ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 883472 全員に公開 ハイキング大台ケ原・大杉谷・高見山

大台 七ツ釜高と添谷山・御座

日程 2016年05月28日(土) [日帰り]
メンバー sukanpo
天候曇りのち小雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク
大台ケ原ドライブウェイ 川上辻付近に路駐

大台ケ原駐車場
 国道169号線の新伯母峯トンネル北口(川上村側)から県道40号大台ケ原
 公園川上線(大台ケ原ドライブウェイ)に入り、約20凖个襪判点に広い
 駐車場があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間28分
休憩
1時間6分
合計
8時間34分
S川上辻06:3007:14コブシ峠07:47大台辻07:5008:44添谷山08:53狸峠08:5509:42七ツ釜高10:0210:43狸峠10:4710:55添谷山11:13御座11:2811:45添谷山11:5012:07広クリ谷ノ頭12:19P129212:2512:40広クリ谷ノ頭12:4513:13大台辻13:1914:00コブシ峠15:04川上辻G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
川上辻⇔大台辻(筏場道)
 往時の大台ケ原へ登るメインルートだけあって、道幅もありしっかり
 してますが、展望も無い山腹を地味〜に緩やか〜に下って行き、帰りは
 登って来るので退屈ですが、あちこちで沢を横切るので、水場は各所に
 あり休憩するにはいいです。
 また、川上辻とコブシ峠の間は、崩落している所や道幅が狭い所も
 あちこち にあり、通過には少し注意が必要です。
 こういう所にはロープが張られてますが、ロープが古く信頼性に疑問が
 ある ものも少なくないです。
 そして、倒木またぎ&くぐりは随所にあり、案外面倒です。

大台辻⇔添谷山
 大台辻の標識には『台高山系(悪路注意)』とありますが、筏場道に比べ
 ると、 踏み跡が薄くなるくらいで、添谷山までは歩きやすく悪路では
 ありません。
 広い尾根、細い尾根と随時変化しアップダウンもそうキツくないので
 楽し歩けます。

添谷山⇔七ッ釜高
 大台方面から来ると、狸峠・七ッ釜高方面はほぼ直進となります。
 (御座瑤篁灰凌瀬瞭方面の台高縦走路は、添谷山で左折です。)
 添谷山から緩やかに下って行くと、眼の前でストンと落ち込んでる所が
 ありますが、その下が林道の通ってる狸峠です。
 落ち込んでるところから林道へは、左右どちらからでも下りられます。
 狸峠から七ッ釜高へは、ちょっとの間だけ急登ですが、すぐに緩やかな
 細尾根になり、 尾根が広くなってくるとP1241で、その先のヤブの所
 から右折して下ります。
 鞍部から少し急な登りとなり軽いシャクナゲブッシュもあります。
 このシャクナゲブッシュの所は、帰りでブッシュを右寄りに避けると、
 右下の方に下りる尾根に入り込む恐れがあるので注意が必要です。
 シャクナゲブッシュから先、緩やかなアップダウンをすると前面の展望が
 ひらけ、七ッ釜高が眼の前に現れます。
 ここから少し下って左に曲がりながら登って行くと七ッ釜高山頂です。
 七ッ釜高山頂は西ノ谷を挟んで南の展望が良く、正面にテンネンコウシ高
 その奥の堂倉谷の向こうに、地池ノ高や加茂ノ助谷ノ頭などが眺められ、
 右上方向には、日出ヶ岳や三津河落山なども眺められます。

添谷山⇔御座
 七ッ釜高から添谷山に戻ってくると御座瑤榔κ向でロープのある急坂を
 下り、細尾根から広い尾根になって小さなアップダウンを過ぎるとヤセ
 尾根になり、狭い鞍部の先の岩場の右を巻いて木の根を掴みながら岩場を
 登ると岩峰の御座瑤離圈璽になります。
 ここは、本沢川を真下に望み西側の展望が素晴らしいです。
 ただ、狭く切り立った岩場の上なので、多人数では休憩に不向きです。

 今回のこのコースは、全般的に展望の効く所はほとんどありませんが、
 台高の森を歩くということではとてもいいコースだと思います。
 さらに、ほぼ人に出会わない(今日も0人)ので、静かな山歩きをした方
 にはもってこいだと思います。

 なお、GPSか最低限1/2.5万地形図は必携です。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 2.5万地形図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS(スマホ) 筆記用具 常備薬 ツェルト カメラ 熊鈴

写真

大台ドライブウェイの
途中、雲海の向こうに
大峰の弥山・八経ヶ岳
がなんとか見えている
2016年05月28日 05:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台ドライブウェイの
途中、雲海の向こうに
大峰の弥山・八経ヶ岳
がなんとか見えている
12
今日は、川上辻から
スタートします
2016年05月28日 06:29撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は、川上辻から
スタートします
8
右が大台辻方面筏場道
左が三津河落山方面
2016年05月28日 06:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が大台辻方面筏場道
左が三津河落山方面
4
この花シロヤシオ?
でもちょっと違うし
葉っぱは全然違う!
2016年05月28日 06:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この花シロヤシオ?
でもちょっと違うし
葉っぱは全然違う!
12
安心橋?
ちょっと揺れますが
頑丈な作りでホンマに
安心できます
2016年05月28日 06:58撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心橋?
ちょっと揺れますが
頑丈な作りでホンマに
安心できます
16
出った〜!
筏場道名物!?の倒木
行きは跨ぎましたが
帰りはくぐりました
こんなのが随所に
現れます
2016年05月28日 07:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出った〜!
筏場道名物!?の倒木
行きは跨ぎましたが
帰りはくぐりました
こんなのが随所に
現れます
5
金明水
「ボゴッ!ボゴッ!」
と湧き出ていました
2016年05月28日 07:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金明水
「ボゴッ!ボゴッ!」
と湧き出ていました
9
コブシ峠に到着
このあたりはとても
雰囲気がイイです!
2016年05月28日 07:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシ峠に到着
このあたりはとても
雰囲気がイイです!
11
昭和36年にドライブ
ウェイが開通するまで
大台ケ原に登るメイン
ルートであった筏場道
の賑わったであろう
往時をしのばせる石組
2016年05月28日 07:26撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昭和36年にドライブ
ウェイが開通するまで
大台ケ原に登るメイン
ルートであった筏場道
の賑わったであろう
往時をしのばせる石組
14
雰囲気のいい水場
(振り返って撮影)
2016年05月28日 07:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雰囲気のいい水場
(振り返って撮影)
5
お〜っと!
ギンリョウソウ!!
今年初めてです
2016年05月28日 07:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お〜っと!
ギンリョウソウ!!
今年初めてです
12
こっちは大家族です
右にはスネた?子供
左下には赤ちゃん?
2016年05月28日 07:33撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは大家族です
右にはスネた?子供
左下には赤ちゃん?
31
ここらあたりの稜線
はとても気持ちイイ
ですが、お天気は
残念です
2016年05月28日 07:39撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここらあたりの稜線
はとても気持ちイイ
ですが、お天気は
残念です
2
大台辻に到着
標識を左へ曲がると
筏場で、真っすぐに
尾根を上がると台高
縦走路
2016年05月28日 07:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台辻に到着
標識を左へ曲がると
筏場で、真っすぐに
尾根を上がると台高
縦走路
3
大台辻の少し上で
三津河落山が見える
2016年05月28日 07:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台辻の少し上で
三津河落山が見える
6
ヤッタ〜!!
シロヤシオの絨毯
2016年05月28日 07:57撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤッタ〜!!
シロヤシオの絨毯
11
もう終盤でしたが
木によってはまだまだ
綺麗に咲いてました
2016年05月28日 08:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう終盤でしたが
木によってはまだまだ
綺麗に咲いてました
20
ちょっと演出して…
2016年05月28日 08:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと演出して…
23
台高縦走路は、この
県境杭を追って歩く
2016年05月28日 08:18撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高縦走路は、この
県境杭を追って歩く
3
P1292への分岐、
広クリ谷ノ頭にある
メタボ測定樹!?は、
当然くぐりましたよ
で、P1292は帰りに
寄ってみよう!
2016年05月28日 08:25撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1292への分岐、
広クリ谷ノ頭にある
メタボ測定樹!?は、
当然くぐりましたよ
で、P1292は帰りに
寄ってみよう!
8
この小さな白い花も
あちこちで咲いてた
2016年05月28日 08:28撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小さな白い花も
あちこちで咲いてた
9
またまたシロヤシオの
絨毯
2016年05月28日 08:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまたシロヤシオの
絨毯
20
木の間越しにピークが
見えたけど、あれが
七ッ釜高かな?
2016年05月28日 08:40撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の間越しにピークが
見えたけど、あれが
七ッ釜高かな?
3
葉っぱのベッドで
むいむいがお寝んね
してました
2016年05月28日 08:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
葉っぱのベッドで
むいむいがお寝んね
してました
5
添谷山から狸峠に
下りてきて…
2016年05月28日 08:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山から狸峠に
下りてきて…
1
七ッ釜高に向け
正面の急登を登ります
2016年05月28日 08:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ釜高に向け
正面の急登を登ります
3
ちょっと展望が!
でも霞んでてなんや
ようわからん
2016年05月28日 09:03撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと展望が!
でも霞んでてなんや
ようわからん
2
ギンリョウソウ家族
またまた出現
2016年05月28日 09:22撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ家族
またまた出現
6
やっと七ッ釜高が
眼の前に現れた!
(中央左)
2016年05月28日 09:23撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと七ッ釜高が
眼の前に現れた!
(中央左)
5
このシロヤシオは
まだまだ満開です
2016年05月28日 09:30撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このシロヤシオは
まだまだ満開です
3
七ッ釜高へは雰囲気の
いい稜線を歩きます
2016年05月28日 09:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ釜高へは雰囲気の
いい稜線を歩きます
4
七ッ釜高に到着
こっちの北向きは
展望ありませんが
南向きは…
2016年05月28日 09:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ッ釜高に到着
こっちの北向きは
展望ありませんが
南向きは…
9
西ノ谷を挟んで手前に
西谷高とその向こうに
日出ヶ岳と三津河落山
2016年05月28日 09:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西ノ谷を挟んで手前に
西谷高とその向こうに
日出ヶ岳と三津河落山
11
こっちは、
テンネンコウシ高と
粟谷小屋?
2016年05月28日 09:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは、
テンネンコウシ高と
粟谷小屋?
4
これは粟谷小屋なんで
しょうか?
私行ったことないので
わかりません
2016年05月28日 09:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは粟谷小屋なんで
しょうか?
私行ったことないので
わかりません
8
ひこにゃんきんととの
記念撮影も忘れずに!
2016年05月28日 09:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひこにゃんきんととの
記念撮影も忘れずに!
20
これは加茂ノ助谷ノ頭
かな!?
2016年05月28日 09:53撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは加茂ノ助谷ノ頭
かな!?
2
虫がプ〜ンプ〜ンと
飛びまわってるけど
いつものヤマザキ
薄皮シリーズで
エネルギー補給です
2016年05月28日 09:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虫がプ〜ンプ〜ンと
飛びまわってるけど
いつものヤマザキ
薄皮シリーズで
エネルギー補給です
16
添谷山に戻る途中で
特徴的な三角の山は
鯎谷高かな!?
2016年05月28日 10:09撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山に戻る途中で
特徴的な三角の山は
鯎谷高かな!?
3
綺麗なシロヤシオと
雰囲気のいい稜線
2016年05月28日 10:14撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗なシロヤシオと
雰囲気のいい稜線
3
狸峠に戻って来ました
2016年05月28日 10:43撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狸峠に戻って来ました
2
林道は両側から崩れて
V字谷になってます〜
2016年05月28日 10:45撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道は両側から崩れて
V字谷になってます〜
7
向こう側も崩れまくり
で林道としては用を
成していません
2016年05月28日 10:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こう側も崩れまくり
で林道としては用を
成していません
5
行きは南側から下り
ましたが、戻りでは
北側から上がります
南側の方が少し傾斜
緩いかなぁ!?
2016年05月28日 10:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行きは南側から下り
ましたが、戻りでは
北側から上がります
南側の方が少し傾斜
緩いかなぁ!?
2
これって、
サラサドウダン?
なんか可愛いです!
2016年05月28日 10:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これって、
サラサドウダン?
なんか可愛いです!
14
添谷山に戻ってきて
御座瑤妨かいます
2016年05月28日 10:56撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山に戻ってきて
御座瑤妨かいます
5
ほんで、これも
サラサドウダン?
2016年05月28日 11:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほんで、これも
サラサドウダン?
6
この岩の右側を
巻いた先の岩場を
上がって
2016年05月28日 11:10撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この岩の右側を
巻いた先の岩場を
上がって
4
次の岩場を上がると…
2016年05月28日 11:11撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の岩場を上がると…
2
バ〜ン!と絶景の
御座瑤謀着です!!
2016年05月28日 11:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バ〜ン!と絶景の
御座瑤謀着です!!
9
真下に本沢川で
天気良ければ大峰も
見えるんやろな〜!
2016年05月28日 11:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真下に本沢川で
天気良ければ大峰も
見えるんやろな〜!
7
御座瑤濃按轍詫郢海
バックにひこ&きんの
記念撮影
2016年05月28日 11:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御座瑤濃按轍詫郢海
バックにひこ&きんの
記念撮影
17
こっちは、台高縦走路
北側方面
2016年05月28日 11:16撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちは、台高縦走路
北側方面
4
添谷山に戻る途中、
御座瑤隆箴譴魏爾蠅
狭い鞍部正面の岩は
右に巻道があります
2016年05月28日 11:31撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
添谷山に戻る途中、
御座瑤隆箴譴魏爾蠅
狭い鞍部正面の岩は
右に巻道があります
4
ロープのある急登を
登ると、もうそこが
添谷山です
2016年05月28日 11:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのある急登を
登ると、もうそこが
添谷山です
3
天○△学が木に
食べられてます
2016年05月28日 11:46撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天○△学が木に
食べられてます
14
ネジネジシロヤシオ
もう花は終わってた
2016年05月28日 11:54撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ネジネジシロヤシオ
もう花は終わってた
11
あれは、御座瑤
ちゃうわなぁ〜!?
2016年05月28日 11:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは、御座瑤
ちゃうわなぁ〜!?
2
尾鷲営林署の看板も
食べられてます
2016年05月28日 11:55撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾鷲営林署の看板も
食べられてます
10
シロヤシオの絨毯を
踏んで…
2016年05月28日 12:05撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシオの絨毯を
踏んで…
2
メタボ測定樹!?に
戻ってきて、川上辻は
右ですが、左に進み
P1292へ行ってみます
2016年05月28日 12:07撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メタボ測定樹!?に
戻ってきて、川上辻は
右ですが、左に進み
P1292へ行ってみます
4
最初は気持ちのいい
尾根でしたが、ほぼ
全般的に荒れてました
2016年05月28日 12:08撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は気持ちのいい
尾根でしたが、ほぼ
全般的に荒れてました
1
展望も、なんの面白味
も無いP1292に到着
先の明るくなってる
とこで見えたのは…
2016年05月28日 12:19撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望も、なんの面白味
も無いP1292に到着
先の明るくなってる
とこで見えたのは…
4
これだけでした
(T_T)
2016年05月28日 12:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これだけでした
(T_T)
4
このデッカイ倒木は
跨げないので根っ子
側をまわりこみました
2016年05月28日 12:37撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このデッカイ倒木は
跨げないので根っ子
側をまわりこみました
4
メタボ測定樹に戻って
スリ抜けを撮影して
見ました
2016年05月28日 12:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メタボ測定樹に戻って
スリ抜けを撮影して
見ました
9
大台辻まで戻って
来ました
右:筏場 左:西谷橋
正面:川上辻方面です
2016年05月28日 13:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台辻まで戻って
来ました
右:筏場 左:西谷橋
正面:川上辻方面です
4
大台辻の標識には、
台高山系(悪路注意)と
ありますが、御座
までは特に悪路では
なかったが、その先の
池木屋山あたりまでが
台高の核心部!?
2016年05月28日 13:13撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大台辻の標識には、
台高山系(悪路注意)と
ありますが、御座
までは特に悪路では
なかったが、その先の
池木屋山あたりまでが
台高の核心部!?
6
現在、筏場道は釜ノ公
吊り橋〜川上辻間は
全面通行止めですが、
それでも奈良県知事が
“大台ケ原登山歩道敷”
として大杉谷国有林を
借り受けてることが
記載されてます
2016年05月28日 13:15撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在、筏場道は釜ノ公
吊り橋〜川上辻間は
全面通行止めですが、
それでも奈良県知事が
“大台ケ原登山歩道敷”
として大杉谷国有林を
借り受けてることが
記載されてます
7
筏場道の石組と
パォ〜ン!?の木
2016年05月28日 13:44撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
筏場道の石組と
パォ〜ン!?の木
5
この水場、ほんとに
雰囲気いいんやけど
雨が降り始めたので
通過します
2016年05月28日 13:49撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この水場、ほんとに
雰囲気いいんやけど
雨が降り始めたので
通過します
6
コブシ峠に戻ったころ
から、雨がしっかりと
降るようになってきた
でも濃い樹林帯のため
あんまり濡れないので
そのまま歩く
2016年05月28日 14:00撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシ峠に戻ったころ
から、雨がしっかりと
降るようになってきた
でも濃い樹林帯のため
あんまり濡れないので
そのまま歩く
2
金明水も雨模様では
いっぷくする気には
ならず通過しました
2016年05月28日 14:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
金明水も雨模様では
いっぷくする気には
ならず通過しました
5
この倒木は跨げないし
くぐれない!
手前から高巻!?の
踏み跡がありました
2016年05月28日 14:06撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この倒木は跨げないし
くぐれない!
手前から高巻!?の
踏み跡がありました
5
このコース中でここが
イチバン危ないところ
と思います
このような崩落箇所が
ちょこちょこあります
2016年05月28日 14:12撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース中でここが
イチバン危ないところ
と思います
このような崩落箇所が
ちょこちょこあります
5
安心橋まで戻って
来ましたが、まだ
少し退屈な登りが
続きます
2016年05月28日 14:20撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心橋まで戻って
来ましたが、まだ
少し退屈な登りが
続きます
1
退屈を癒してくれる
小さな白い花
2016年05月28日 14:21撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
退屈を癒してくれる
小さな白い花
3
そして、ツツジと
シロヤシオ
2016年05月28日 14:38撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして、ツツジと
シロヤシオ
12
木々のスキマから
日出ヶ岳なんかを
見ながら小雨の中を
黙々と歩く
2016年05月28日 14:42撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々のスキマから
日出ヶ岳なんかを
見ながら小雨の中を
黙々と歩く
5
ちょっと危険!
でも頑丈な鎖が
あり安心です
2016年05月28日 14:47撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと危険!
でも頑丈な鎖が
あり安心です
4
またまた、ツツジと
シロヤシオに癒される
2016年05月28日 14:50撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またまた、ツツジと
シロヤシオに癒される
2
ここも崩落箇所
こんなところを
何ヶ所も通って…
2016年05月28日 14:52撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも崩落箇所
こんなところを
何ヶ所も通って…
2
笹原になって来ると
川上辻はスグそこ
2016年05月28日 14:59撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原になって来ると
川上辻はスグそこ
2
川上辻に無事帰還!
雨降りでも樹林帯
だったので少ししか
濡れなかったのに、
最後のこの笹原で
足もとズブ濡れ!
2016年05月28日 15:04撮影 by DSC-WX300, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川上辻に無事帰還!
雨降りでも樹林帯
だったので少ししか
濡れなかったのに、
最後のこの笹原で
足もとズブ濡れ!
16

感想/記録

多くのハイカーや観光客で賑わう大台ケ原も、日出ヶ岳や大蛇瑤亮遊コースを
一歩外れると、それまでの賑わいがウソのように静かな森となり、木々に癒され
ながらとても気持ちの良い山歩きが楽しめます。

今回のコースの川上辻から大台辻までの筏場道は、ドライブウェイが完成する
まで大台ケ原に登るメインルートであり、歴史ある古道でもあるのですが、
尾鷲道同様、今はもう忘れ去られたような登山道となっており、土・日でも
ほとんど人に出会わないとても静かないいコースです。

さて、前日の夜ヤマレコを開くと、ta_chanmさんの 『大台ケ原〜コブシ(マブシ)
嶺ピストン』の山行計画が出てきたので、「ひょっとしたら大台ケ原でお会い
できるかも!?」とメッセージを送らせていただいたのですが、ta_chanmさんは
ドライブウェイがガスガスだったため、予定の大台〜コブシ嶺は断念し、大峰の
百合ヶ岳に転進されたため、お会いすることができず残念だったです。

ta_chanmさん!そのうちどっかの山でお会いすると思います。
その時を、楽しみにしときますよ〜 (^_^)v
訪問者数:462人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/16
投稿数: 262
2016/5/29 18:34
 こんばんは!
七ッ釜高まで行かれたんですね。
私が山歩きに本気出すきっかけとなった「宮川第三発電所〜七ッ釜滝」までの往復8時間歩きのすぐ上方なんですね。
大杉谷がどんなところであり、また厳しさも何もわからないのに登山経験者に「大杉谷へ行きたいから同行頼む」という入り方をしたのです。
なのでsukanpoさんの今回の歩きは、非常に興味ありますね!

まだ大台ケ原さえも知らない(駐車場までは行ったことがあるが)のですが、大台ケ原そのものよりも「その周辺」に興味がいきますね私は。
ああ、次週末も天候はイケそうだから食指が動くなあ。
こうして訪れてみたい先は増える一方ですね。
近畿周辺で知らないところはたくさんあるので「選択肢が多い」というのはむしろ贅沢かもしれないですね。
今回わたしは撤退しましたが、レコではガスっていませんね〜
大台の手前まで進みながら戻ったのは、間違いだったのでしょうかね?

近いうちにお遭いできることを楽しみにしております!
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/29 21:43
 Re: こんばんは!
ta_chanmさん、こんばんは。

土曜日は、ガスのイタズラ?でお会いできなくて残念だったです。
私がドライブウェイを走ってる時、大台口トンネルあたりがイチバン
ガスってて、少し上がるとガスを抜けたみたいで、下に雲海だったです。

ta_chanmさんの山歩きの原点は、大杉谷だったんですね。
私は、大杉谷には行ったことなく未知の世界なので一度は行ってみたい
ですが、台高の三重県側の谷には民話にもなってる『牛鬼淵』なんて
とこもあり非常に興味がひかれます。でも、ヒルが怖い〜!!

大台ケ原は、周遊コースとそこから外れたところでは、まったくの別世界で
旧来の大台ケ原の雰囲気はその外れたところにあると思います。
それは、展望よりも森にあるんだと思います。
大台ケ原がまだ未経験なら、まずは日出ヶ岳・大蛇瑤覆鵑任靴腓Δ、
スグに周辺に足を踏み入れたくなりますよ〜!!
台高の森には、それだけの魅力が十分にあります。
堂倉山〜マブシ嶺や筏場道に七ッ釜高、そのほかにもイイとこはいっぱい
あると思うので、ぜひ行ってみてください。
そんな台高で、偶然お会いできると嬉しいですね〜!!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 943
2016/5/29 23:11
 七ツ釜高から南側パノラマはいつか見に行きたい!!
sukanpoさん こんばんわ
シロヤシロの豪華な絨毯の中でお楽しみ!七ツ釜高からの景色ごちそうさまです。
大台辻以南にもけっこう崩壊場所あったりで注意場所があるんですね。
写真 53を拝見していると御座瑤ら北は痩せ尾根・道なきヤブだらけって感じが伝わってきて私の足がプルっプルっと震えて・・・(ただの筋肉痛?)・・ます
私もメタボ測定したり七ツ釜高から南の景色も見に行きたいです。新緑でこれだからきっと紅葉の季節も素晴らしいんだろうな〜・・・
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2046
2016/5/30 6:36
 sukanpoさん おはようございます!
今回も超ロングコースですね
この周辺は人の気配が無くて、静かでいいところでしょうね。
いつもすごい距離を歩かれているので、うらやましいです。
サラサドウダンはあまり見かけませんが、かわいい小粒で群れているところがいいですね
お疲れさまでした
また私には到底行けないところの山、UPを楽しみにしています!
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/30 7:58
 Re: 七ツ釜高から南側パノラマはいつか見に行きたい!!
cicsさん、おはようございます。

シロヤシオ、まだまだ頑張って咲き誇ってる木もあったり、落花中の木では
下が白い絨毯だったりで、十分堪能できました。
そして、静かな森の中「ほろっ!ほろっ!」という感じで落ちてくる花も
風情があってとてもよかったです!
大台ケ原は台地状なので、日出ヶ岳がでっかい山として見えるところが
少ないと思うのですが、七ッ釜高からはでっかく見えるのでいつも見慣れてる
のとはちがう日出ヶ岳が眺められ良かったですよ
ほんで、御座瑤ら眺めた台高縦走路の険しさも、台高つなぎの最難関という
感じがよくわかりました

紅葉の季節は、もっと素晴らしいと思うので「天高く“suka” 肥える秋」に
メタボ測定樹のすり抜けが大丈夫か試しに行きます〜
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/30 8:20
 Re: sukanpoさん おはようございます!
s_fujiwaraさん、おはようございます。

今回、P1292なんかに立ち寄ってるので、距離は長いように見えますが、
スマホGPSの精度が悪いので実際の距離は1割程度少ないと思います。
このコースは、長い急登が無いので s_fujiwaraさんもなんの問題もなく
歩けると思います
深くて静かな森の中、「まったく人に会わずに歩ける!」というのは
とても “贅沢” なことのように思いました。
ぜひ、s_fujiwaraさんにも行ってみてもらいたいです

サラサドウダンなのかどうかよくわからないのですが、ちっちゃな花が
可愛かったですね
今度は、どこの山でどんな新たな発見があるのか楽しみです〜
登録日: 2014/4/29
投稿数: 255
2016/5/30 9:32
 参考になりました。
sukanpoさん こんにちは。
近々、歩く予定をしている、
川上辻から大台辻までの筏場道の様子が分かりました。
参考になりました。
御座瑤らの展望、天気が良くなかったようで、少し残念でしたね。
小雨でも、自然の森の大きな傘の下を歩けるので、助かりますよね。
登録日: 2015/3/13
投稿数: 500
2016/5/30 11:41
 興味津々・・ですが・・。
こんちわ〜 sukanpoさん。
「山なんてしんどくて登りたくもないし興味もない!!」頃でも大台ヶ原周遊コースだけは特別で子供達を連れて毎年行ってました。(山人からそこは「山」じゃないから!と言われましたが・・・)
途中のドライブウェイから見える深く深く重なる山並みを見るたび
「こんな中に迷い込んだら生きては出てこれないな〜。」といつも大自然に畏れを感じずにはいられませんでした。
今回のsukanpoさんのコースそんな中ですよね?! 興味津々ですが難易度高いし それよりあの景色を思いだすと恐さが先にきてしまいます
「大杉谷」行ってみたいですね〜去年からず〜〜〜っと考えてますが
まだスキル不足かな〜と躊躇です〜〜
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/30 21:53
 Re: 参考になりました。
wingletさん、こんばんは。

この週末に歩かれるんですか!?
「参考になりました。」ということですが、大台辻〜川上辻であれば
wingletさんなら、私のレコが無くても全然問題なく行けますよ〜!!
崩落部分を除けば、普通の というよりそれ以上に立派な登山道ですから!
レコ、楽しみにしときますね〜

「自然の森の大きな傘の下…。」これまた、名言ですね
ホントに、“森の大きな傘” そのまんまだったです。
抱かれ、癒され、助けられ。
台高の森の美しさ、優しさ、おおらかさ、には魅了されますね!
もう、台高にハマりまくり〜!?
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/30 22:16
 Re: 興味津々・・ですが・・。
Yanyan7さん、こんばんは。

大台の周遊コースは、表の顔として素晴らしい景観だと思うのですが、
本当の大台ケ原魅力は、明るい笹原ではなく原始の森と深く刻まれた
谷やと思います。
なので、西大台や大杉谷が魅力あるんでしょうね
今回のコース、川上辻〜大台辻は崩落個所はあってもちょっと注意すれば
なんら問題はないし、御座瑤泙任梁羚盻珍路もそんなに危険なところは
無いと思うので、興味津々ならぜひ行ってみてくださいね!
七ッ釜高も、尾根芯を外さなければ問題ないと思いますが、一応地形図は
持って行かれた方がイイでしょうね!
深い谷の向こうに聳える七ッ釜高から眺めるデッカイ日出ヶ岳は、ちょっと
違った趣きがあるので絶対におススメです
レコがアップされるのを楽しみにしときますわ〜
登録日: 2015/1/9
投稿数: 825
2016/5/31 0:33
 御座
sukanpoさん、こんばんは。
御座瑤らの展望、天気がいまいちで残念でしたね。でもここは私も一度は訪れてみたいところです。天気がよければ最高なんでしょうね
ここしばらく子どもと一緒の山行き続きでちょっと欲求不満がたまってきています ここらでガッツリあほほど歩きたいですわ。
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/5/31 5:32
 Re: 御座
Hacchyさん、おはようございます。

御座瑤らの展望、お天気が良ければ絶景やったと思います。
ちょっと残念でしたが、台高縦走路の核心部(私は池木屋山〜御座瑤
思ってます)のほんのさわりを体験できたことが嬉しかったですわ
ガッツリ歩くなら、御座瑤ら先の山ノ神ノ頭に向けどこまで行けるか!?
ってとこでしょう。
でも、Hacchyさんほどの馬力があれば、川上辻から山ノ神ノ頭までの
ピストンもできるんでは?
山ノ神ノ頭から御座瑤隆屬まだ未知の世界なのですが、ここが台高でも
イチバン面白い所なんではないのかなぁ!?って勝手に思ってます。
アクセスが悪いのですが、そのぶん歩きがいがあるでしょう
ぜひ、台高の核心部を体験されることをおススメします〜

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ