ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 858818 全員に公開 ハイキング丹沢

袖平山・姫次・黍殻山を青根よりブーメラン

日程 2016年05月02日(月) [日帰り]
メンバー thin_rider
天候晴れ・薄曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
青根の道路脇スペースにバイクを停める
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち32%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間17分
休憩
50分
合計
6時間7分
Sスタート地点08:0608:39釜立沢登山口駐車スペース08:4208:51袖平山登山口09:44標高944m地点09:4510:14標高1139m地点10:1910:59袖平山11:0411:12萩ノ丸11:18姫次11:1911:23東海自然歩道最高地点11:2711:27東海自然歩道最高標高地点11:3011:41八丁坂ノ頭11:55黍殻避難小屋12:01大平分岐12:0312:13黍殻山12:3512:46平丸分岐12:4713:07クラボネ13:1014:13ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
林道から袖平山までの間は、踏み跡は有りますが正規ルートではなさそうです。
袖平山以降はシッカリしたルートでした。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ(1) ソフトシェル(1) ズボン(1) 靴下(1) グローブ(1) 雨具(1) 帽子(1) 靴(1) ザック(1) 昼食(1) 行動食(1) 非常食(1) 飲料(1) 地図(1) コンパス(1) ライト(1) 予備電池(1) GPS(1) 常備薬(1) 携帯TEL(1) 時計(1) タオル(1) ストック(1) カメラ(1) ロープ(1)

写真

青根の道路脇スペースに停める
向かい側に軽トラできたオジサンに、「蛭に気を付けろ」って言われた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青根の道路脇スペースに停める
向かい側に軽トラできたオジサンに、「蛭に気を付けろ」って言われた
ゲートを越えて林道に入って行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを越えて林道に入って行く
下側の砂利林道に分かれて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下側の砂利林道に分かれて行く
林道が終わって尾根の踏み跡らしき所を進んで行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道が終わって尾根の踏み跡らしき所を進んで行く
横のロープのトコに「登山道ではない」って書いてる。ってことは真っすぐ尾根道が正解ってことだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横のロープのトコに「登山道ではない」って書いてる。ってことは真っすぐ尾根道が正解ってことだ
自分好みの松林
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分好みの松林
かわいいスミレが一杯咲いてる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かわいいスミレが一杯咲いてる
若い山椒の木があちこちに
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若い山椒の木があちこちに
1
小さなカタクリだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さなカタクリだ
白いスミレがちょっとだけ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白いスミレがちょっとだけ
大室山がイイ感じで見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山がイイ感じで見える
梅の木苔ってやつかな
公害の無い指標っていうから、空気がキレイなんでしょう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梅の木苔ってやつかな
公害の無い指標っていうから、空気がキレイなんでしょう
大室山が素晴らしい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大室山が素晴らしい
1
袖平山のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山のお印
1
富士山の頭が霞みながらギリギリで見える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山の頭が霞みながらギリギリで見える
袖平山からは蛭ヶ岳から大室山への尾根の真ん中に富士山が見える構図
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袖平山からは蛭ヶ岳から大室山への尾根の真ん中に富士山が見える構図
1
ちょっと油断してたら富士山は見えなくなって、もう二度と顔を出さなかった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと油断してたら富士山は見えなくなって、もう二度と顔を出さなかった
桜はさすがにほとんど散ってる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桜はさすがにほとんど散ってる
谷間を吹き上がってくる風が気持ち良い
写真じゃ伝わらないけど
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷間を吹き上がってくる風が気持ち良い
写真じゃ伝わらないけど
萩ノ丸ってトコからも蛭ヶ岳から大室山の間に富士山が見える・・・たぶん
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
萩ノ丸ってトコからも蛭ヶ岳から大室山の間に富士山が見える・・・たぶん
むらさきやしお、ってやつかな
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
むらさきやしお、ってやつかな
2
姫次に有った、ルート案内
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次に有った、ルート案内
東海自然歩道最高点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道最高点
東海自然歩道最高点のお印をアップ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道最高点のお印をアップ
でもチョットずれたトコにもお印らしきものが
確かにこっちの方が少し高めだった
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもチョットずれたトコにもお印らしきものが
確かにこっちの方が少し高めだった
1
眺め良し・・・のはず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺め良し・・・のはず
黍殻山避難小屋がルート下に見える
トイレも有るみたい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山避難小屋がルート下に見える
トイレも有るみたい
東海自然歩道から逸れて黍殻山頂上へ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東海自然歩道から逸れて黍殻山頂上へ
松(風)の又三郎
ひねり三本松
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松(風)の又三郎
ひねり三本松
黍殻山頂上に到着
雨量観測局が有りました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山頂上に到着
雨量観測局が有りました
黍殻山のお印
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黍殻山のお印
やせ尾根もある
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やせ尾根もある
ココから平丸っていう方に降りて行く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ココから平丸っていう方に降りて行く
帰りの国道で、横山橋ってトコに「国道413号最高点」って?
あぁ、神奈川県ではってことね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りの国道で、横山橋ってトコに「国道413号最高点」って?
あぁ、神奈川県ではってことね

感想/記録

今日は袖平山から黍殻山を廻ってみた・・・みた。。。
青根の脇道のスペースにバイク停めて、支度して出掛けようとしたら、向かいの停まった軽トラのオジサンが「蛭がいっぱいいるから気を付けろ」って・・・あぁそうか、この辺は蛭のいる山域かぁ。。。ってことで、たまたま昨日仕入れておいた虫除けスプレーを足やら首筋にブシューーーっとやって、日当たりの良い土が見えてるトコ以外では立ち止まらないようにしよう・・・と心に誓ってしゅっぱつ。
したが、最初の道路歩きでは2回ほど間違えて少し戻ってます。(笑)
袖平山までの山道は、踏み跡はありますが時々見失って、でも尾根を外さずに行けばスグに戻れました。目印もあまり無いし、ややキツめの登りが続く、結構楽しいルート(じゃないのかもしれないけど自分的には)でした。
袖平山から平丸への分岐までの間は、東海自然歩道なので硬く踏みしめられた歩きやすいコースでした。
行先表示には黍殻山って書いたものが無かったので何で?と思ってたら、東海自然歩道は黍殻山を巻いて行くみたい。
けど、やっぱ山頂には行ってみたい・・・で行ってみたら、伐採されたコンモリ土の所に雨量観測局があるトコでした。
平丸への分岐からは東海自然歩道ほどじゃないけどチャンとしたルートになっていて、たまに行き先表示が有るだけだけど迷いはしないと思います。途中では山仕事してるオジサンに怪訝そうな顔されたけど。無事に国道に出れましたです。
あの辺の国道は歩道が無いので、あまり歩かない方が良さげでした。

袖平山・萩ノ丸・姫次あたりは蛭ヶ岳から大室山への稜線の中央に富士山が見えるという構図が素晴らしかったです。
天気が曇り気味だったから、富士山が見えたのは最初の一瞬だけだったけど。。。
雲の無い眺めだったら最高だったと思いますです。
袖平山からの眺めが一番だったと思うけど、主脈から外れてるせいか訪れている人はいなかったみたいでした。姫次あたりには沢山の人が休憩してましたが。

まぁ、今日も色んなものが見れたし、蛭にも襲われなかったんで、まずまず・・・まずまず。。。
訪問者数:150人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

カタクリ 林道 避難小屋 クリ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ