ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858241 全員に公開 ハイキング奥武蔵

【360°撮影】快晴のGW蕨山へ【名郷〜金比羅尾根〜さわらびの湯】

日程 2016年05月01日(日) [日帰り]
メンバー chuzzz
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
さわらびの湯第3駐車場
さわらびの湯BS7:51→名郷BS(¥350)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間56分
休憩
43分
合計
5時間39分
S名郷BS08:1308:33蕨入林道終点10:33蕨山10:3710:44蕨山展望台11:1011:38藤棚山11:4012:14大ヨケの頭12:2212:47中登坂13:12金比羅神社跡13:1513:52さわらびの湯BSG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
360°写真はRECOHのTHETA Sで撮影をして、画像加工で自分消しをしています。
PCのWEBブラウザで【360度パノラマ】ボタンをクリックして、グリグリ回しながらご覧ください。
コース状況/
危険箇所等
急登つづき、岩場あり。
山に入ってから中登坂あたりまでソフトバンク電波圏外でした。
その他周辺情報さわらびの湯¥800
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

朝7:30頃まだまだ空いてる第3P。準備中の自転車、登山者で賑わってる。いい天気です。
2016年05月01日 07:25撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝7:30頃まだまだ空いてる第3P。準備中の自転車、登山者で賑わってる。いい天気です。
1
バスに10分揺られ名郷BSに到着。鳥首峠大持山方面へ向かう人の方が多いかな?
2016年05月01日 08:12撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスに10分揺られ名郷BSに到着。鳥首峠大持山方面へ向かう人の方が多いかな?
蕨入林道終点。右の沢を渡って山道へ
2016年05月01日 08:33撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蕨入林道終点。右の沢を渡って山道へ
名郷BSが小さく見える。なかなか登ってきたな。その向こうには伊豆ヶ岳〜子ノ権現ルートの稜線も。
2016年05月01日 09:24撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名郷BSが小さく見える。なかなか登ってきたな。その向こうには伊豆ヶ岳〜子ノ権現ルートの稜線も。
上の方まで登るとまだツツジが残っていたり
2016年05月01日 10:04撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方まで登るとまだツツジが残っていたり
岩場も手がかり足がかりしっかりしているので難しくない
2016年05月01日 10:05撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場も手がかり足がかりしっかりしているので難しくない
分岐を右に地図上の山頂(最高点)へ向かう。ペットボトル製山名板。アバウトな標高。
2016年05月01日 10:34撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右に地図上の山頂(最高点)へ向かう。ペットボトル製山名板。アバウトな標高。
分岐点に戻ってきて展望台方面へ。蕨山原点?
2016年05月01日 10:40撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐点に戻ってきて展望台方面へ。蕨山原点?
直下を登り返して蕨山展望台。コッチの方が見晴らしの良い山頂。
2016年05月01日 10:45撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下を登り返して蕨山展望台。コッチの方が見晴らしの良い山頂。
3
【THETA360撮影】
眺め良い蕨山展望台
2016年05月01日 10:45撮影 by RICOH THETA S , RICOH
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す | ▶ 360度パノラマ
【THETA360撮影】
眺め良い蕨山展望台
南側の尾根越しなので、薄っすらと見えてるのはたぶん大岳山
2016年05月01日 10:50撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南側の尾根越しなので、薄っすらと見えてるのはたぶん大岳山
少し下りてきて、ひっそりとした藤棚山
2016年05月01日 11:39撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下りてきて、ひっそりとした藤棚山
スギ林や広葉樹林や
2016年05月01日 12:02撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スギ林や広葉樹林や
たぶん川乗山や蕎麦粒山の方角
2016年05月01日 12:10撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たぶん川乗山や蕎麦粒山の方角
棒ノ嶺を望む
2016年05月01日 12:26撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺を望む
2
棒ノ嶺付近をヘリが旋回してました
2016年05月01日 12:55撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺付近をヘリが旋回してました
名栗湖が見えてきた。けどゴールはまだまだ
2016年05月01日 12:55撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名栗湖が見えてきた。けどゴールはまだまだ
バス停の向かいに出てきた。到着。
2016年05月01日 13:51撮影 by ILCE-7, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停の向かいに出てきた。到着。
さわらびの湯へ
2016年05月01日 15:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわらびの湯へ
2
混んでいます
2016年05月01日 14:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
混んでいます

感想/記録
by chuzzz

名郷BSスタートの蕨山〜さわらびの湯BSまでのメジャーコースです。

7:51のバスは、外から見るにかなりの混み具合で到着。乗れるのか?と思ったけど、半分ぐらいがさわらびの湯BSで降車。ここから乗りこむのは10名程度だったので、名郷BSまで普通に立っていられる程の混み具合になってのでまぁヨカッタほうか。

蕨山への急登途中で、鹿追いしてる黒い猟犬?とすれ違いました。
はじめ、脇の茂みを疾走する音。そしてすぐに前方から登山道をコチラに向かって駆け下りてくる黒い獣!?首輪のベル音と吠え声ですぐに犬とわかったものの、流石にビビりました。眺めてるいるとすれ違いざまに立ち止まって振り返ってくれたので、アイコンタクトでお互いに挨拶?したあと、また吠えながら駆け下りていきました。あとで先行してたハイカーさんに聞いたら鹿を追っていたらしいので、直前の茂みの音も鹿と判明。

ビックリイベントはあったもののあとは至って普通の山歩き。急登が続くのでゆっくり歩いて、ほとんどの人に抜かれていく。だいぶ遅れたかと思ったら、意外と参考コースタイムぐらいで山頂到着。みんな速いなぁ。
展望台での昼休憩。あとからもやってくるので結構な混みようになってくる。写真撮って飯食って早々に出発。金比羅尾根を下りさわらびの湯へ。

下山後の温泉。さわらびの湯はもちろん混んでます。駐車場は広くてありがたいのに、建屋がコンパクトでキャパ少なめ。特に脱衣所が狭すぎる。休憩所も満杯です。

※名栗湖が見えてくるほど下りてきたら、何かあったのか救難ヘリが棒ノ嶺上空をずっと旋回していた。
※5/2朝刊の北アルプスの遭難相次ぐ記事に、棒ノ嶺の滑落事故も載っていました。

※帰りに大里屋本店で四里餅を買おうと寄りましたが、本日分売り切れで残念。飯能土産に四里餅オススメです。
訪問者数:228人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 林道 滑落 スギ クリ 遭難
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ