ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843046 全員に公開 山滑走札幌近郊

喜茂別岳(スキー)

日程 2016年04月10日(日) [日帰り]
メンバー shake1987
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間40分
休憩
13分
合計
3時間53分
S深雪橋右岸側07:2709:59喜茂別岳10:1211:20深雪橋右岸側G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
古い機種のGPSのため、ログが飛んだり切れたりしてます。御容赦ください。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Explorer 95_177cm Vipec12 クトー
共同装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 ブーツ ザック ビーコン スコップ ゾンデ 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯電話 時計 サングラス ツェルト ストック ナイフ カメラ シール 無線機 ミラー メタ コッヘル

写真

深雪橋の右岸側の袂には、何台もおける駐車スペースがある。
2016年04月10日 07:24撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深雪橋の右岸側の袂には、何台もおける駐車スペースがある。
喜茂別岳を望む。雲の流れが速い。
2016年04月10日 07:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜茂別岳を望む。雲の流れが速い。
送電線の鉄塔のそばを通る。
2016年04月10日 08:20撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
送電線の鉄塔のそばを通る。
尾根から喜茂別岳、黒川源頭部を望む。尾根側面や沢にはクラックが発生している。
2016年04月10日 09:18撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根から喜茂別岳、黒川源頭部を望む。尾根側面や沢にはクラックが発生している。
2
登ってきた尾根を振り返る。下りの際は向かって右の樹林帯の中をトラバースすると登り返しにならない。後ろに尻別山。
2016年04月10日 09:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた尾根を振り返る。下りの際は向かって右の樹林帯の中をトラバースすると登り返しにならない。後ろに尻別山。
2
と、羊蹄山。頂上付近は風が強そうだ。
2016年04月10日 09:47撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
と、羊蹄山。頂上付近は風が強そうだ。
3
頂上から見た、黒川源頭部斜面と登ってきた尾根。
2016年04月10日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から見た、黒川源頭部斜面と登ってきた尾根。
2
頂上から望む、中岳、無意根山。
2016年04月10日 10:08撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上から望む、中岳、無意根山。
2
頂上の標。頂上には、中山峠から来たと思われるスノーモービルの集団がいたが、しばらくすると無意根山の方へ走り去って行った。
2016年04月10日 10:10撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上の標。頂上には、中山峠から来たと思われるスノーモービルの集団がいたが、しばらくすると無意根山の方へ走り去って行った。
3
下り斜面。頂上付近はカリカリにクラストしていたが、下は気持ちの良いザラメとなっていた。
2016年04月10日 10:46撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り斜面。頂上付近はカリカリにクラストしていたが、下は気持ちの良いザラメとなっていた。
1
下りはあえて黒川の左岸ルートを行ってみた。渡渉のタイミングが少々遅かった為、スノーブリッジをスキーを担いで渡った。
2016年04月10日 11:05撮影 by PENTAX Optio WG-2 GPS, PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはあえて黒川の左岸ルートを行ってみた。渡渉のタイミングが少々遅かった為、スノーブリッジをスキーを担いで渡った。
1

感想/記録

今回は、事情により近郊で短いルートを選択した。
 雪はもうザラメとなっており、春山シーズンの本格的な到来を感じさせる。天気は下り坂という予報で、上空には強い風の存在を知らせる雲が流れていたが、下山まで申し分ない天気に恵まれ、気持ち良い散歩が出来た。ここは適度な傾斜の疎林帯となっており、新雪の時期は楽しそうだ。
訪問者数:469人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

渡渉 右岸 左岸 スノーブリッジ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ