ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879584 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

シロヤシオツツジ満開の蛭ヶ岳

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー shingen
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間8分
休憩
49分
合計
7時間57分
S釜立沢登山口駐車スペース08:2308:29黍殻山 釜立沢登山口08:3009:10945m峰09:1110:12八丁坂ノ頭10:1310:38東海自然歩道最高地点10:3910:43姫次11:00原小屋平11:0111:09地蔵平道標11:18地蔵平11:1911:38ポッチノ頭11:3912:15小御岳12:1612:28蛭ヶ岳13:0313:21小御岳13:49ポッチノ頭13:5014:07地蔵平14:0814:16地蔵平道標14:25原小屋平14:37姫次14:3814:42東海自然歩道最高標高地点14:57八丁坂ノ頭14:5815:36945m峰15:3716:12黍殻山 釜立沢登山口16:1316:19釜立沢登山口駐車スペース16:20同駐車スペースG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

主脈線上でツツジがお出迎え。ただ、もう散りごろです。
2016年05月22日 10:28撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
主脈線上でツツジがお出迎え。ただ、もう散りごろです。
登山道から外れた奥にもひっそり咲いています。
2016年05月22日 10:34撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道から外れた奥にもひっそり咲いています。
姫次では富士山が…、うっすらお出迎え…。
2016年05月22日 10:41撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次では富士山が…、うっすらお出迎え…。
2
姫次を過ぎると、シロヤシオツツジの出番です。
2016年05月22日 10:48撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
姫次を過ぎると、シロヤシオツツジの出番です。
2
シロヤシオツツジが満開です。先週とは比べ物にならないほどです。
2016年05月22日 11:47撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオツツジが満開です。先週とは比べ物にならないほどです。
1
さわやかに咲き乱れています。
2016年05月22日 11:49撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわやかに咲き乱れています。
今回の撮影の目的はコレなので、ずっとシロヤシオが続きます。ごめんなさい。
2016年05月22日 11:53撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回の撮影の目的はコレなので、ずっとシロヤシオが続きます。ごめんなさい。
3
300mmの重い望遠レンズを持って行った甲斐がありました。
2016年05月22日 11:55撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
300mmの重い望遠レンズを持って行った甲斐がありました。
3
このツツジの下にテントを張って寝たい。
2016年05月22日 12:00撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このツツジの下にテントを張って寝たい。
3
西丹沢のツツジ新道もすごいらしいが、ここでも十分。
2016年05月22日 12:06撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢のツツジ新道もすごいらしいが、ここでも十分。
2
蛭ヶ岳へもう少し。振り向けば薄っすら高らかに富士がたたずむ。
2016年05月22日 12:39撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳へもう少し。振り向けば薄っすら高らかに富士がたたずむ。
1
今日は立ち止まっての撮影が頻繁だったので、昼過ぎの山頂到着。わり〜ね、恒例のオッサンの記念写真。
2016年05月22日 12:41撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は立ち止まっての撮影が頻繁だったので、昼過ぎの山頂到着。わり〜ね、恒例のオッサンの記念写真。
2
帰り道は超広角レンズに切り替えて撮影。
2016年05月22日 13:15撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道は超広角レンズに切り替えて撮影。
1
蛭ヶ岳山頂近くはまだつぼみ状態。
2016年05月22日 13:15撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳山頂近くはまだつぼみ状態。
1
下って行けば、ツツジに襲われそうなくらい頭上に開いています。
2016年05月22日 13:17撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下って行けば、ツツジに襲われそうなくらい頭上に開いています。
2
青空のもと、映えるツツジ。
2016年05月22日 13:19撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空のもと、映えるツツジ。
1
赤いツツジもがんばります!
2016年05月22日 13:23撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤いツツジもがんばります!
3
遠くのツツジはピンクじゃなければ目立たない。
2016年05月22日 13:26撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くのツツジはピンクじゃなければ目立たない。
まだまだ下ります。ご存じ、蛭ヶ岳の地獄の階段?と勝手に名付けたい。
2016年05月22日 13:34撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ下ります。ご存じ、蛭ヶ岳の地獄の階段?と勝手に名付けたい。
1
シロヤシオツツジの葉の輪郭は薄紫色なので、花が散ってもかわいい。
2016年05月22日 13:37撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオツツジの葉の輪郭は薄紫色なので、花が散ってもかわいい。
2
まぶしいツツジ。
2016年05月22日 13:38撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まぶしいツツジ。
2
ブナの大木も新緑の時期はたくましい。
2016年05月22日 13:56撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの大木も新緑の時期はたくましい。
2
次回来るころにはツツジは散っているだろう。さよなら。
2016年05月22日 14:51撮影 by SLT-A33, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次回来るころにはツツジは散っているだろう。さよなら。
撮影機材:

感想/記録

今日は日曜日にも関わらず、登山客が多かった。というか、団体さんが多かった。
昨晩、蛭ヶ岳山荘に泊った中高年40人ほどが一気に降りてきた。おお〜っ、ここは高尾山かっ?また、主脈線上に出ると次から次へと追い越されていく。そうトレランの軽装な人たちだ。ここ最近、本当に増えた。
主脈線上の姫次までのツツジは散り気味だった。それに代わって姫次からのシロヤシオツツジは満開を迎えていた。今日は最高のツツジ祭りだ!トレランの人たちも足を止めて撮影しているくらいだ。今回の写真はシロヤシオツツジだらけだ。300mmの重い望遠レンズを持って行った価値があった。ツツジにばかり目が奪われ勝ちだが、この時期のブナの新緑は美しい。
蛭ヶ岳山頂はいつものように、全部のテーブルが埋まりきることはなく、ほどよい人混みだ。しかし、この時期は眺望が冴えないので、写真を撮っている人はいない。ただただ、黙々と昼飯を食っているだけだ。
いつものように同じ道を下る。昼下がり、蛭ヶ岳に向かう笑い声が聞こえてきた。若い子、んんっ子供たちの大群だ〜。引率している人に聞くと、年に1度の幼稚園の登山だという。幼稚園児が蛭ヶ岳に登るとは…、いやいや引率する大人たちも登り慣れない人には過酷だ。この30人ほどの団体さんも蛭ヶ岳山荘に泊るんだろう。連日、山荘は大忙しだ。帰り道もツツジにハマりながら2時半過ぎに姫次に到着。誰もいない。いつもっこで一息つく人がいるんだが、私が最終下山者のようだ。
今年のツツジに大満足。また来年も会おう。
訪問者数:116人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

テント テン ブナ
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ