ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 864785 全員に公開 ハイキング甲信越

八木ヶ鼻から望む越後の山

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー sunvito
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八木ヶ鼻キャンプ場駐車場
今日はGW後半ながらも平日の金曜日であることと強風注意報などからキャンパーはほかにいない
登山口はキャンプ場から田んぼ道で徒歩すぐの所
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
30分
休憩
3分
合計
33分
Sスタート地点15:4716:01八木ケ鼻16:0416:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
急登でかつステップもほとんど無くて落ち葉で滑りやすいので慎重に足を置くこと

山頂が凹んでるのはログエラー
その他周辺情報「いい湯らてい」ゆったり浸かれる温泉
キャンプ場からつながる赤いつり橋を渡ってすぐのところにある
「八木ヶ鼻オートキャンプ場」1区画2千円 コテージ1万2千円
道の駅「漢学の里」
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

キャンプ場入口から見る八木ヶ鼻
そそり立つ絶壁が特徴
入口に立派なトイレ棟があるが、和式なので、ちょっと失礼ながらすぐ近くの「いい湯らてい」のトイレを使う
2016年05月05日 11:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場入口から見る八木ヶ鼻
そそり立つ絶壁が特徴
入口に立派なトイレ棟があるが、和式なので、ちょっと失礼ながらすぐ近くの「いい湯らてい」のトイレを使う
この日は大変風が強かったが、2年ぶりのキャンプなので張り切って、まずはスノピのランドステーションを設営する
風の向きを計算しながら何とか立ち上げた
2016年05月05日 12:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この日は大変風が強かったが、2年ぶりのキャンプなので張り切って、まずはスノピのランドステーションを設営する
風の向きを計算しながら何とか立ち上げた
1
しかし!
(´;ω;`)ウッ…風にあおられて裂けてしまった
で、仕方なくコテージに変更
裂けたランドステーションはすぐ近くのスノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールドへ修理に出した
なお、コテージのトイレはウォシュレットだった
2016年05月05日 12:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし!
(´;ω;`)ウッ…風にあおられて裂けてしまった
で、仕方なくコテージに変更
裂けたランドステーションはすぐ近くのスノーピークヘッドクォーターズキャンプフィールドへ修理に出した
なお、コテージのトイレはウォシュレットだった
すぐ近くに登山口があったので一休みして八木ヶ鼻へ登ってみた
登り40分
ピストンで1時間くらいかな
2016年05月05日 15:49撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐ近くに登山口があったので一休みして八木ヶ鼻へ登ってみた
登り40分
ピストンで1時間くらいかな
終始樹林帯を行く
急登でステップもあまり無いので滑りやすい
2016年05月05日 15:54撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始樹林帯を行く
急登でステップもあまり無いので滑りやすい
コイワカガミ
2016年05月05日 15:58撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コイワカガミ
1
袴腰山との分岐
左方向の八木ヶ鼻山頂へ
山頂はすぐそこ
2016年05月05日 16:02撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
袴腰山との分岐
左方向の八木ヶ鼻山頂へ
山頂はすぐそこ
山頂に着いた
山頂広場は7〜8人程度休憩できそうな広さ
2016年05月05日 16:05撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に着いた
山頂広場は7〜8人程度休憩できそうな広さ
1
残雪の守門岳とその左は烏帽子山
2016年05月05日 16:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪の守門岳とその左は烏帽子山
雪が融けた春の粟ヶ岳
2016年05月05日 16:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が融けた春の粟ヶ岳
振り返ったすぐ目の前には袴腰山
2016年05月05日 16:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ったすぐ目の前には袴腰山
1
下りは慎重に!ステップがないうえに落ち葉で滑りやすかったが無事下山
CT1時間のところ半分の30分程で行ってきた
登山口から田んぼの向こうにキャンプ場が見える
2016年05月05日 16:18撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りは慎重に!ステップがないうえに落ち葉で滑りやすかったが無事下山
CT1時間のところ半分の30分程で行ってきた
登山口から田んぼの向こうにキャンプ場が見える

感想/記録

GWのキャンプ中の山行。

2年ぶり設営のランドステーションの幕が強風のあおりで裂けたため、急遽コテージに変更。まだ数回しか設営していないのに(~_~;)・・・楽しみだったのにショックと手持無沙汰から、キャンプ場からすぐ近くに登山口があったので気晴らしにちょっと行ってみようと思って八木ヶ鼻に登ってみた。

下から見るとそそり立つ崖っぷち。その脇から登る感じの登山口の看板には登り40分とあって標高差は約200mなのですぐだよ、と思って取り付くが急登が続く。

でもおよそ15分で山頂に至る。越後の山並みを一通り眺めて下山。ステップもあまり無くて落ち葉で滑る。下りは危険!慎重に足の置き場を探る。
ピストン30分で標準CTの半分で行ってきた。

守門岳はまだ雪山。粟が岳は例年より早い雪解けで春を迎えているようだ。

キャンプ場近くの「いい湯らてい」は湯舟大きくゆったりしたいい温泉。レストラン併設でのんびりすごせる。

近くには、道の駅「漢学の里」があるのでぜひ寄ってみたいところ。
訪問者数:229人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ