ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 862289 全員に公開 山滑走鳥海山

大盛況の鳥海山(山スキー)

日程 2016年05月03日(火) [日帰り]
メンバー yy0419(CL), その他メンバー1人
天候晴れ(だんだん風が強くなり、昼頃の頂上付近は強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
猿倉登山口駐車場利用(下山時は満車でかなりの台数が路駐していました)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間40分
休憩
31分
合計
8時間11分
Sスタート地点05:5011:53七高山12:2414:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口から七ツ釜避難小屋まで赤い旗のついた竹竿が差してあり、これに沿って行けば何も問題なし。基本的にどこでも登りたい放題、滑りたい放題ですが、下りはあまり右方面に行くと下りすぎてしまう恐れが。(ちょっと下りすぎました)

写真

駐車場から
目指す鳥海山を望みつつ出発です。
2016年05月03日 06:03撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場から
目指す鳥海山を望みつつ出発です。
1
基本的に、広々とした斜面の登りが続きます。
2016年05月03日 06:52撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的に、広々とした斜面の登りが続きます。
1
下半分はこんな感じの緩斜面が中心です。
2016年05月03日 06:53撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下半分はこんな感じの緩斜面が中心です。
1
モーグルラインがありますね。
2016年05月03日 06:59撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モーグルラインがありますね。
2
山頂は最初から見えていますが、なかなか近づきません。
2016年05月03日 07:20撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂は最初から見えていますが、なかなか近づきません。
4
迫り来る斜面に直面(写真だと何てこと無い斜面ですね)
2016年05月03日 07:47撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫り来る斜面に直面(写真だと何てこと無い斜面ですね)
1
だいぶ登ってきたような・・・
祓川からのルートはまだ合流していません。
2016年05月03日 08:40撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきたような・・・
祓川からのルートはまだ合流していません。
2
下界の山形県側は雲海が出ていました。
2016年05月03日 08:55撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下界の山形県側は雲海が出ていました。
1
谷状の急な斜面を必死に登る相方。
本格的な山スキーは初めてで、急斜面でシールが滑るのがものすごく怖かったそうです。
2016年05月03日 09:45撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷状の急な斜面を必死に登る相方。
本格的な山スキーは初めてで、急斜面でシールが滑るのがものすごく怖かったそうです。
3
祓川からの矢島ルートと合流
ご覧の人の多さです。
2016年05月03日 10:20撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祓川からの矢島ルートと合流
ご覧の人の多さです。
3
矢島コース、七ツ釜避難小屋方面を見下ろす。
人の列が延々と続いています。こちらも大斜面ですね。
2016年05月03日 10:27撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢島コース、七ツ釜避難小屋方面を見下ろす。
人の列が延々と続いています。こちらも大斜面ですね。
3
七高山までもう少し
みんなで山頂目指して登っていきます。
2016年05月03日 10:49撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七高山までもう少し
みんなで山頂目指して登っていきます。
2
山形県のヘリが遭難者の救助に来ていました。
滑り損ねて骨折か何かしたのでしょうか。天候は問題なく雪の状態も悪くなく、遭難という言葉を使うのはどうかと思われますが。
2016年05月03日 11:04撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山形県のヘリが遭難者の救助に来ていました。
滑り損ねて骨折か何かしたのでしょうか。天候は問題なく雪の状態も悪くなく、遭難という言葉を使うのはどうかと思われますが。
2
滑る人々、登る人々。
山頂付近はスキー場のゲレンデのような賑わいです。
しかし大斜面なので全く気にならず。
2016年05月03日 11:13撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑る人々、登る人々。
山頂付近はスキー場のゲレンデのような賑わいです。
しかし大斜面なので全く気にならず。
3
山頂直下の様子
穏やかそうに見えますが、強風のためみんな風下側に隠れている状態です。それでもかなりの風です。
2016年05月03日 12:11撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の様子
穏やかそうに見えますが、強風のためみんな風下側に隠れている状態です。それでもかなりの風です。
3
いよいよこの斜面を滑ります。
2016年05月03日 12:27撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよこの斜面を滑ります。
2
だいぶ滑ってきました。かなりの高温だったのでどうかと思いましたが、悪くないザラメで、抜群の開放感の中、快適な滑りが満喫できました。
2016年05月03日 12:37撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ滑ってきました。かなりの高温だったのでどうかと思いましたが、悪くないザラメで、抜群の開放感の中、快適な滑りが満喫できました。
2
誰もいない大斜面に向けて、滑降準備に入る相方。
2016年05月03日 12:37撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
誰もいない大斜面に向けて、滑降準備に入る相方。
3
上半分の滑降終了
ここまででもかなりの滑降感があります。さすが鳥海山、スケールがでかいです。
2016年05月03日 13:06撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上半分の滑降終了
ここまででもかなりの滑降感があります。さすが鳥海山、スケールがでかいです。
4
駐車場に到着
駐車場は満車状態で、かなり多くの車が路駐していました。猿倉口でこれですから、祓川は相当混んだと思います。
2016年05月03日 14:03撮影 by T007, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場に到着
駐車場は満車状態で、かなり多くの車が路駐していました。猿倉口でこれですから、祓川は相当混んだと思います。
2

感想/記録
by yy0419

絶好の天気に恵まれ、本格的山スキーは初めての相方を連れての鳥海山は最高の一言です。急斜面が無く、比較的登りやすいため、初心者でも比較的不安なく行ける上、他にはないほどのスケール、開放感、滑りの楽しさを味わえる山でした。これだけの人が集まるのも全く持ってうなずけます。GWの鳥海山は絶品ですね。
訪問者数:361人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

遭難 下界
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ