ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 834047 全員に公開 ハイキング丹沢

雨山峠〜檜岳山稜〜シダンゴ山(寄から周回)

日程 2016年03月26日(土) [日帰り]
メンバー seiya
天候小雪のち曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みやま運動広場駐車場利用
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間55分
休憩
45分
合計
5時間40分
Sみやま運動広場駐車場07:0007:30寄大橋(水源林管理棟前ゲート)08:20釜場ノ平08:55雨山峠09:0509:25雨山09:50檜岳10:10伊勢沢ノ頭10:35秦野峠10:50林道秦野峠11:2511:45ダルマ沢ノ頭(八郎丸)12:05シダンゴ山12:40みやま運動広場駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト:寄バス停にあり
登山道状況:
寄〜寄大橋〜登山道入り口までは舗装路。
登山道に入り、雨山峠までは沢沿いを何度も渡渉しながら登ります。道標やリボンを確認しながら進みましょう。
雨山峠〜伊勢沢ノ頭までは比較的歩きやすい道程。今日は雪がありましたが、登山道から外れずに歩けました。
伊勢沢ノ頭〜林道秦野峠までは道が細く急な下りもあります。慎重に下りましょう。
林道秦野峠〜シダンゴ山〜寄は明瞭な道程。安心して歩けます。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

駐車場に車を停め、寄バス停で準備をします。バス停脇には綺麗な桜が咲いています。大寒桜・・・かな?
2016年03月26日 06:56撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に車を停め、寄バス停で準備をします。バス停脇には綺麗な桜が咲いています。大寒桜・・・かな?
3
中津川沿いの舗装路を歩き始めます。川には綺麗な水が流れています。
2016年03月26日 07:12撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中津川沿いの舗装路を歩き始めます。川には綺麗な水が流れています。
テクテクと舗装路を歩き、寄大橋まで辿り着きました。ここは直進し、雨山峠を目指します。
2016年03月26日 07:31撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テクテクと舗装路を歩き、寄大橋まで辿り着きました。ここは直進し、雨山峠を目指します。
木の本数は少ないですが、かわいいミツマタの花が咲いています。
2016年03月26日 07:38撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の本数は少ないですが、かわいいミツマタの花が咲いています。
5
さて、登山口へ到着です。ここから雨山峠まで、気を引き締めて向かいます。
2016年03月26日 07:45撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、登山口へ到着です。ここから雨山峠まで、気を引き締めて向かいます。
早速渡渉箇所が現れます。焦らずに進む先を確認しながら歩を進めます。
小雪がちらつき寒々しく感じます。
2016年03月26日 07:54撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早速渡渉箇所が現れます。焦らずに進む先を確認しながら歩を進めます。
小雪がちらつき寒々しく感じます。
1
何度も渡渉します。増水してたら難儀しそうですが、今日は楽チンです。
2016年03月26日 07:59撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も渡渉します。増水してたら難儀しそうですが、今日は楽チンです。
釜場ノ平。雨山峠まであと1.6劼任后ここで着ていた上着を脱ぎます。
2016年03月26日 08:19撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜場ノ平。雨山峠まであと1.6劼任后ここで着ていた上着を脱ぎます。
沢を登っていきます。水はほとんど流れていないので安心して登れます。
2016年03月26日 08:42撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢を登っていきます。水はほとんど流れていないので安心して登れます。
宙吊りの道標。雨山峠まであと少しです。
2016年03月26日 08:50撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宙吊りの道標。雨山峠まであと少しです。
3
チョロチョロとした沢の流れ。水が本当に綺麗です。
2016年03月26日 08:50撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チョロチョロとした沢の流れ。水が本当に綺麗です。
4
雨山峠に着きました。ちょっとだけスリリングな箇所もあり、なかなか楽しめました。ここでドーナツ休憩。
休憩を済ませたら、檜岳山稜へ向かいます。
2016年03月26日 08:55撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠に着きました。ちょっとだけスリリングな箇所もあり、なかなか楽しめました。ここでドーナツ休憩。
休憩を済ませたら、檜岳山稜へ向かいます。
1
程よく積もった雪をギュッギュッと踏みしめながら、雨山へ到着。ベンチも何もなくここはスルーして進みます。
2016年03月26日 09:27撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程よく積もった雪をギュッギュッと踏みしめながら、雨山へ到着。ベンチも何もなくここはスルーして進みます。
2
崩落地もあります。気をつけながら通過します。気が付けばちらついていた小雪も止んでいます。
2016年03月26日 09:37撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落地もあります。気をつけながら通過します。気が付けばちらついていた小雪も止んでいます。
1
サクサク進んで檜岳。
ベンチが一つありますが、まだ休憩せずに歩き続けます。
2016年03月26日 09:48撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクサク進んで檜岳。
ベンチが一つありますが、まだ休憩せずに歩き続けます。
3
ギュッギュッと3〜4僂曚廟僂發辰真契磴両紊鯤發ます。踏みしめる音が心地よく聞こえます。雪面には私の足跡だけが残っていきます。
2016年03月26日 09:52撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギュッギュッと3〜4僂曚廟僂發辰真契磴両紊鯤發ます。踏みしめる音が心地よく聞こえます。雪面には私の足跡だけが残っていきます。
今日は展望皆無。ここまでまったく人に会わず、ガスの中を黙々と歩きます。
2016年03月26日 09:59撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は展望皆無。ここまでまったく人に会わず、ガスの中を黙々と歩きます。
本日の最高地点、伊勢沢ノ頭です。特に休むわけでもなく、ここもスルーして進みます。
2016年03月26日 10:09撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本日の最高地点、伊勢沢ノ頭です。特に休むわけでもなく、ここもスルーして進みます。
3
伊勢沢ノ頭を通過し少し標高を下げると、雪はほとんど無くなってきました。ここから一気に秦野峠まで下ります。
2016年03月26日 10:23撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢沢ノ頭を通過し少し標高を下げると、雪はほとんど無くなってきました。ここから一気に秦野峠まで下ります。
林道秦野峠まで下ってきました。お腹が少し空いてきたので、ここでお昼休憩とします。
2016年03月26日 10:49撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道秦野峠まで下ってきました。お腹が少し空いてきたので、ここでお昼休憩とします。
マイ定番メニュー。食後はコーヒーでほっとします。ウマウマ。
2016年03月26日 10:53撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイ定番メニュー。食後はコーヒーでほっとします。ウマウマ。
3
少しだけ晴れ間が見え始めました。あの山は・・・なんだっけ?
休憩を済ませたら、シダンゴ山方面へ進むことにします。
2016年03月26日 10:59撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ晴れ間が見え始めました。あの山は・・・なんだっけ?
休憩を済ませたら、シダンゴ山方面へ進むことにします。
2
林道秦野峠から道標通りに進むと、すぐにシダンゴ山方面への登り口が現れます。
2016年03月26日 11:26撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道秦野峠から道標通りに進むと、すぐにシダンゴ山方面への登り口が現れます。
で、まずはダルマ沢ノ頭。地味なピークです。ここは当然スルーして、最後のピーク、シダンゴ山を目指します。
2016年03月26日 11:45撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、まずはダルマ沢ノ頭。地味なピークです。ここは当然スルーして、最後のピーク、シダンゴ山を目指します。
2
ダルマ沢ノ頭から一旦標高を下げ、急な鉄階段を降りたら林道に出ます。林道を跨いだら、あと少しでシダンゴ山です。
2016年03月26日 11:58撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダルマ沢ノ頭から一旦標高を下げ、急な鉄階段を降りたら林道に出ます。林道を跨いだら、あと少しでシダンゴ山です。
シダンゴ山に到着です。写真には納まっていませんが、ものすごい数の人が休憩をしています。
ここから見えるはずの「方富士」、今日は雲に隠れて見えません。
2016年03月26日 12:05撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダンゴ山に到着です。写真には納まっていませんが、ものすごい数の人が休憩をしています。
ここから見えるはずの「方富士」、今日は雲に隠れて見えません。
4
富士山は見えないので海を眺めます。かなり霞んでいますが、なんとか江の島が確認できます。
2016年03月26日 12:08撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は見えないので海を眺めます。かなり霞んでいますが、なんとか江の島が確認できます。
2
シダンゴ山の山頂には、たくさんのアセビが咲いています。
2016年03月26日 12:09撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シダンゴ山の山頂には、たくさんのアセビが咲いています。
5
人の多すぎる山頂に長居は無用。アセビのトンネルを抜け、下山することにします。
2016年03月26日 12:10撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人の多すぎる山頂に長居は無用。アセビのトンネルを抜け、下山することにします。
1
途中で一本だけ、ミツマタの木を発見。ここでも花をアップで撮ってみました。
2016年03月26日 12:25撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中で一本だけ、ミツマタの木を発見。ここでも花をアップで撮ってみました。
8
サクサク下ります。イノシシ除けの柵を過ぎたら、寄集落まであと少し。
あちこちに茶畑が広がっています。
2016年03月26日 12:34撮影 by Canon PowerShot S100, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクサク下ります。イノシシ除けの柵を過ぎたら、寄集落まであと少し。
あちこちに茶畑が広がっています。
1
ゴール。膝痛が心配な今の私にとっては、ほどよい距離と標高差でした。今回は膝の痛み無し!めでたし!
2016年03月26日 12:41撮影 by T003, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴール。膝痛が心配な今の私にとっては、ほどよい距離と標高差でした。今回は膝の痛み無し!めでたし!
2
撮影機材:

感想/記録
by seiya

昨年計画だけは立てたものの、なかなか行けずにいた雨山峠〜檜岳山稜へのコースに、今回初めてチャレンジしました。朝から雪のちらつくコンディションで先行きが不安でしたが、その分コースの大半で誰とも会わない静かな山歩きとすることができました。土曜日にもかかわらず、これはとてもよかったです。
雨山峠までの何度も渡渉しながらの登りも、檜岳山稜での新雪を踏みしめながらの稜線歩きも、展望こそ皆無であったとはいえなかなか楽しめました。
次回雨山峠を通過するときは、鍋割山方面を目指してみようかな。計画を立ててみることにします。
通いなれた丹沢にあって初のコースは好印象。またいつか、今度は気持ちよく晴れているときに、歩いてみたいと思います。
今回も無事でなにより。早めに帰宅でき、早めの時間からビールを飲んじゃいました。気持ちよく歩かせてくれた山に感謝です。
訪問者数:341人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ