ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 836358 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

上日野 亀穴峠・新屋峠から小梨峠へ

日程 2016年03月22日(火) [日帰り]
メンバー y-saida
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR八高線 群馬藤岡駅から上信観光バス小柏線上平行バスで矢掛までアプローチ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間8分
休憩
1分
合計
6時間9分
Sスタート地点09:1714:29小梨峠14:3015:26上鹿島バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
西上州藪山ルート探訪の2日目の上日野 矢掛から亀穴峠/新屋峠の探訪を行いました。
峠への登路では林道・歩道が廃道化している上に多数の林道が錯綜し、ルート逸脱を繰り返す事となりましたが、Android タブレットの GPS により、2万5千分1地形図に記入された破線路を追跡してどうにか稜線直下の石柱道標に到達できました。
コンディションが良かったお蔭で小梨峠まで藪尾根伝いを行い、上鹿島に下山しました。

なお、このルートは登山口から小梨峠までの大部分の道形が不明瞭で倒木などの障害物が多く、道標も設置されていない上に、稜線上に3箇所の危険な急降下がありますから経験者以外は危険です。
その他周辺情報<行動時間>
高崎[7:54]=(八高線)=[8:08]群馬藤岡駅/駅前バス停[8:36]=(めぐるん上平線)=[9:15+2]矢掛(9:25)-亀穴峠入口(9:30)-林道亀穴線分岐(9:50/56)-歩道入口(10:29)-開拓集落跡を見下ろす560m圏の台地(11:10/20)-新屋小幡道分岐石標(11:38)-亀穴峠(11:46)-690m 峰(11:54)-新屋小幡道分岐石標(12:11/28)-新屋峠(12:33)-摩利支天分岐(12:51)-671m 峰(12:34/49)-638m 峰(14:18)-小梨峠(14:28/32)-稲荷神社(15:00)-養浩院(15:18/23)-(15:29)上鹿島バス停[15:47]=(めぐるん上平線)=[16:24]群馬藤岡[16:56]=(JR八高線)=[17:11]高崎
<山行全体のルートマップ>
https://goo.gl/R30MiV
<キャプション付き写真アルバム>
https://goo.gl/photos/CRDf6hFGUJkgZGzd8
<類似山行記録多数の親ウエブ>
http://www.geocities.jp/y_saidajp/
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地図+コンパス 軽山靴 ヘッドランプ 中スパッツ ストック 雨具一式 テルモス(MS)+水瓶 常用薬 衛生袋 デジカメ タブレット モバイル・ルータ兼用スマフォ ハンディーGPS 予備電池・充電池
備考 Android タブレット上で動作する GPS ナビゲーション・ツール: 山旅ロガーGold+地図ロイドを利用したルートファインディングが非常に有効でした。

写真

感想/記録

卒寿が近づいて長年続けた山歩きの店仕舞いも間近か、という時期にあらためて故郷の山を見つめなおそうと吉井南山の藪ルート探訪を始めましたが、山歩きのフィールドとしてのルート整備は全く行われていないのと、山麓の廃村化の進行や台風被害による林道の荒廃などのため意外な苦労を強いられることとなりました。
北面からのアプローチに難点が多過ぎるように感じたので視点を変え、南面の日野谷からアプローチを試みたところ、天候と体調とにも恵まれて亀穴峠から小梨峠への尾根伝いに成功、吉井南山稜線の大部分をカバーできました。
訪問者数:157人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アプローチ 林道 GPS 倒木 廃道 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ