ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 846612 全員に公開 ハイキング富士・御坂

芦川〜大栃山、達沢山*虹へ*B,M*

日程 2016年04月16日(土) 〜 2016年04月17日(日)
メンバー kimichin2
天候晴れ、雨
アクセス
利用交通機関
電車バス
第1日 〜高尾駅発6:14 河口湖駅着7:44、 発7:58(富士急バス、640円) 8:31芦川農産物直売所BS着8:31
檜峰神社前BS発15:26(富士急バス、650円)開田碑前BS着15:48、発16:12(バス、280円)河口湖駅着16:22
第2日 河口湖駅発5:57(バス、810円)立沢BS着6:23
立沢BS発9:40(バス、810円)河口湖駅着10:08、発11:35(東名高速バス、1,800円)〜
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間8分
休憩
1時間46分
合計
7時間54分
S芦川農産物直売所08:4009:02鳥坂トンネル09:0309:15鳥坂峠09:20鳥坂山10:45金岩11:07神座山11:1211:39鳶巣峠11:4212:17大栃山13:0413:00鳶巣峠13:41檜峯神社13:4514:47檜峰神社前バス停15:3316:30河口湖
2日目
山行
3時間34分
休憩
8分
合計
3時間42分
河口湖05:5706:27立沢バス停06:3007:27林道終点08:00京戸山分岐08:10達沢山08:1509:39立沢バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
第1日 金岩の岩場、予想外に手強く楽しい。
その他周辺情報河口湖駅前「絃」の「甲州ビーフカレー」:昨年11月以来なかなか食べられなかったが、やはり美味い。
河口湖駅舎内「信玄餅ソフト」、やはり美味い。

写真

今日も終始1名。ありがとうございました。日英中、3か国語堪能の素敵な女性運転手でした。
2016年04月16日 08:36撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も終始1名。ありがとうございました。日英中、3か国語堪能の素敵な女性運転手でした。
4
芦川農産物直売所を出発、鳥坂峠へ。
2016年04月16日 08:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦川農産物直売所を出発、鳥坂峠へ。
2
新鳥坂トンネルの左手から林道へ。
2016年04月16日 08:55撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新鳥坂トンネルの左手から林道へ。
3
芦川村も笛吹市に統合された。
2016年04月16日 09:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦川村も笛吹市に統合された。
2
およそ10分で鳥坂峠。道標には村名が残る。
2016年04月16日 09:13撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
およそ10分で鳥坂峠。道標には村名が残る。
4
三角点を越える。
2016年04月16日 09:19撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点を越える。
1
このマークたちを追う。
2016年04月16日 09:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このマークたちを追う。
2
踏み跡薄くなるも尾根を外さなければ問題なし。
2016年04月16日 09:58撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡薄くなるも尾根を外さなければ問題なし。
2
1276m、今日二つ目のピーク。樹間から神座山が見える。
2016年04月16日 10:05撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1276m、今日二つ目のピーク。樹間から神座山が見える。
2
1309mピークを過ぎる。
2016年04月16日 10:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1309mピークを過ぎる。
2
無風爽やか、発汗を抑えるのに適度な気温。
2016年04月16日 10:28撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無風爽やか、発汗を抑えるのに適度な気温。
2
金岩に近づくに連れ岩が増える。
2016年04月16日 10:35撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金岩に近づくに連れ岩が増える。
3
ロープ、鎖無しの岩場。雨の日は厳しいかもしれない。
2016年04月16日 10:37撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ、鎖無しの岩場。雨の日は厳しいかもしれない。
3
さすがにここは道ではなかろう。直登を嫌い迂回しようとしたが、ほかに道は無し。
2016年04月16日 10:46撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがにここは道ではなかろう。直登を嫌い迂回しようとしたが、ほかに道は無し。
4
金岩を通過し、東に釈迦が岳を望む。
2016年04月16日 11:07撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金岩を通過し、東に釈迦が岳を望む。
3
神座山。ここも眺望なし。
2016年04月16日 11:08撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神座山。ここも眺望なし。
3
前方に大栃山が現れる。
2016年04月16日 11:22撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に大栃山が現れる。
2
鳶巣峠。大栃山まで1時間10分とあるが、40分あまりの行程で着く。
2016年04月16日 11:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳶巣峠。大栃山まで1時間10分とあるが、40分あまりの行程で着く。
2
大栃山。天候に恵まれれば富士山が見えるはずだが。
2016年04月16日 13:02撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大栃山。天候に恵まれれば富士山が見えるはずだが。
2
今日も静けさの中、ゆっくりとコーヒーが飲める。感謝。
2016年04月16日 12:24撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も静けさの中、ゆっくりとコーヒーが飲める。感謝。
5
富士見えず。反転しても奥秩父、南アも望めない。ただ「リニア」だけがくっきりと。
2016年04月16日 12:26撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見えず。反転しても奥秩父、南アも望めない。ただ「リニア」だけがくっきりと。
2
檜峰神社。独り静かに参詣する。
2016年04月16日 13:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜峰神社。独り静かに参詣する。
3
薬王水。掌で受けていただく。冷たく甘く美味しい。
2016年04月16日 13:44撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬王水。掌で受けていただく。冷たく甘く美味しい。
4
鹿除けゲート。ついでに車も止めて。
2016年04月16日 14:20撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿除けゲート。ついでに車も止めて。
1
達沢山。明日、暴風の中、登れるだろうか。
2016年04月16日 14:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達沢山。明日、暴風の中、登れるだろうか。
2
山頂から見下ろした「リニア」が眼前を横切る。
2016年04月16日 14:40撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見下ろした「リニア」が眼前を横切る。
1
結界を抜けてコーラの待つ俗世へ。
2016年04月16日 14:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結界を抜けてコーラの待つ俗世へ。
3
檜峰神社前バス停で一気に飲み、ゆっくりと記録を付ける。
2016年04月16日 14:52撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜峰神社前バス停で一気に飲み、ゆっくりと記録を付ける。
2
バス車中から、富士山、河口湖そして桜。
2016年04月16日 16:18撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス車中から、富士山、河口湖そして桜。
2
夕刻、国際色豊かな河口湖駅にて。山中見られなかった富士を大切に望む。
2016年04月16日 16:29撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕刻、国際色豊かな河口湖駅にて。山中見られなかった富士を大切に望む。
3
翌朝の富士は雲を吸い寄せるかのごとく。
2016年04月17日 05:44撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝の富士は雲を吸い寄せるかのごとく。
2
立沢バス停に立つ。予想外の日差しに戸惑う。
2016年04月17日 06:30撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立沢バス停に立つ。予想外の日差しに戸惑う。
3
西の空に虹。ゴブリンよ、食べないでくれ。5秒後に消えた。
2016年04月17日 06:29撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の空に虹。ゴブリンよ、食べないでくれ。5秒後に消えた。
5
登山口でストレッチ、準備を整える。今日は不本意ながらピストン、時間との闘い。
2016年04月17日 06:41撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口でストレッチ、準備を整える。今日は不本意ながらピストン、時間との闘い。
2
ゆっくりと読んでる時間は無い。撮っておこう。
2016年04月17日 06:59撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくりと読んでる時間は無い。撮っておこう。
2
林道終わり、登山道へ。今のところ雨風無し。このまま降雨の時間がずれてくれれば勝沼へ下りられるのに。
2016年04月17日 07:27撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道終わり、登山道へ。今のところ雨風無し。このまま降雨の時間がずれてくれれば勝沼へ下りられるのに。
2
植林帯を登る。今日は強風を凌いでくれる。
2016年04月17日 07:34撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林帯を登る。今日は強風を凌いでくれる。
2
象足の巨木。
2016年04月17日 07:48撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
象足の巨木。
3
タイミングを見計らい、稜線に出る。予想どおりの強風が吹き荒れていた。
2016年04月17日 07:59撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タイミングを見計らい、稜線に出る。予想どおりの強風が吹き荒れていた。
2
達沢山。2時間10分を1時間40分、77パーセント。予定より1本早いバスで戻れそうだ。
2016年04月17日 08:16撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
達沢山。2時間10分を1時間40分、77パーセント。予定より1本早いバスで戻れそうだ。
5
御坂山地を望む。小雨はレインハットで凌げても、強風は防げない。たまらず屈んでやり過ごす。
2016年04月17日 08:08撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御坂山地を望む。小雨はレインハットで凌げても、強風は防げない。たまらず屈んでやり過ごす。
2
次回は前方の破線ルートへ。
2016年04月17日 08:25撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回は前方の破線ルートへ。
2
もう間もなく青葉の季節。
2016年04月17日 09:20撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう間もなく青葉の季節。
5
立沢に戻る。雲間から青空が覗く。往復3時間の登山だが仕方ない。この後は強雨がやって来る。
2016年04月17日 09:39撮影 by 304SH, SHARP
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立沢に戻る。雲間から青空が覗く。往復3時間の登山だが仕方ない。この後は強雨がやって来る。
2

感想/記録

 このコースは飽きない。以前、釈迦ヶ岳へ登る際のコースとして考えていたが、こんなにも変化に富んだ道とは予想していなかった。眺望は望めないが、幾つかのピークを越え、岩場に迎えられるうちに、何より大切な、静かな山歩きを実感できる。
 昨年末の3日連続日帰り登山を振り返りながら、二日間の山歩きを満喫できるよう慎重に組み立ててきた。が、1週間前から出始めた悪天候の予報により、幾つかのショートコースを用意することとなった。河口湖を拠点としたため、どちらの山も二日目に設定することが可能であったが、初日に芦川から大栃山に達するコースを選び結果的に正解だった。
 河口湖駅から芦川農産物直売所に向かう。女性の運転手、乗客は独り、湖畔の桜は満開、富士によく似合っていた。出発前に、英語、中国語が堪能で、きれいな声の持ち主であることはわかっていた。大石峠下2.5キロメートルの長いトンネル通過の際、窓に映った横顔が一層元気を与えてくれた。
 神座山も大栃山もどちらも地味な山であるが、晴天の土曜のせいか、山中では数名に挨拶をした。下りの長い林道歩きも苦にならないほど、実に爽やかで気持ちの良い山歩きとなった。そして締めくくりは、あのビーフカレー。半年ぶりに食べたが、やはり楽しみにしてきた甲斐があった。

 何度見ても、気象予報士は、低気圧による前線が暴風雨をもたらすと繰り返していた。眠りに就く前に、朝一番の高速バスを予約した。深夜、窓に叩き付ける強風に目を覚まされるたびに、山への執着が薄れていった。翌朝、駅前、富士は薄雲にその姿を消そうとしていたが、風は弱まっていた。一瞬、独りしか乗車していない高速バスに惹かれたが、結局、計画変更による「短期決戦登山」を選んだ。
 バスを降り、思わぬ日差しに目を細め、振り返ると虹が出ていた。一瞬の光景に、前日経験した、元気な歩き始めを思い出した。時折、雨粒が頬を伝って落ちる程度の雨風だった。このまま保ってくれれば、計画どおり勝沼への下山も可能ではないか、そんな期待を胸に林道を歩く。
 やがて登山道へ。高度を上げるに連れ徐々に風が強まる。植林帯ゆえ、或る程度凌げているが、上空で吹き荒ぶ風の音は、あざ笑うかの如く微かな期待を打ち砕く。稜線に達する直前で態勢を整え、突風に備えた。
 雨風の強まる11時までには下山したい。風雨に晒されるのは嫌だ。写真を何枚か撮ったのち、山頂をあとにした。上り同様コースタイムの8割程度で下れば1本早いバスに乗れる。久しぶりの快速下山を楽しもう。30分後、雨は本降りになった。もはや弱まることはないだろう。ストックを仕舞い、傘を取り出した。
 それにしても河口湖駅には外国人が多くなった。日本語を話す人を見つける方が難しい。信玄餅ソフトを食べようと席を立った時、隣にザックを背負った女性が座った。思わず二つ注文してしまった。渡してから初めて気づいた。「Thank you!」、その微笑みに、今日の物足りなさが消えるのを感じた。やがて短い1時間が過ぎ、バスの乗車を知らせるアナウンスが流れた。席を立ってから告げた「Have a nice trip!」に、イタリアから来たその人は「ありがと」で返してくれた。
 最後列から見渡すと、やはり国際色豊かである。欧米の方々が増えたせいか車内は静か、ぐっすり眠れそうだ。晩春の嵐の中、渋谷に向かってひた走る車窓に、かの微笑みとあの虹が重なり合った。
訪問者数:298人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/24
投稿数: 463
2016/4/21 13:25
 無事下山されて本当によかったです
kimichin2様
こんにちは。

2日間の山行お疲れ様でした。
特に17日午前中に下山できて本当によかったです。
午前中から強風でしたが、午後は雨も加わりました。
kimichin2さん、かなり計算されて登られていらした御様子で、さすがです!!

強風の中、虹も富士山も見ることができて本当によかったです。
下山後のお楽しみも満喫された御様子で、私もいただきたくなりました。

次回はお天気に恵まれて、穏やかな山行になりますように!!
登録日: 2013/9/19
投稿数: 68
2016/4/21 21:25
 前泊拠点の甲府と河口湖、食の楽しみが増えてきました。
reochi19様
2日目、計画段階ではもっと歩き、もっと疲労困憊になって温泉に飛び込むはずだったので、少し無理してでも北へ抜けることを考えたのですが、標高1500メートル足らずであの風に逆らって後悔したくありませんでした。どうもこのところ、慎重になりすぎているのかもしれませんが、まだまだ沢山登りたい山があるので、やはり臆病でいます。reochi19さんも無理せず、楽しい登山を!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ