ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 866519 全員に公開 ハイキング奥秩父

瑞牆山〜黒森コース

日程 2016年05月05日(木) [日帰り]
メンバー uneme(記録), その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
みずがき山自然公園駐車場:朝6時半時点では4割ほど。下山時には満車っだった。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間45分
合計
7時間40分
Sスタート地点06:3006:51林道小川山線終点07:45不動滝08:0009:40瑞牆山10:4010:56大ヤスリ岩11:0312:04桃太郎岩12:27富士見平小屋12:5014:10みずがき山自然公園14:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし。
下山時に使ったみずがき林道の後半は、地図に無い分岐が何カ所も有り迷う。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

6時半でこれだけ空いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6時半でこれだけ空いていた。
駐車場からアスファルトの車道を行き、ほどなく林道へ。車で行けなくもないが悪路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からアスファルトの車道を行き、ほどなく林道へ。車で行けなくもないが悪路。
人がある国は最適
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がある国は最適
広場に到着。林道終点
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広場に到着。林道終点
歩きやすい緩やかな道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい緩やかな道。
奥秩父といえばシャクナゲ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥秩父といえばシャクナゲ
少し登るとだんだん細い道に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登るとだんだん細い道に
巨石が姿を現す
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石が姿を現す
不動沢を渡る。このあと不動滝まで川の音をききながら登山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢を渡る。このあと不動滝まで川の音をききながら登山
植林ではない自然林が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
植林ではない自然林が美しい
1
巨石を巻くように
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石を巻くように
1
整備された道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された道
山荘からの道と違い静かな道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘からの道と違い静かな道。
不動滝まではずいぶん緩やかな道が続く
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝まではずいぶん緩やかな道が続く
2
滝までもうすぐ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝までもうすぐ
親子連れ。瑞牆山は親子でハイキングする人が多かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
親子連れ。瑞牆山は親子でハイキングする人が多かった。
1
不動滝に到着。滑滝を傾斜を急にした感じ。ベンチも有るのでゆっくりできます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動滝に到着。滑滝を傾斜を急にした感じ。ベンチも有るのでゆっくりできます
1
滝をすぎると傾斜が増します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝をすぎると傾斜が増します
ゆっくり行きます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゆっくり行きます
1
すでに苔の絨毯ができていました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すでに苔の絨毯ができていました
2
この花をよく見かけました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花をよく見かけました
背の高い巨岩
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背の高い巨岩
1
水をたたえたコケも美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水をたたえたコケも美しい
1
ししくい坂始まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ししくい坂始まります。
1
急ですが、距離は短いです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急ですが、距離は短いです
巨石を巻きます。あまりこういう所にペンキを付けないで欲しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石を巻きます。あまりこういう所にペンキを付けないで欲しい
樹高が低く、密になってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹高が低く、密になってきました。
縫うように進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縫うように進みます。
歩きにくい訳ではないですが、傾斜が急なためペースが落ちます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きにくい訳ではないですが、傾斜が急なためペースが落ちます
1
山頂までもうすぐ。振り返ると小川山が
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂までもうすぐ。振り返ると小川山が
1
不意に視界が開けて山頂に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不意に視界が開けて山頂に到着
3
有名な石ですよね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
有名な石ですよね
2
金峰山も見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金峰山も見えます
下山します。山頂直下のこの岩場に皆さん苦戦してました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山します。山頂直下のこの岩場に皆さん苦戦してました。
1
下山は富士見平経由
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は富士見平経由
黒森コースと違い、岩ゴロの歩きにくい道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒森コースと違い、岩ゴロの歩きにくい道
1
やはりこちらは人が多く、登ってくる人が沢山います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはりこちらは人が多く、登ってくる人が沢山います
1
木で支えてます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木で支えてます
りっぱな階段
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
りっぱな階段
1
富士見平に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見平に到着
ここから5分ほどで、林道に出ます。通常はこの林道を使わず瑞牆山荘に向かうのですが、我々は自然公園に向かうため道を逸れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから5分ほどで、林道に出ます。通常はこの林道を使わず瑞牆山荘に向かうのですが、我々は自然公園に向かうため道を逸れます
あまり歩かれてないのか、道は柔らかいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり歩かれてないのか、道は柔らかいです
1
人がいなくて最高です、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人がいなくて最高です、
1
古いですがしっかり整備されてるようです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古いですがしっかり整備されてるようです。
2
下山してきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山してきました

感想/記録
by uneme

二度目の瑞牆山は自然公園から。駐車場を気にしていたが、難なく確保。
不動滝までは緩やかな道で親子登山も多い。視界はあまりきかないが不動滝をすぎた辺りから背後の小川山がよく見える。あちらの方が瑞牆山よりだいぶ高いので、なかなか高度が上がってる感じがしない。
登山道は高い樹林におおわれてるので、あまり花は見かけない。かわりに苔が美しい。
ほどなく山頂に到着。北面は樹林に覆われてるので、眺望が無いが、八ヶ岳、南アルプス、金峰山、富士山の眺めが素晴らしい。山頂はあまり腰を落ち着ける場所がないが岩から少し下った所のヘリのようになってる場所で休憩した。
強風で寒く、あまり長く景色を見てられなかったが、素晴らしい景色だった

下山は昨年も通った富士見平に向かう岩ゴロの道。急坂なので、登りでは相当しんどいだろう。道は明瞭だが、登山者が多いせいか、道がいくつかできてる。脚が塗布どかないような岩道をいくこともあった。

富士見平小屋はテントでいっぱい。
ここにテントをはるということは翌日金峰山に行くのだろう。
富士見平小屋は昔来た時は無人だったが、今はいい感じの山小屋になっていた。

さらにみずがき林道で下る。この道はあまり歩かれる事がないのか、脚元が柔らかく歩きやすい。しかし整備は万全で、この行程中一番歩きやすい道だった。
訪問者数:190人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ