ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838619 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

英彦山

日程 2016年01月10日(日) [日帰り]
メンバー echoes001(記録), その他メンバー2人
天候曇りのち吹雪のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
今回は下山ルートを考慮して、キャンプ場に停めました。
他にクルマは1台だけでしたが、50台くらいは駐車可能と思います
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間0分
休憩
55分
合計
4時間55分
S英彦山野営場08:1008:10奉幣殿 水場08:50英彦山神宮(奉幣殿)08:5209:45産霊神社 水場10:25英彦山中岳10:3810:48英彦山11:2511:47英彦山中岳11:5013:05英彦山野営場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
北西尾根に感動
コース状況/
危険箇所等
危険箇所はありませんが、積雪も泥もかなり滑りました…チェンスパイクを利用しました
その他周辺情報シャクナゲ荘で日帰り温泉
過去天気図(気象庁) 2016年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 昼ご飯 行動食 飲料 計画書 ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

忍者バラクラバ
2016年01月10日 08:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
忍者バラクラバ
キュウシュウシカ〈少し小柄です〉
2016年01月10日 08:21撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キュウシュウシカ〈少し小柄です〉
7頭くらいいました
2016年01月10日 08:22撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7頭くらいいました
石段が続きます
2016年01月10日 08:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石段が続きます
ウメが咲いてます
2016年01月10日 08:59撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウメが咲いてます
中宮をこえて、標高を上げて行くと霜柱
2016年01月10日 09:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中宮をこえて、標高を上げて行くと霜柱
霧氷?
2016年01月10日 10:03撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷?
行者堂
2016年01月10日 10:11撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行者堂
寒々とした景色
2016年01月10日 10:13撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒々とした景色
幻想的な景色に見とれます
2016年01月10日 10:18撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幻想的な景色に見とれます
山頂まで200m
2016年01月10日 10:23撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まで200m
霧氷が風で飛ばされて、積もっていきます
2016年01月10日 10:25撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が風で飛ばされて、積もっていきます
中岳山頂、英彦山神社
2016年01月10日 10:31撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂、英彦山神社
中岳山頂
2016年01月10日 10:34撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中岳山頂
最高峰の南岳へ向かいます
2016年01月10日 10:39撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最高峰の南岳へ向かいます
南岳山頂はガスの中
2016年01月10日 10:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南岳山頂はガスの中
ヤマラーメンを食べてたら、突然ガスが晴れました
2016年01月10日 11:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマラーメンを食べてたら、突然ガスが晴れました
霧氷が溶け出します
2016年01月10日 11:19撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧氷が溶け出します
再び英彦山神社へ
2016年01月10日 11:40撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び英彦山神社へ
振り向いた南岳
2016年01月10日 11:41撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り向いた南岳
北西尾根のとっても素敵な樹
2016年01月10日 11:56撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根のとっても素敵な樹
上宮方向
2016年01月10日 11:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上宮方向
北西尾根
2016年01月10日 11:58撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根
北西尾根から青年の家方面
2016年01月10日 12:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西尾根から青年の家方面
素敵な樹
2016年01月10日 12:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な樹
上宮方向2
2016年01月10日 12:02撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上宮方向2
素敵な樹
2016年01月10日 12:04撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素敵な樹
ハシゴ
2016年01月10日 12:10撮影 by E-M5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハシゴ

感想/記録

週末に実家のある福岡に行っていました。きっかけは西日本新聞社発行の季刊誌「のぼろvol.10英彦山」を手にしたこと。小学生の頃、ななふし に出会った、石段の山という印象でした。ところが雑誌の写真〈北西尾根〉の風景が美しく、翌日には少し足を延ばして大分県との県境にある英彦山(ヒコサン)へ行ってきました。
福岡県では第二の高峰(1199m)かつては山伏3000人を抱える修験山で(豊臣に攻め滅ぼされた?)また佐々木小次郎の出身地ともされています。

8:00前にキャンプ場の駐車場に到着。駐車場から登山道まで九州自然歩道を移動してる間に7〜8頭のシカ(キュウシュウジカ;少し小柄)に遭遇。
特に逃げることなくゆっくりと歩いて立ち去りました。別所登山口から入山、神社で参拝参拝後は正面参道の石段をひたすら上がっていきます。
修験道のためか石段の一歩が大きい!山頂まで約2時間これが続くと厳しい!(男体山的厳しさ)
中腹で鎖場を過ぎると厳しさが緩みます、と同時に土が凍結、ちらほらと雪の形跡が見えます。1000mを越えたあたりからは雪景色。
荒涼とした美しさ。そして寒い。山頂の神社(上宮)は真っ白。風が吹くとやばいくらいに寒い。。。
お参りをしてから最高峰の南岳へ。滑ります。やばい!
なんとか登頂。風を避けながらラーメンの支度、すると突然の晴れ間。30分くらいの日光を浴びあっという間にエビのしっぽが解けていきます。
食事の後、中岳に折り返し、下山は北西尾根を使います。不思議な巨木を見ながら、草原と森を抜ける美しい道。
ブナの森をぬけて(急斜面あり)下山すると、ふもとは暖かくく春の陽気の別世界でした。

訪問者数:32人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ