ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 838741 全員に公開 ハイキング紀泉高原

桜咲く山中渓から雲山峰

日程 2016年04月02日(土) [日帰り]
メンバー anappleaday
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
電車
【起点】JR阪和線山中渓駅
【終点】JR阪和線六十谷駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間56分
休憩
33分
合計
4時間29分
S山中渓駅10:5611:11山中渓駅11:1811:40山中渓駅12:05銀の峰第1パノラマ12:1012:23四ノ谷山12:2413:29葛城二十八宿 第三番経塚 雲山峰13:3213:32雲山峰13:4714:01地蔵山14:0214:06青少年の森14:29井関峠14:59地蔵祠分岐15:0015:11大関橋15:25六十谷駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

山中渓駅に降り立つと、まずはお花見です。
2016年04月02日 10:53撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中渓駅に降り立つと、まずはお花見です。
1
阪和線の線路に沿って続く桜並木。今を盛りとばかりに咲き誇り、見ごたえがあります。
2016年04月02日 10:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阪和線の線路に沿って続く桜並木。今を盛りとばかりに咲き誇り、見ごたえがあります。
3
満開の桜の中を、特急くろしお号が走り抜けていきます。
2016年04月02日 11:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開の桜の中を、特急くろしお号が走り抜けていきます。
3
本陣跡や、風格あるたたずまいを見せる庄屋屋敷など、紀州街道の宿場町の面影を残す町並みを散策します。
2016年04月02日 11:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本陣跡や、風格あるたたずまいを見せる庄屋屋敷など、紀州街道の宿場町の面影を残す町並みを散策します。
2
山中川沿いをそぞろ歩き、
2016年04月02日 11:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山中川沿いをそぞろ歩き、
2
青空に映える淡紅色の花を愛でます。結局、山中渓界隈を2周してから、
2016年04月02日 11:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える淡紅色の花を愛でます。結局、山中渓界隈を2周してから、
3
ようやくお山に向かうこととなります。家並みを通り抜けて阪和自動車道のボックスカルバートをくぐると、ここから銀の峯ハイキングコースへ。
2016年04月02日 11:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやくお山に向かうこととなります。家並みを通り抜けて阪和自動車道のボックスカルバートをくぐると、ここから銀の峯ハイキングコースへ。
1
ジグザグを切りながら登って、
2016年04月02日 11:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジグザグを切りながら登って、
1
尾根上に出ると、第一パノラマ台に立ち寄ります。展望デッキの上に立つと、
2016年04月02日 12:09撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上に出ると、第一パノラマ台に立ち寄ります。展望デッキの上に立つと、
2
パノラマ台の名に相応しく、大阪湾と南泉州が一望の下で、対岸には淡路島や六甲山系が横たわり、目を凝らすと、明石海峡大橋が両者を取り持つ様子が見て取れます。
2016年04月02日 12:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
パノラマ台の名に相応しく、大阪湾と南泉州が一望の下で、対岸には淡路島や六甲山系が横たわり、目を凝らすと、明石海峡大橋が両者を取り持つ様子が見て取れます。
1
落ち椿が敷き詰められた道を先に進むと、
2016年04月02日 12:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち椿が敷き詰められた道を先に進むと、
1
登山道の周囲をミツバツツジが彩ります。
2016年04月02日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道の周囲をミツバツツジが彩ります。
2
府県境の尾根に達すると、左手に折れて、滝畑三等三角点が置かれた四ノ谷山に立ち寄ります。
2016年04月02日 12:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府県境の尾根に達すると、左手に折れて、滝畑三等三角点が置かれた四ノ谷山に立ち寄ります。
1
府県境尾根を進むと現れるのは、少々くたびれた火消しリスさん。何かとても苦労することがあったのか、しっぽの先まで真っ白となっています。
2016年04月02日 12:31撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
府県境尾根を進むと現れるのは、少々くたびれた火消しリスさん。何かとても苦労することがあったのか、しっぽの先まで真っ白となっています。
1
小刻みに起伏を繰り返す道を進み、砂岩の露岩を登っていくとミツバツツジがさらに目立つようになり、
2016年04月02日 12:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小刻みに起伏を繰り返す道を進み、砂岩の露岩を登っていくとミツバツツジがさらに目立つようになり、
1
赤紫色のトンネルを通り抜けるかのようです。
2016年04月02日 12:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤紫色のトンネルを通り抜けるかのようです。
3
雑木が茂る尾根道を進むと、
2016年04月02日 12:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑木が茂る尾根道を進むと、
1
ところどころ視界が開けるところがあり、行く手に目指す雲山峰を見定めます。
2016年04月02日 12:59撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころ視界が開けるところがあり、行く手に目指す雲山峰を見定めます。
関西電力の多奈二火力線36号鉄塔の下を通過し、
2016年04月02日 13:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
関西電力の多奈二火力線36号鉄塔の下を通過し、
岩場から、大阪湾に浮かぶ関西国際空港に目をやると、
2016年04月02日 13:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から、大阪湾に浮かぶ関西国際空港に目をやると、
1
鳥取池から上がってきた道と合流します。
2016年04月02日 13:19撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥取池から上がってきた道と合流します。
1
さらにひと登りで、葛城二十八宿第三番経塚の石祠が祀られた雲山峰の頂上に到着します。石祠の脇には紅白に咲き競うツバキ、足下にはスイセン、
2016年04月02日 13:29撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらにひと登りで、葛城二十八宿第三番経塚の石祠が祀られた雲山峰の頂上に到着します。石祠の脇には紅白に咲き競うツバキ、足下にはスイセン、
1
頭上を飾るのはヤマザクラ。昼食を済ませると頂上を後にして、
2016年04月02日 13:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上を飾るのはヤマザクラ。昼食を済ませると頂上を後にして、
1
平坦な道をしばらく進みます。やがて明るく開けた青少年の森の広場に達し、
2016年04月02日 14:06撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦な道をしばらく進みます。やがて明るく開けた青少年の森の広場に達し、
1
紀の川の河口に広がる和歌山市街を見渡します。この先は井関峠に向かうこととし、
2016年04月02日 14:04撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀の川の河口に広がる和歌山市街を見渡します。この先は井関峠に向かうこととし、
2
急坂を下ると、モチツツジや、
2016年04月02日 14:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急坂を下ると、モチツツジや、
2
ヤマツツジを眺めながら進み、
2016年04月02日 14:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジを眺めながら進み、
2
東屋が建つ井関峠に降り立ちます。
2016年04月02日 14:28撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋が建つ井関峠に降り立ちます。
1
この先は、山肌を淡い色に染めるヤマザクラを背に下ります。
2016年04月02日 14:36撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は、山肌を淡い色に染めるヤマザクラを背に下ります。
井関橋で墓ノ谷と合流し、六十谷駅を目指して千手川に沿ってだらだらと下ります。
2016年04月02日 14:47撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
井関橋で墓ノ谷と合流し、六十谷駅を目指して千手川に沿ってだらだらと下ります。
1
撮影機材:

感想/記録

山中渓の桜は見ごたえがありましたが、雲山峰への道中も、ミツバツツジやヤマザクラに彩られ、お花の競演が楽しめました。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ