までスキー(&クトー)で登ったが、頂上近くだけ非常に硬かった。
7
頂上から右俣源頭部を見る。下りは樹林帯の頭をつなぐようにトラバースして夏道の尾根に乗った。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から右俣源頭部を見る。下りは樹林帯の頭をつなぐようにトラバースして夏道の尾根に乗った。
3
右俣を上から望む。今回はズボズボの雪質だったので、素直に尾根を下りたが、新雪だとここを滑るのは楽しいだろう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右俣を上から望む。今回はズボズボの雪質だったので、素直に尾根を下りたが、新雪だとここを滑るのは楽しいだろう。
2
芽室小屋の全景。薪はよく乾いていてすぐに火が付いた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芽室小屋の全景。薪はよく乾いていてすぐに火が付いた。
1
渡渉点のスノーブリッジの様子。近くにはこのブリッジしかなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉点のスノーブリッジの様子。近くにはこのブリッジしかなかった。
1

感想/記録

晴れた上に、稜線での風も穏やかでのんびり登れて良かった。今回の雪質はあまり良くなかったが、スキーの楽しそうなルートなので、次回はパウダーが期待できる厳冬期に来てみたい。
訪問者数:579人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ