ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 849559 全員に公開 ハイキング甲信越

高山(こうざん) 魚沼の静かな里山

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー Forest21
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■関越自動車道・大和スマートICから車で15分。JR浦佐駅からですと、徒歩5分です。
■カーナビは「雪国おくにじまん会館(025-777-4535)」にセットするといいです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間8分
休憩
49分
合計
3時間57分
S毘沙門堂駐車場10:2910:37三十三番観音めぐりコース入口11:27第16番観音・分岐点11:46高山12:3513:02第16番観音・分岐点13:32沢ルートに入る14:05沢ルートを出る14:20毘沙門堂・普光寺14:26毘沙門堂駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■1→3番観音区間は沢歩きとなります。やや危険箇所もあるため注意してください。靴を濡らしたくない方は、長靴をオススメします。
■16→33番観音区間の尾根を歩いて高山山頂をピストンするだけでしたら、特別に危険箇所はありません。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ファーストエイドキット 日焼け止め 携帯 時計 タオル ストック カメラ 熊鈴

写真

『高山(483m)』はJR浦佐駅のすぐ裏、「毘沙門堂」から登る魚沼の里山。写真右のピークになります。中央の白い建物は、平成27年6月に出来たばかりの魚沼基幹病院です。
2016年04月20日 10:09撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『高山(483m)』はJR浦佐駅のすぐ裏、「毘沙門堂」から登る魚沼の里山。写真右のピークになります。中央の白い建物は、平成27年6月に出来たばかりの魚沼基幹病院です。
2
【毘沙門堂・駐車場】
関越自動車道・大和スマートICから車で15分、毘沙門堂の駐車場に到着。スペースは20台ほど。すぐ隣に「雪国おくにじまん会館」があり、広い駐車場&おみやげ&トイレがあります。
2016年04月20日 10:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【毘沙門堂・駐車場】
関越自動車道・大和スマートICから車で15分、毘沙門堂の駐車場に到着。スペースは20台ほど。すぐ隣に「雪国おくにじまん会館」があり、広い駐車場&おみやげ&トイレがあります。
2
10時30分、支度を整えて歩き始めます。毘沙門堂の奥へと進みます。ちなみにこの「浦佐毘沙門堂・普光寺」は、JR浦佐駅から徒歩5分です。
2016年04月20日 10:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10時30分、支度を整えて歩き始めます。毘沙門堂の奥へと進みます。ちなみにこの「浦佐毘沙門堂・普光寺」は、JR浦佐駅から徒歩5分です。
3
【浦佐毘沙門堂・普光寺】
歴史あるこの毘沙門堂は、日本三大奇祭「裸押合大祭」でも有名です。
http://www.pref.niigata.lg.jp/minamiuonuma_kikaku/1349733696169.html
2016年04月20日 10:36撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【浦佐毘沙門堂・普光寺】
歴史あるこの毘沙門堂は、日本三大奇祭「裸押合大祭」でも有名です。
http://www.pref.niigata.lg.jp/minamiuonuma_kikaku/1349733696169.html
2
「西山遊歩道・三十三番観音めぐりコース」を進みます。登り切った展望台から分岐し、高山に登る道があるのです。周辺の散策マップはこちら。
http://www.senjuin.or.jp/201304nishiyamasansaku.pdf
2016年04月20日 10:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「西山遊歩道・三十三番観音めぐりコース」を進みます。登り切った展望台から分岐し、高山に登る道があるのです。周辺の散策マップはこちら。
http://www.senjuin.or.jp/201304nishiyamasansaku.pdf
数メートル先にこんな標示がありました。水害被害のため「短靴では濡れます…」と書いてあります。でも、長靴は持ってきていないから、そのまま進むしかありません…(^^;)
2016年04月20日 10:38撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
数メートル先にこんな標示がありました。水害被害のため「短靴では濡れます…」と書いてあります。でも、長靴は持ってきていないから、そのまま進むしかありません…(^^;)
1
立ち並ぶお墓の脇を通過し、石段を登ってスタートです。年季の入った石段に歴史を感じます。
2016年04月20日 10:42撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち並ぶお墓の脇を通過し、石段を登ってスタートです。年季の入った石段に歴史を感じます。
トキワイカリソウがたくさん咲いていました♪他にも、ピンク色やホワイトもありました。
2016年04月20日 10:45撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トキワイカリソウがたくさん咲いていました♪他にも、ピンク色やホワイトもありました。
5
お墓脇の石段から登ること10分で、早くも左『越後駒ヶ岳(2002.7m)』と右『八海山(1778m)』がバックに見えてきました!
2016年04月20日 10:53撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お墓脇の石段から登ること10分で、早くも左『越後駒ヶ岳(2002.7m)』と右『八海山(1778m)』がバックに見えてきました!
5
この日は三十三番観音様を、第三十三番から逆回りで巡るかたちとなりました。至って安全な登山道が続きます。
2016年04月20日 10:56撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は三十三番観音様を、第三十三番から逆回りで巡るかたちとなりました。至って安全な登山道が続きます。
2
タムシバは少しでしたが…
2016年04月20日 10:57撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タムシバは少しでしたが…
4
あちこちでカタクリが群生していました。
美人さんが現れました(^^)
2016年04月20日 10:58撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちでカタクリが群生していました。
美人さんが現れました(^^)
6
春めいた新緑の登山道を歩きます。誰一人としておらず、静寂の春山を堪能します♪
「あぁ、好きだ。この山…」
2016年04月20日 11:03撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春めいた新緑の登山道を歩きます。誰一人としておらず、静寂の春山を堪能します♪
「あぁ、好きだ。この山…」
1
ミネザクラ
2016年04月20日 11:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミネザクラ
3
イワカガミ
2016年04月20日 11:20撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
8
日当たりのよい明るい尾根道が続きます。ブルーやイエローのスミレが色を添えます(^^)
2016年04月20日 11:16撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日当たりのよい明るい尾根道が続きます。ブルーやイエローのスミレが色を添えます(^^)
2
【分岐点・山頂方面へ】
11時27分、第16番観音・分岐点にやって来ました。ここで三十三番観音めぐりコースを離れ、高山山頂へと向かいます。
2016年04月20日 11:27撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【分岐点・山頂方面へ】
11時27分、第16番観音・分岐点にやって来ました。ここで三十三番観音めぐりコースを離れ、高山山頂へと向かいます。
分岐点から先は、所々でヤブがせり出していたりします。ただ、踏み跡自体は明確です。
2016年04月20日 11:35撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点から先は、所々でヤブがせり出していたりします。ただ、踏み跡自体は明確です。
1
【山頂手前・急登アリ】
山頂手前は急登があり、ロープも設置されています。でも距離は短いです。
2016年04月20日 11:43撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【山頂手前・急登アリ】
山頂手前は急登があり、ロープも設置されています。でも距離は短いです。
【高山・山頂に到着】
11時46分、『高山((483m)』に到着です。「白山」と記された石祠があります。
2016年04月20日 11:46撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【高山・山頂に到着】
11時46分、『高山((483m)』に到着です。「白山」と記された石祠があります。
2
『高山』山頂はこぢんまりとしています。5人も座ったら、もう一杯。でも展望はバツグンです。守門岳・越後三山・巻機山や魚沼市がよく見渡せま〜す(^^)
2016年04月20日 11:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
『高山』山頂はこぢんまりとしています。5人も座ったら、もう一杯。でも展望はバツグンです。守門岳・越後三山・巻機山や魚沼市がよく見渡せま〜す(^^)
7
JR浦佐駅です。
「おーい!新幹線、通ってくれないかなぁ…」
2016年04月20日 12:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR浦佐駅です。
「おーい!新幹線、通ってくれないかなぁ…」
1
【高山・記念撮影】
「高山、登ったぞ−!」
越後三山を背に写真を撮ったら、思いっきり逆光(^^;)
2016年04月20日 12:03撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【高山・記念撮影】
「高山、登ったぞ−!」
越後三山を背に写真を撮ったら、思いっきり逆光(^^;)
11
【高山・静かなランチ】
展望を楽しみながらラーメンを食べます。「だぁ〜れもいない。聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。静かだぁ…」
2016年04月20日 12:18撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【高山・静かなランチ】
展望を楽しみながらラーメンを食べます。「だぁ〜れもいない。聞こえてくるのは鳥のさえずりだけ。静かだぁ…」
7
毛猛山塊
ズーム写真
2016年04月20日 12:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛猛山塊
ズーム写真
5
越後駒ヶ岳
ズーム写真
2016年04月20日 12:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
越後駒ヶ岳
ズーム写真
9
八海山
ズーム写真
2016年04月20日 12:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八海山
ズーム写真
7
巻機山
ズーム写真
2016年04月20日 12:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機山
ズーム写真
6
「必死に山頂を目指す登山もいいけど、こうしてのんびりと過ごす里山もいいもんだなぁ…」
2016年04月20日 12:31撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「必死に山頂を目指す登山もいいけど、こうしてのんびりと過ごす里山もいいもんだなぁ…」
3
【高山・下山開始】
12時35分、下山開始。
「ありがとう、ステキな時間が過ごせたよ。またね…」
2016年04月20日 12:35撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【高山・下山開始】
12時35分、下山開始。
「ありがとう、ステキな時間が過ごせたよ。またね…」
1
こんな風景を眺めながら、ゆっくりと斜面を下ります。どこかでヒバリが鳴いています。
2016年04月20日 12:35撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな風景を眺めながら、ゆっくりと斜面を下ります。どこかでヒバリが鳴いています。
1
山頂周辺でも、タムシバがキレイに咲いていました(^^)
2016年04月20日 12:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂周辺でも、タムシバがキレイに咲いていました(^^)
3
ん…?
この赤い花は何ですかね?
2016年04月20日 12:49撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ん…?
この赤い花は何ですかね?
【下山・分岐点を通過】
13時02分、分岐点に戻ってきました。ここから「三十三番観音めぐりコース」を周回します。
2016年04月20日 13:02撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【下山・分岐点を通過】
13時02分、分岐点に戻ってきました。ここから「三十三番観音めぐりコース」を周回します。
キクザキイチゲ
ロープで囲われた広場に群生していました。他にカタクリも群生していました。
2016年04月20日 13:10撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キクザキイチゲ
ロープで囲われた広場に群生していました。他にカタクリも群生していました。
6
次々に現れる観音様に挨拶をしながら、歩き続けます。こちらのコースに入ると、杉林の樹林帯で展望はありません。
2016年04月20日 13:14撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次々に現れる観音様に挨拶をしながら、歩き続けます。こちらのコースに入ると、杉林の樹林帯で展望はありません。
2
ネコノメソウ
2016年04月20日 13:23撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネコノメソウ
1
13時26分、小さな沢を渡渉します。ここは問題ありません。
2016年04月20日 13:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13時26分、小さな沢を渡渉します。ここは問題ありません。
ミヤマカタバミ
小さな沢のほとりに、少しだけ咲いていました。
2016年04月20日 13:27撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミ
小さな沢のほとりに、少しだけ咲いていました。
2
イワウチワ
やっと会えました(^^)
2016年04月20日 13:29撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワウチワ
やっと会えました(^^)
3
【注意・1→3番観音区間 
13時32分、この標柱から沢沿いのルートに入ります。ここからの区間はあちこちに危険があり、注意が必要です。
2016年04月20日 13:32撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【注意・1→3番観音区間 
13時32分、この標柱から沢沿いのルートに入ります。ここからの区間はあちこちに危険があり、注意が必要です。
【注意・1→3番観音区間◆
V字となった沢を歩くのですが、ホントにココが「観音めぐり」コースなのかと疑うほど野性的です。
2016年04月20日 13:37撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【注意・1→3番観音区間◆
V字となった沢を歩くのですが、ホントにココが「観音めぐり」コースなのかと疑うほど野性的です。
2
【注意・1→3番観音区間】
岩をつかんでバランスをとりながら、足場がほとんど無い沢水スレスレのところをパスしたり…
2016年04月20日 13:40撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【注意・1→3番観音区間】
岩をつかんでバランスをとりながら、足場がほとんど無い沢水スレスレのところをパスしたり…
1
【注意・1→3番観音区間ぁ
がれきが堆積した小さな滝をいくつか越えたりしなければなりません。
2016年04月20日 13:46撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【注意・1→3番観音区間ぁ
がれきが堆積した小さな滝をいくつか越えたりしなければなりません。
【長靴があるとOK】
ただ、靴が濡れてもよければ問題ナシ。ドボンせずに進むのが困難なだけです。水量は少ないので、長靴なら大丈夫です。
2016年04月20日 13:44撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【長靴があるとOK】
ただ、靴が濡れてもよければ問題ナシ。ドボンせずに進むのが困難なだけです。水量は少ないので、長靴なら大丈夫です。
これはユリワサビかな…?
2016年04月20日 13:51撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはユリワサビかな…?
4
14時05分、最後にこの小さな滝をパスすると、登山道に合流しました。
2016年04月20日 14:05撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時05分、最後にこの小さな滝をパスすると、登山道に合流しました。
滝の傍らにはこんな掲示物が落ちていました。沢沿いはもともとのコースでは無かったようです。
2016年04月20日 14:07撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝の傍らにはこんな掲示物が落ちていました。沢沿いはもともとのコースでは無かったようです。
登山道とも林道ともとれる道を歩きます。堰堤の向こうに『八海山』が見えてきました。
2016年04月20日 14:11撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道とも林道ともとれる道を歩きます。堰堤の向こうに『八海山』が見えてきました。
3
登山道脇に植えられたスイセン。誰に見られることもなく、ひっそりと咲いていました。
2016年04月20日 14:17撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道脇に植えられたスイセン。誰に見られることもなく、ひっそりと咲いていました。
2
14時20分、毘沙門堂・普光寺に戻ってきました。手水舎にて喉を潤します。
2016年04月20日 14:20撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時20分、毘沙門堂・普光寺に戻ってきました。手水舎にて喉を潤します。
3
14時22分、鳥居をくぐって登山終了。同時に「三十三番観音めぐり」も終了で〜す(^^)/
2016年04月20日 14:22撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時22分、鳥居をくぐって登山終了。同時に「三十三番観音めぐり」も終了で〜す(^^)/
1
普光寺正面の石段を下る途中からでも、八海山や越後駒ヶ岳がよく見えます♪
2016年04月20日 14:24撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普光寺正面の石段を下る途中からでも、八海山や越後駒ヶ岳がよく見えます♪
1
そして石垣には、シバザクラが見頃を迎えていました。
2016年04月20日 14:25撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして石垣には、シバザクラが見頃を迎えていました。
6
14時26分、「雪国おくにじまん会館」隣の駐車場に到着です。
2016年04月20日 14:26撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14時26分、「雪国おくにじまん会館」隣の駐車場に到着です。
【バックショット】
静かな里山に登り、ゆっくり花と展望が楽しめた山旅でした。それでは、また(^_^)/~
2016年04月20日 14:33撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【バックショット】
静かな里山に登り、ゆっくり花と展望が楽しめた山旅でした。それでは、また(^_^)/~
1
2016年04月20日 12:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1
●●
2016年04月20日 12:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●●
1
●●●
2016年04月20日 12:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●●●
6
●●●●
2016年04月20日 12:13撮影 by SO-03F, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●●●●
1

感想/記録

花と展望に出会える山、そして歴史を感じさせる静寂の山『高山』。

静かに自分だけの時間が過ごせる「とっておきの山」というのが、誰にでもあるのではないでしょうか?

私にとって「高山」は、そんな山です。




(参考文献)
・『藪岩魂 ハイグレード・ハイキングの世界』打田0 著 山と渓谷社
(参考サイト)
・セフコの森『西山三十三観音様・高山』
http://sefuko.la.coocan.jp/2012/121125.html
訪問者数:181人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ