ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 876416 全員に公開 ハイキング北陸

小谷山 若狭と近江の山城跡を訪ねて2

日程 2016年05月19日(木) [日帰り]
メンバー wine78
天候晴天
アクセス
利用交通機関
電車
山への交通は車で、小谷城戦国歴史資料館に停めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間42分
休憩
3分
合計
2時間45分
Sスタート地点06:1906:45小谷山 望笙峠06:4607:56小谷山 岩尾08:07小谷山08:0808:58小谷山 山崎丸コース登山口08:5909:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小谷城というのは、登山口のある清水谷に向かって多くの城郭を構えており、山全体が城になっています。
登山道はきちんと整備されていて、道に迷うことはありません。城郭においては、曲輪と呼ばれる、内外を土塁、石垣、堀などの区域は道からちょっと脇に入って眺める所もあります。大抵そのまま歩けば、曲輪を経由して登って行きます。
安全な登山ができますが、小谷城戦国歴史資料館横の登山口には、熊が出没するという掲示がありました。熊には合いませんでしたが、小谷山の頂上から、麓の郡上に降りる南西尾根では、サルを数匹見かけました。さわさわ音がしたので、熊なのか少し心配をしました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPS(DIY GPS iPhoneで利用)

写真

小谷城戦国歴史資料館の右手から小谷城に上る道がある。下りは、多くの方と同様資料館の左手に降りてくる道を辿った。
2016年05月19日 06:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小谷城戦国歴史資料館の右手から小谷城に上る道がある。下りは、多くの方と同様資料館の左手に降りてくる道を辿った。
1
熊が出るようで、注意書きがありました。
2016年05月19日 06:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
熊が出るようで、注意書きがありました。
1
つつじが和ませてくれる
2016年05月19日 06:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじが和ませてくれる
1
伊吹山が見えてきました この山に将来登ってみたい
2016年05月19日 06:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊吹山が見えてきました この山に将来登ってみたい
1
金吾丸跡
2016年05月19日 06:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金吾丸跡
1
小谷山全体が城となっていることがわかる
2016年05月19日 06:59撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小谷山全体が城となっていることがわかる
1
番所跡
2016年05月19日 07:00撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
番所跡
1
馬洗池といい、涌き水は今はない 
2016年05月19日 07:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬洗池といい、涌き水は今はない 
1
重臣の赤尾氏の屋敷跡
2016年05月19日 07:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
重臣の赤尾氏の屋敷跡
1
ここに黒金門があったらしい
2016年05月19日 07:12撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに黒金門があったらしい
1
大広間跡
2016年05月19日 07:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大広間跡
大広間の跡 ここで浅井家当主が家臣と政務を行った
2016年05月19日 07:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大広間の跡 ここで浅井家当主が家臣と政務を行った
1
本丸跡 浅井長政が居住していた
2016年05月19日 07:17撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本丸跡 浅井長政が居住していた
1
これから向かう小谷山山頂付近
2016年05月19日 07:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう小谷山山頂付近
1
大嶽城(おおづくじょう)跡 浅井初代亮政が築城
2016年05月19日 08:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大嶽城(おおづくじょう)跡 浅井初代亮政が築城
1
琵琶湖
2016年05月19日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖
1
琵琶湖
2016年05月19日 08:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖
2
琵琶湖に浮かぶ島は、竹生島に間違いありません
2016年05月19日 08:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖に浮かぶ島は、竹生島に間違いありません
2
琵琶湖が見えていて美しい風景
2016年05月19日 08:21撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
琵琶湖が見えていて美しい風景
小谷山からの下り、この辺りでがさがさという音。熊かと心配したが数匹の猿だった。写真は撮れなかった。
2016年05月19日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小谷山からの下り、この辺りでがさがさという音。熊かと心配したが数匹の猿だった。写真は撮れなかった。
1
朝倉義景が虎御前山の織田信長と対峙するため、築いたとされた山崎丸
2016年05月19日 08:43撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝倉義景が虎御前山の織田信長と対峙するため、築いたとされた山崎丸
1
山崎丸
2016年05月19日 08:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山崎丸
1
山崎丸 これを築いたということから朝倉勢もやる気があったことがうかがえる
2016年05月19日 08:44撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山崎丸 これを築いたということから朝倉勢もやる気があったことがうかがえる
1
郡上に降りてきました
2016年05月19日 08:58撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
郡上に降りてきました
1
資料館に戻ってきた
2016年05月19日 09:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
資料館に戻ってきた
1
撮影機材:

感想/記録
by wine78

羽柴秀吉が小谷攻めで活躍する太閤記のような小説を読んできました。実際に、この山と城を訪れて、当日の戦国武士の営みが多少なりとも想像できました。単なる山歩きでなく、城好きな私として楽しめる山でした。
昨日は若狭小浜の後瀬山城を登りましたが、こちらの小谷城のほうがはるかにスケールが大きく、数多くの曲輪が全山に広く配置してあります。さすがに信長と戦った北近江の大名の城です。

朝倉勢が織田勢との戦いに備え、築いた曲輪があります。姉川では徳川勢に攻められ、士気の低い勢力との印象がありましたが、戦いへの準備はしっかり取っていたことが分かりました。
小谷城を巡る道は眺望はよくありません。しかし小谷山頂上からの下山路は遠く琵琶湖が見える美しい田園風景が見える場所が多くありました。
麓の小谷城戦国歴史資料館を訪れたら、ドラマ真田丸に因み特別企画展「石田三成に逢える近江路 MEET三成展」11月迄開催のチラシが置いてありました

平日の朝六時過ぎという早い時間に出発したので、登山者は一人もいませんでした。ただ9時30分に開館した資料館に行くと、登る道を聞く何組かの方がいました。

昨日の記録ー「後瀬山 若狭と近江の山城跡を訪ねて2」も見て頂けると嬉しく思います。
訪問者数:261人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

サル
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ