ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846483 全員に公開 ハイキング近畿

俱留尊山へ 曽爾高原より

日程 2016年04月11日(月) [日帰り]
メンバー furuhiro
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名阪 上野ICより名張市経由
曽爾高原へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間0分
休憩
20分
合計
2時間20分
S曽爾高原駐車場11:4012:00亀山峠12:20二本ボソ12:40倶留尊山13:0013:20二本ボソ13:30亀山峠13:50亀山14:00曽爾高原駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
<往路>
 5:00 安曇野穂高発 名阪 上野IC 名張経由
11:30 曽爾高原駐車場着

<復路>
14:10 駐車場発 お亀の湯へ
16:20 宇陀市室生 民宿むろう泊
コース状況/
危険箇所等
特に問題ない
入山料500円必要(私有地通過)
その他周辺情報お亀の湯 湯質つるつる
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

曽爾高原駐車場600円
ここのおじいさん最高にかわいい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原駐車場600円
ここのおじいさん最高にかわいい!
お亀池
湿原・ススキ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お亀池
湿原・ススキ
高度を上げるに絶景が広がる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度を上げるに絶景が広がる
曽爾高原の絶景
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
曽爾高原の絶景
2
二本ボソの小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本ボソの小屋
入山料500円
私有地を通過する
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入山料500円
私有地を通過する
二本ボソから俱留尊山頂
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本ボソから俱留尊山頂
2
イワシの口からの絶景
高見山と三峰山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワシの口からの絶景
高見山と三峰山
2
二本ボソから山頂へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本ボソから山頂へ
山頂から見た二本ボソ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見た二本ボソ
二本ボソの下りから
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本ボソの下りから
1
二本ボソへの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二本ボソへの稜線
2
亀山からの眺望
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
亀山からの眺望

感想/記録

2016(平成28年)4月11日(月)

俱留尊山へ

「お亀池 ススキ焼かれ 俱留尊山」

4月11日(月)から
「300名山紀伊半島北部6山」の山へと出発した。
6山とは、
俱留尊山、三峰山、高見山、龍門岳、金剛山、大和葛城山
計画では一日1山、5泊6日の予定だ。

その第一日目の山が俱留尊山(くろそやま)
名張市から山深い道を曽爾(そに)高原へと進む。
曽爾高原青少年自然の村入口手前の登山者用駐車場へ
優しそうなおじいさんが600円の要求と
曽爾高原のパンフレットを持ってきた。

駐車場の目の前が登山口
登山口を50mほど進むと
いきなりすり鉢状のすすぎの広がる湿原が現われた。
お亀池とは言うもののほとんどススキと湿原地帯だった。
枯れススキも多いが、
焼かれたのだろう焼け跡も残ってもいた。

お亀池がすり鉢の底とすると
目の前に二本ボソへの稜線、亀山の壁が立ちはだかる。
すり鉢の底を歩きその壁を亀山峠まで登る。
登るにつれてお亀池の広大さ周辺の山々の絶景が広がる。

亀山峠から見る眺望は迫力もあり俱留尊山の名山たる証を知りえた。
峠から稜線を登り詰めると小屋が現われる。
ここが二本ボソと言われる小ピークになる。
そしてここから山頂までが私有地ということで
入山料500円が必要となる。

二本ボソからようやく俱留尊山の山頂が伺える。
二本ボソから20分ほど下り登ると山頂へと到着する。
山頂からは山並みの名前こそわからないが、
美しい稜線を持つ山々の姿が見渡せた。

帰りは二本ボソにイワシの口という場所があったので立ち寄った。
二本ボソから少し下るだけなのだが
そこからはこれから登るであろう
ピラミッド状の高見山となだらかな稜線を持つ三峰山が望めた。

さらに亀山へと峠の先を進み
お亀池の入口へと下山した。
お亀池の周りには早くも野外活動の子供たちの姿が見られた。

あっという間の山へであったが紀伊半島にも
これだけ雄大な草原地帯を持つ山があったことを初めて知った。
これからの山が楽しみになった。

帰り際
駐車場のおじいさんが手を振って笑顔で見送ってくれたことが
なんだか印象的でこの山旅がさらに楽しくなった。
笑顔、手を何気なく振る。
些細なことだが大切なコミュニケーションだ。

ふるちゃん
訪問者数:333人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

高原 草原
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ