ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 843560 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

猿焼山〜今倉山〜赤岩〜二十六夜山(戸沢の森から周回)

日程 2016年04月09日(土) [日帰り]
メンバー amemiyoukojiroh18
天候晴れのち薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
戸沢の森駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間52分
休憩
3時間16分
合計
10時間8分
Sスタート地点06:2007:52猿焼山(城ヶ丸)07:5408:02猿焼山(東峰)08:0708:49エビラ沢ノ頭09:0309:42パラジマノ頭10:10西ヶ原ノ台10:2410:59今倉山(東峰)11:0011:12御座入山(今倉山:西峰)11:27西ヶ原(パラジマ沢分岐)11:38赤岩(松山)11:4411:50昼食14:1514:27中ノ沢ノ頭14:53二十六夜山(道志二十六夜山)14:5815:26仙人水15:2816:18芭蕉月待ちの湯16:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
○711m地点への登り
けもの道?踏み跡?のようなところを登る。藪もほとんどなく、急登ですべるが危険はない。

○猿焼山〜今倉山
バリルートのため道標はほとんどなし。道はアップダウンがあるが、藪もなく歩きやすい。道ははっきりしている。猿焼山からなどの下りは方向を注意して道を進むこと。

○今倉山〜赤岩〜二十六夜山〜戸沢
一般登山道できれいに整備されている。
その他周辺情報「芭蕉月待ちの湯」は、温泉施設の改修工事実施のため現在休業中。芭蕉月待ちの湯HPによると平成28年4月16日(土)リニューアルオープンとのこと。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え サンダル ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 携帯 時計 タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ

写真

「月待ちの湯」の先にある戸沢の森駐車場を出発。
2016年04月09日 06:34撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「月待ちの湯」の先にある戸沢の森駐車場を出発。
桜はこれから
2016年04月09日 06:35撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜はこれから
戸沢川の橋を渡り、適当なところから取付く。
2016年04月09日 06:53撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸沢川の橋を渡り、適当なところから取付く。
植林体ではなく、広葉樹の明るいところを登る。
2016年04月09日 06:58撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林体ではなく、広葉樹の明るいところを登る。
取付いてから15分ほどで711m点に着いた。
2016年04月09日 07:07撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付いてから15分ほどで711m点に着いた。
猿焼山登山道と合流。
2016年04月09日 07:27撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿焼山登山道と合流。
賽銭箱がある。
2016年04月09日 07:31撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
賽銭箱がある。
タチツボスミレ
2016年04月09日 07:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ
猿焼山(城ヶ丸)
2016年04月09日 07:53撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿焼山(城ヶ丸)
東峰に到着
2016年04月09日 08:01撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東峰に到着
猿焼山東峰
やはり猿があった。
2016年04月09日 08:02撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿焼山東峰
やはり猿があった。
1
檜の植林の境を降りる。
2016年04月09日 08:07撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜の植林の境を降りる。
以下ルート状況です。
2016年04月09日 08:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下ルート状況です。
直線的で歩きやすい道。
2016年04月09日 08:27撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直線的で歩きやすい道。
たまに岩が出てくる。
2016年04月09日 08:29撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまに岩が出てくる。
倒木が時々ある。
2016年04月09日 08:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が時々ある。
夏になると歩きにくくなりそう。
2016年04月09日 08:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏になると歩きにくくなりそう。
ここだけ、フカフカの苔絨毯。
2016年04月09日 08:42撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここだけ、フカフカの苔絨毯。
このルートの中ではハードなところ。
2016年04月09日 08:45撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このルートの中ではハードなところ。
やせ尾根でチョット注意が必要。
2016年04月09日 08:46撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根でチョット注意が必要。
若木で少し道が薄くなっているが、見失うほどではない。
2016年04月09日 09:26撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若木で少し道が薄くなっているが、見失うほどではない。
この辺一帯、かなり派手に猪が盛り返して、地面がフカフカ状態。
2016年04月09日 09:26撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺一帯、かなり派手に猪が盛り返して、地面がフカフカ状態。
明るくて気持ちがいい。
2016年04月09日 09:48撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて気持ちがいい。
西ヶ原ノ台
古いプレハブがある。
2016年04月09日 10:12撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ヶ原ノ台
古いプレハブがある。
懐かしい脚のあるテレビ。
兵(ツワモノ)共の夢の跡か?
2016年04月09日 10:13撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
懐かしい脚のあるテレビ。
兵(ツワモノ)共の夢の跡か?
トリカブトが芽を出している。
2016年04月09日 10:40撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トリカブトが芽を出している。
今倉山西峰と東峰の鞍部へ直接向かう。
2016年04月09日 10:50撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山西峰と東峰の鞍部へ直接向かう。
今倉山東峰と西峰の暗部で一般登山道に出る。
2016年04月09日 10:57撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山東峰と西峰の暗部で一般登山道に出る。
今倉山(東峰)山頂。
2016年04月09日 10:58撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今倉山(東峰)山頂。
1
西ヶ原
2016年04月09日 11:26撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ヶ原
赤岩山頂
2016年04月09日 11:39撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岩山頂
1
辛うじて富士山が見える。
2016年04月09日 11:39撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛うじて富士山が見える。
今日の昼はホットサンド。
食パン一斤。山ではあまり見かけない。
2016年04月09日 12:00撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の昼はホットサンド。
食パン一斤。山ではあまり見かけない。
作る楽しみ・・・・。
やはり、作るのに時間がかかる。
2016年04月09日 12:22撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
作る楽しみ・・・・。
やはり、作るのに時間がかかる。
出来上がり→食べる楽しみ。
美味しかった。
2016年04月09日 12:34撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出来上がり→食べる楽しみ。
美味しかった。
「サイレンが鳴ったら安全なところに移動」とあるが、安全なところって、どこ???
2016年04月09日 14:36撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「サイレンが鳴ったら安全なところに移動」とあるが、安全なところって、どこ???
ポカポカ陽気に早くも蛇が出てきた。
ヂムグリと思われる。
2016年04月09日 14:39撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ポカポカ陽気に早くも蛇が出てきた。
ヂムグリと思われる。
二十六夜山山頂。
2016年04月09日 14:53撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二十六夜山山頂。
1
「二十六夜」ってこう言う字を書くんだ!
2016年04月09日 14:58撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「二十六夜」ってこう言う字を書くんだ!
明るくて歩きやすい道を、グングン下る。
2016年04月09日 15:09撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明るくて歩きやすい道を、グングン下る。
ここから尾根を下降
2016年04月09日 15:18撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根を下降
仙人水。
柔らかくて美味しかったので、1Lのペットに入れてお持ち帰り。
楽しみに帰宅したら950cc流出。ザックが悲惨なことに (-_-;)
2016年04月09日 15:27撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仙人水。
柔らかくて美味しかったので、1Lのペットに入れてお持ち帰り。
楽しみに帰宅したら950cc流出。ザックが悲惨なことに (-_-;)
1
かっちゃ石。
「かっちゃ坊」生活の跡地だそうだ???
2016年04月09日 15:33撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっちゃ石。
「かっちゃ坊」生活の跡地だそうだ???
いきなり通行不可!
迂回ルートに指示がないので、適当なところを探して渡る。
2016年04月09日 15:49撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり通行不可!
迂回ルートに指示がないので、適当なところを探して渡る。
舗装路に出た。
2016年04月09日 15:58撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路に出た。
きれいな畑。
2016年04月09日 16:04撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きれいな畑。
一般道に出た。
ここを右折。
2016年04月09日 16:07撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道に出た。
ここを右折。
体験交流施設「種徳館」と和風コテージ「一位の宿」
2016年04月09日 16:12撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体験交流施設「種徳館」と和風コテージ「一位の宿」
月待ちの湯(休館中、次週4/16リニューアルオープン)
2016年04月09日 16:17撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月待ちの湯(休館中、次週4/16リニューアルオープン)
無事帰着。
2016年04月09日 16:19撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事帰着。
駐車場下、ここから取付けばよかった。
2016年04月09日 16:19撮影 by Canon PowerShot G9, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場下、ここから取付けばよかった。
撮影機材:

感想/記録

今日は時間に余裕があるコースなので、前から山で作ってみようと考えていたホットサンドに挑戦する。
食パンはつぶれないように容器に入れ、
かさばるホットサンドメーカー(バウルー)をわざわざ持っていき、
手間暇かけてつくりました。
非常に美味しかったけど、やはり時間がかかり大変。
結局、食後のコーヒーや片付けで昼食に2時間以上。
当分、山でホットサンドを作ることは無いでしょう。

感想/記録

<取付き〜711m点>
針葉樹の植林帯と落葉樹林帯があるが、明るい落葉樹林帯を登った。こちらのほうが潅木が多く、つかまる木が多いので登りやすそうだった。
しかし、帰りに気がついたが、月待ちの湯と駐車場の間にある芝生広場から「沢の小道」というのがあり、ここで沢を渡って取付いたほうが登りやすそうだった。

<711m点〜今倉山>
道はハッキリしており、ヒノキの綺麗な植林帯、明るいブナ・ミズナラの樹林帯、やせ尾根の岩稜帯など変化に富んだルートで、歩いていて気持ちがいいところだった。
アップダウンは、直線的な道で急登、急降下なところが一般登山道とは違う雰囲気かも。

<今倉山〜赤岩〜二十六夜山〜戸沢>
一般登山道できれいに整備されていて、ゆったり歩けるハイキングコースの雰囲気だった(時間の関係でスタスタ歩いたが)。
赤岩、二十六夜山からは綺麗な富士山が見えるはずだが、霞がかかっていてやっと見える状態だった。ただ、それまで3週連続、隣の山も見えない山行だったので、久々にすっきりした。
もう一つ印象的だったのが、仙人水。岩の割れ目から湧き出していて、何故か惹かれた。飲んでみると軟らかくて甘く感じ、美味しかったので、1リットルのペットボトルに汲んで帰った。「これでコーヒーを飲んだら美味しいだろーナー」と楽しみにしながら帰ったが、帰宅してペットボトルを取出したら、何と殆どない! キャップが斜めに噛み合わさっており、ザックの中が悲惨なことになっていた。車は座布団が多少濡れた程度で、シートまで被害が及ばなかったのは幸いだった。

<本日の教訓>
◆ 水を汲んだときは、ボトルの栓をしっかり締める!
訪問者数:211人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ