ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 856024 全員に公開 ハイキング近畿

五台山・小野寺山・鷹取山・愛宕山【丹波市の分水界を歩く】

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー hojin(記録), sasayuri41(CL), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
岩龍寺手前に駐車場有。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間28分
休憩
2時間0分
合計
6時間28分
S登山口駐車場09:3709:44独鈷の滝11:11五台山11:4411:55小野寺山12:1012:45鷹取山13:3713:51美和峠14:27愛宕山14:4715:20美和峠16:05登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
集中豪雨による土砂災害のため登山道が寸断されている個所があり、注意が必要。迂回路を通るところもある。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS 時計 ハンカチ カメラ 双眼鏡

写真

五台山登山口(駐車場)の標識。
2016年04月30日 09:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五台山登山口(駐車場)の標識。
1
新しい岩龍寺橋。
2016年04月30日 09:35撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい岩龍寺橋。
1
シャガ。
2016年04月30日 09:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャガ。
岩龍寺山門。
2016年04月30日 09:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩龍寺山門。
3
岩龍寺境内のシャクナゲ。
2016年04月30日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩龍寺境内のシャクナゲ。
4
サクラソウ。
2016年04月30日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクラソウ。
2
真っ赤なツツジ。
2016年04月30日 09:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤なツツジ。
1
まだまだ工事中。
2016年04月30日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ工事中。
2
痛々しい独鈷の滝。
2016年04月30日 09:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痛々しい独鈷の滝。
2
崩れ落ちた石段。
2016年04月30日 09:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れ落ちた石段。
2
洞窟につくられた不動明王を祀る社殿。
2016年04月30日 09:48撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
洞窟につくられた不動明王を祀る社殿。
3
不二の滝。
2016年04月30日 09:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不二の滝。
4
仮説登山道を示す標識。しかし、整備された登山道ではなく谷筋を登り詰める。
2016年04月30日 09:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
仮説登山道を示す標識。しかし、整備された登山道ではなく谷筋を登り詰める。
2
登山道に合流。
2016年04月30日 09:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に合流。
1
五台山への標識。
2016年04月30日 09:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五台山への標識。
1
豪雨災害の爪跡。
2016年04月30日 10:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
豪雨災害の爪跡。
1
そびえる巨岩。
2016年04月30日 10:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そびえる巨岩。
2
登山道を示す標識。
2016年04月30日 10:32撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道を示す標識。
1
本来の登山道は巻き道。五台山に向けて尾根を直登する。
2016年04月30日 10:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来の登山道は巻き道。五台山に向けて尾根を直登する。
2
シハイスミレ。
2016年04月30日 10:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シハイスミレ。
1
このひとつ葉はササユリ。
2016年04月30日 10:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このひとつ葉はササユリ。
ほとんど散ってしまったコバノミツバツツジ。
2016年04月30日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほとんど散ってしまったコバノミツバツツジ。
五台山山頂に到着。鷹取山。
2016年04月30日 11:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五台山山頂に到着。鷹取山。
3
愛宕山と五大山。
2016年04月30日 11:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山と五大山。
3
展望パノラマ。多紀連山から笹ヶ峰、竜ヶ岳まで見渡せる。
2016年04月30日 11:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望パノラマ。多紀連山から笹ヶ峰、竜ヶ岳まで見渡せる。
1
五台山山頂の様子。
2016年04月30日 11:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五台山山頂の様子。
3
小野寺山の登りでシャクナゲが現れる。蕾は色が濃い。
2016年04月30日 11:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野寺山の登りでシャクナゲが現れる。蕾は色が濃い。
1
ほぼ満開のシャクナゲ。
2016年04月30日 11:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほぼ満開のシャクナゲ。
4
シャクナゲはこの一帯のみ。植えられたものかもしれない。
2016年04月30日 11:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲはこの一帯のみ。植えられたものかもしれない。
1
マムシグサ。
2016年04月30日 11:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサ。
1
笹ヶ峰、大井戸山、竜ヶ岳。手前は安全山。
2016年04月30日 12:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹ヶ峰、大井戸山、竜ヶ岳。手前は安全山。
1
右に岩屋山。
2016年04月30日 12:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に岩屋山。
2
親不知。
2016年04月30日 12:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親不知。
2
小野寺山山頂の様子。
2016年04月30日 12:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小野寺山山頂の様子。
2
遠くに白い花をたわわにつけた樹木が・・・何だろう?
2016年04月30日 12:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに白い花をたわわにつけた樹木が・・・何だろう?
1
鷹取山から親不知。
2016年04月30日 12:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹取山から親不知。
2
鷹取山から愛宕山、五大山。
2016年04月30日 12:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹取山から愛宕山、五大山。
2
展望パノラマ。
2016年04月30日 13:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望パノラマ。
2
鷹取山の様子。
2016年04月30日 13:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹取山の様子。
3
美和峠。
2016年04月30日 13:51撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美和峠。
1
愛宕山の愛宕社。
2016年04月30日 14:27撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
愛宕山の愛宕社。
1
下山時の独鈷の滝。
2016年04月30日 15:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山時の独鈷の滝。
3
岩を巻いて根を張るスギの樹。
2016年04月30日 15:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩を巻いて根を張るスギの樹。
夫婦杉。
2016年04月30日 15:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夫婦杉。
2
植えられたミズバショウ。富栄養で葉が巨大に。
2016年04月30日 15:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植えられたミズバショウ。富栄養で葉が巨大に。
岩龍寺参道のサツキ。
2016年04月30日 16:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩龍寺参道のサツキ。

感想/記録
by hojin

tanbazaruさんのレコで、五台山周辺にもシャクナゲが咲いている、しかも今日ならかなり花も開いているのではと期待して行ってみようと思いました。

岩龍寺手前の登山口駐車場に車を停めて歩く。豪雨災害の爪跡が残り、まだまだ復旧工事が続いている様子。新しくつけられた橋を渡って岩龍寺へ。境内の花を眺めながら独鈷の滝へ。滝壺あたりは現在工事中で災害前の雰囲気はないものの滝の流れはしっかりとして見応えがある。不二の滝にも寄り道をして山道に向かう。

すぐに、通行止めと、仮設登山道の標識。仮設道は谷を詰める道だが整備してあるわけではなく歩きにくい道を登りつめる。大きく下り、ところどころ荒れた沢道を登っていく。突然道がわかりにくいところがあり道を探す。渡渉して少し進むとはっきりした道になり標識も出てきた。

新しくつけられた丸太組みの橋をいくつか渡りながら沢を詰めるとやがて道は尾根に向かう。小峠からは尾根道になる。五台山山頂下で巻き道になっているが、尾根を直登する。五台山山頂の少し西に出る。少し東へ進めば山頂。

五台山山頂からは東〜西の展望が開ける。南東に多紀連山、南西に笹ヶ峰や竜ヶ岳が展望できる。行動食とコーヒーをとりながら楽しむ展望は最高。

五台山から小野寺山に向かう。山頂手前にシャクナゲの群落があり、まだ蕾も多いながら開いた花が多く、十分にシャクナゲを楽しむことができた。

小野寺山からの展望もいい。親不知の大きな山容が眼前にあり、いい眺めだ。鷹取山に向かう。小野寺山からの下りはかなり急で、ロープがつけられている。激下りの後は激登りして鷹取山に到着。鷹取山からもすばらしい展望だが、少しずつ見える角度が違ってきてその変化も楽しめる。

美和峠を越えて愛宕山に向かう。愛宕山への登りは岩場の悪路でかなり急。疲れて愛宕山の愛宕社が見えた時にはほっとする。五大山まで足を延ばす計画だったが、帰りの時間があり、ここで引き返すことにする。

美和峠まで引き返し、美和峠から岩龍寺に向かう道を下る。ここでも2か所崩落で道が消えているところがあり、滑らないように慎重にトラバースしていく。

分岐から独鈷の滝上部に出る。下り時には石段を使わず上部の巻き道を使う。岩龍寺渓谷沿いの道を駐車場まで戻る。
訪問者数:328人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/11/22
投稿数: 401
2016/5/1 7:09
 おはようございます
hojinさん
レコ参考にしていただきありがとうございます。
シャクナゲの花開きましたね
よいタイミングで良かったです。
縦走のアップダウンは歩きごたえがあったのではないでしょうか
また季節を変えてお越しください。
登録日: 2011/10/19
投稿数: 259
2016/5/1 17:12
 レコ、ありがとうございました
tanbazaruさん、いつもレコ楽しませてもらっています。
また、今回はコースの状況、そしてシャクナゲの開花状況とお世話になりました。
五台山周辺はかなりコースが荒れているのはわかっていたので、tanbazaruさんのレコがなければちょっと躊躇していたところです。レコでおよその状況がわかっていたのでそれを確かめるようにして歩きました。
コースの激降、激登、きびしかったですね。のんびり歩いたので五大山まで行けませんでしたが、展望の楽しめるいいコースだと思います。ヒカゲツツジやタムシバの季節もいいなあと思っています。
丹波の山はまだ未訪のところもあるので、機会を見て登りたいと思っています。またレコを参考にさせていただきますのでよろしくお願いします

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ