ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880916 全員に公開 ハイキング甲信越

子檀嶺(こまゆみ)岳/青木三山その1

日程 2016年05月21日(土) [日帰り]
メンバー gakukyourou
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
上田市から国道143号で青木村に入る。道の駅の先500m程で右折し、400m程山に向かって行くと左手に小さな村松神社がある。脇に10台ほど止められる駐車場があるので、周回コースを採る場合はここに駐車すると安心だ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

村松神社出発6:00―林道西洞線ゲート6:30ー登山口6:45〜7:10―尾根上7:45―仏岩下7:55―田沢嶺裏コース合流8:25―子檀嶺岳頂上8:30〜9:30―鳥居9:50―下山口10:30〜10:45―村松への分岐10:55―塩之入池11:15―村松神社ゴール12:00
コース状況/
危険箇所等
村松西洞コースを上り、当郷管社コースを下って周回した。
山の中は両コースともに道標も完備し、よく踏まれているので安心して歩ける。
問題は里道である。上りコースは国道から山頂までの半分が里道である。下山コースも同様。さらに入山口と下山口が1.5km程離れているので、合計すると5, 6kmは舗装道路の里道を歩く羽目になる。これをいかにして短くできるか、里道のコース採りが難しかった。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

国道143号より見た子檀嶺岳。登行意欲がそそられる
2016年05月21日 05:22撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道143号より見た子檀嶺岳。登行意欲がそそられる
村松神社に車を止めて歩き出す。村松地区の里道から仰ぎ見る子檀嶺岳
2016年05月21日 06:06撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
村松神社に車を止めて歩き出す。村松地区の里道から仰ぎ見る子檀嶺岳
林道西洞線を登って行くと、村はずれに獣害予防のゲートがある
2016年05月21日 06:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道西洞線を登って行くと、村はずれに獣害予防のゲートがある
途中からダートに変わった林道を進む。湯坂山の東麓近くで登山口に着き、やっと山道に入る
2016年05月21日 07:10撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中からダートに変わった林道を進む。湯坂山の東麓近くで登山口に着き、やっと山道に入る
道は良く踏まれているので安心だ
2016年05月21日 07:12撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は良く踏まれているので安心だ
湯坂山に繋がる尾根上に出る。山菜取り禁止のテープが張り巡らされていて目障りだ
2016年05月21日 07:46撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯坂山に繋がる尾根上に出る。山菜取り禁止のテープが張り巡らされていて目障りだ
右手に仏岩。「危険!近づくな!岩が脆くなっています」の看板あり
2016年05月21日 07:55撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に仏岩。「危険!近づくな!岩が脆くなっています」の看板あり
道標には時間が書いてある。仏岩を過ぎたのにまだ40分もかかるの?
2016年05月21日 08:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標には時間が書いてある。仏岩を過ぎたのにまだ40分もかかるの?
急登が続き、やっと修那羅峠から来る田沢嶺裏コースと合流。あと少しで頂上だ
2016年05月21日 08:26撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登が続き、やっと修那羅峠から来る田沢嶺裏コースと合流。あと少しで頂上だ
子檀嶺岳の頂上。子檀嶺神社奥社の祠が3基も祀られている
2016年05月21日 08:30撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
子檀嶺岳の頂上。子檀嶺神社奥社の祠が3基も祀られている
1
真南に夫神岳が格好良い。よし、今日の午後に登ろう
2016年05月21日 09:00撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真南に夫神岳が格好良い。よし、今日の午後に登ろう
1
下山後の里道をどう採るかが問題だ。写真左端の池から、写真中ほどに離れた小さな森の中にある松村神社の車まで、どう歩けば良いのだろうか
2016年05月21日 09:16撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山後の里道をどう採るかが問題だ。写真左端の池から、写真中ほどに離れた小さな森の中にある松村神社の車まで、どう歩けば良いのだろうか
1
山頂標識。さあ、当郷管社コースを降りよう
2016年05月21日 09:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識。さあ、当郷管社コースを降りよう
頂上稜線を東端まで進んでから一気に北側に下る。道は良好
2016年05月21日 09:40撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上稜線を東端まで進んでから一気に北側に下る。道は良好
北に降り切った所で鳥居をくぐる。「子檀嶺岳」の額が架かっている
2016年05月21日 09:52撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北に降り切った所で鳥居をくぐる。「子檀嶺岳」の額が架かっている
右回りに巻きながらゆるく下って行くと岳の平で林道に出る。ベンチがある
2016年05月21日 09:53撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右回りに巻きながらゆるく下って行くと岳の平で林道に出る。ベンチがある
林道に降り立った所から下山口を振り返る
2016年05月21日 09:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に降り立った所から下山口を振り返る
幅広く平坦な林道が杉林の中を突き抜けている
2016年05月21日 09:54撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広く平坦な林道が杉林の中を突き抜けている
そのまま林道を降りて行かなければならないのかと思っていたら、途中から再び山道。あの林道には車は入れないのかしら?
2016年05月21日 10:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そのまま林道を降りて行かなければならないのかと思っていたら、途中から再び山道。あの林道には車は入れないのかしら?
水場の案内
2016年05月21日 10:10撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場の案内
どんどん降りて行くと竹林となる。もう山道も終わりに近い
2016年05月21日 10:27撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん降りて行くと竹林となる。もう山道も終わりに近い
幅広い木の橋を渡って直ぐに登山道入り口に出た。あとは舗装道路
2016年05月21日 10:29撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅広い木の橋を渡って直ぐに登山道入り口に出た。あとは舗装道路
すぐに獣害予防のゲートを通る。この先に駐車場があり、ここから往復するなら楽だろう。でも周回コースではこれから里道歩きが大変
2016年05月21日 10:46撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに獣害予防のゲートを通る。この先に駐車場があり、ここから往復するなら楽だろう。でも周回コースではこれから里道歩きが大変
小さな社の下529m地点に道祖神と昔の道標があった。ここで右折し、小さな尾根を西に乗り越える
2016年05月21日 10:56撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな社の下529m地点に道祖神と昔の道標があった。ここで右折し、小さな尾根を西に乗り越える
キャンプ場らしい一画があり、竪穴住居(?)の上に子檀嶺岳が顔を出している
2016年05月21日 11:08撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場らしい一画があり、竪穴住居(?)の上に子檀嶺岳が顔を出している
塩之入池の堰堤を渡る。池越しに子檀嶺岳の頂稜部がそびえ立っている
2016年05月21日 11:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩之入池の堰堤を渡る。池越しに子檀嶺岳の頂稜部がそびえ立っている
地形図には堰堤の先に小尾根を越える道が描かれていたが、これが見つからない。結局、山裾沿いに舗装道路を歩く羽目になった。この途中で見た夫神岳
2016年05月21日 11:35撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形図には堰堤の先に小尾根を越える道が描かれていたが、これが見つからない。結局、山裾沿いに舗装道路を歩く羽目になった。この途中で見た夫神岳
1
やっと村松神社に戻れた。下山口から舗装の里道を延々と1時間15分も歩かされた。やれやれだ
2016年05月21日 12:14撮影 by Canon PowerShot D30, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと村松神社に戻れた。下山口から舗装の里道を延々と1時間15分も歩かされた。やれやれだ
撮影機材:

感想/記録

昨日(20日)は坂城町の五里ヶ峰から鏡台山に縦走した。今日(21日)は別所温泉の南にある独鈷山(とっこさん)に登る積りで、昨日のうちに登山口の沢山池近くまで入り、ここで車中泊した。でも、急に気が変わり、今回は独鈷山はやめて、第2候補の子檀嶺岳に変更した。理由は簡単、独鈷山に登るならもっと魅力あるルートを採りたいから。

塩田平を南下していると車中から独鈷山が良く見えた。とりわけ鋸歯状の主稜線が目立つ。今回は分県登山ガイドの長野版に紹介されたルートで登る予定であったが、この鋸歯状稜線は通らない。かなり厳しそうなので、予備知識なしでいきなり取り付くのは無理。だから今回はやめて、自分の力量で登れるかどうかを調べてから再度来ることにした。

ということで、早朝、独鈷山の登山口から子檀嶺岳の麓へ急遽車を移動する。30分ほどで着いた。
なお、子檀嶺と書いて「こまゆみ」なんて読めないですよねえ。

子檀嶺岳を往復で登るなら簡単だ。でも折角だから周回コースで変化を付けたい。この場合、ルート状況の項目に書いたように、里道の処理が問題。当郷管社コースを下ってきて、村松神社に止めた車までどうやって戻るかだ。

塩之入池までは予定通り降りてきた。ここから小尾根を越えて東洞に抜ければ近道になるはずだった。でも、地形図に描かれている堰堤先の道が見つからない。結局、阿鳥川沿いに下って大庭地区に出る羽目になった。この後は、山の縁を辿る形で舗装の里道を歩き、やっと車に戻れた。暑い中、延々と舗装道路を歩かされてうんざりした。

山の中は良かったのに、終わりが悪かったのは残念。もっとも上り下りのコースを変えてもあまり変化はなかった。だから、この山は頂上からの眺望を楽しむことを期待して、同じ道を往復すれば良いのかもしれない。

もし別の道を降りるなら、タクシーを呼ぶなど、里道を歩くことは避けた方が良いだろう。もっとも携帯電話を持っていない私には無理なことだが。
さもなければ複数の車を使用すればよい。今回、頂上で会った地元の年配の女性に、修那羅峠から往復するので、一緒に峠へ降りれば車で村松神社まで送りますよ、と誘われた。しかし当郷管社コースへの下山に拘り、この好意を断ったことを、舗装道路を歩きながら後悔した。

地元では、子檀嶺岳、夫神岳、十観山を青木三山と呼んで、中学生の学校登山の対象とのこと。そんなに簡単なの? とちょっとガッカリだけど、それだけ地元に馴染み深い山なのだ、と得心。今回その一つに登ったから、午後にはもう一つ、夫神岳に登るか! 乞ご期待!
訪問者数:233人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ