ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879220 全員に公開 ハイキング大峰山脈

深仙の宿でテン泊

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー nijoudake
天候両日とも快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
旭の峠の登山口から。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間26分
休憩
50分
合計
4時間16分
S太尾登山口11:3712:14P146812:1513:01古田の森14:08深仙ノ宿14:5615:13大日岳15:1415:53深仙ノ宿G
日帰り
山行
2時間59分
休憩
9分
合計
3時間8分
深仙ノ宿06:0206:52釈迦ヶ岳07:0007:46古田の森08:20P146809:08太尾登山口09:0909:10ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

きょうは出だし11kgほど。途中水を2L汲みます。
2016年05月21日 11:33撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうは出だし11kgほど。途中水を2L汲みます。
2
シロヤシオ?
2016年05月22日 08:48撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオ?
2
ホンシャクナゲ?
2016年05月22日 08:55撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホンシャクナゲ?
3
終始バイケイソウと笹原の開けた尾根を歩いて行きます。
2016年05月21日 12:02撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終始バイケイソウと笹原の開けた尾根を歩いて行きます。
2
左が釈迦ケ岳、右が大日岳。そしてへこんでるとこが今日の宿泊地。
2016年05月21日 12:46撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左が釈迦ケ岳、右が大日岳。そしてへこんでるとこが今日の宿泊地。
4
立ち枯れ。
2016年05月21日 13:08撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立ち枯れ。
1
深仙の宿に到着〜
2016年05月21日 14:07撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深仙の宿に到着〜
4
お堂
2016年05月21日 17:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お堂
左に迫力のある岩壁が四枚。
2016年05月21日 14:54撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に迫力のある岩壁が四枚。
3
テントを張って、大日へ
2016年05月21日 16:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントを張って、大日へ
5
あれが噂の岩壁か。もちろん巻道を行くよ。
2016年05月21日 15:31撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが噂の岩壁か。もちろん巻道を行くよ。
2
巻道を辿って大日岳到着。
2016年05月21日 15:15撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻道を辿って大日岳到着。
2
アケボノツツジ?の向こうに釈迦ケ岳
2016年05月21日 15:17撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アケボノツツジ?の向こうに釈迦ケ岳
5
もどってようやくビール!
2016年05月21日 15:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もどってようやくビール!
2
きょうは白ご飯を炊いてみた。
2016年05月21日 16:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きょうは白ご飯を炊いてみた。
2
ちょっと硬かったけど、カレーやからOK
2016年05月21日 17:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと硬かったけど、カレーやからOK
2
翌朝
2016年05月22日 05:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝
6
日の出〜
2016年05月22日 04:56撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出〜
8
釈迦ケ岳に到着〜
2016年05月22日 06:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釈迦ケ岳に到着〜
4
また来ます〜
2016年05月22日 06:54撮影 by E-PL6, OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また来ます〜
1

感想/記録

久っさびさのテン泊は深仙の宿に行ってきました。
両日快晴。
道中はほぼバイケイソウの群落と笹原の中を歩いていくので、見晴らしのいい尾根歩きで爽快!

で、初めて泊まる深仙の宿は、いいねえ。
右に大日岳、左に迫力のある岩壁がそびえ、正面は遮るものなく展望でき、幾重もの稜線が遠くまで見れます。

で、テントを張ってから大日岳へ。
もちろん巻道で。
でも巻道も結構厳しく、巻道の巻道が欲しかったわ。

で、戻ってのどごしで一杯!
で、晩御飯。

漫画『山と食欲と私』を読んで買ってしまった、トランギア製のメスティンっていう飯盒。
練習でサンマ缶を入れて炊いたときは上手いこと炊けたのに、今回は白ご飯で炊いてみたらちょっと硬かった。ま、きょうはカレーなので、ぶち込んでOK。2/3ほど残して、翌朝インスタントの味噌汁で雑炊にしました。
アルファ米も十分いけるけど、やっぱ炊いたご飯は旨い!

で、翌朝は、
ま、期待してたんだけど、
みごとに、
日の出を拝めました〜。
雲海付きで。

で、さっさと撤収して、
御釈迦さんにあって、
無事げざーん。
訪問者数:293人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/21
投稿数: 73
2016/5/23 22:53
 とうとう
テン泊ですね。
雨男のお噂は、何処かに行ってしまうほどの快晴の2日でしたね。
普段の行いが良いということにしておきましょう
テン場の水場は簡単にみつかりました?
途中の行者の隠れ水も枯れずに有った?のかしら?と余計な事を考えてしまいます。
地図に「枯れている時もある」と書かれた場所は、よく登る人にとっては、想像範囲かも知れませんが、地図の上でしか知らない人に(私)は、どうだったの?かしら?
と思ってしまいますわぁ。
テン泊大成功 ご苦労様でした。
登録日: 2015/1/15
投稿数: 109
2016/5/24 11:52
 Re: とうとう
yokko28様

ここのテン場は良かったですよ〜。
エリア自体は広くないですが、何より東側が遮るものがなく開けているので、雄大な光景をゆったりと眺めていられますよ。

深仙の宿の水場は、北東側に大きな岩が四枚そびえているのですが、その一番手前の岩の下にありました。お堂付近に水場への標識もありますし、踏み跡がしっかり付いているので迷うことなく、1、2分ほどで到着できます。この日はツーっと細い糸が引くように落ちていましたが、ぽたぽた程度の日も多いみたいです。

ここの水量が不安なのは他の方のレコで分かっていましたので、わたしは千丈平の水場で汲んでいきました。場所は、旭登山口から釈迦ヶ岳への登山道と深仙の宿への巻道の分岐より少し上へ登ったとこにあります。遠くからでも目立つ赤いテープが幹に巻き付けられ、「水」って表示もありますので、まず見落とすことはないと思います。水量も豊富に十分出ていました。

この巻道は、私の古い昭文社地図には載っていませんが、ヤマレコのヤマプラで見たら載っているので、最近の昭文社地図には載っているのだろうと思います。また地理院地図にもしっかり載っています。

尚、手持ちの古い昭文社地図の水場マークはかなり違う地点に表記されています。また、ヤマレコに使われているYahoo地図の大日岳は違うピークに付いている感じです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ