ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884190 全員に公開 ハイキング蔵王・面白山・船形山

瀧山(竜山ゲレンデ周回)

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー cyder
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
瀧山ゲレンデ最下部に駐車
スキー場近辺はオフシーズンならば駐車場所には困りません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間46分
休憩
6分
合計
1時間52分
Sスタート地点05:3805:45瀧山登山口06:38瀧山06:4407:30ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登りのコースは雨上がりなどは滑りやすいので注意を
途中カモシカに遭遇しましたが、他にも大型動物の痕跡が多数見られます、鈴やラジオは忘れずに
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

膝に不安があったので今日は軽めに瀧山へ
まだ歩いていない蔵王温泉からのコースです

写真は瀧山ゲレンデ
左側の工事中?の影のところが今回の登り口
右側リフト支柱よりさらに右が降り口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
膝に不安があったので今日は軽めに瀧山へ
まだ歩いていない蔵王温泉からのコースです

写真は瀧山ゲレンデ
左側の工事中?の影のところが今回の登り口
右側リフト支柱よりさらに右が降り口
3
ゲレンデ内の作業用の道路を歩いて登山口へ
最近新しくなったジャンプ台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデ内の作業用の道路を歩いて登山口へ
最近新しくなったジャンプ台
看板は小さいですが、ゲレンデの左端を注意して歩けば登山口は見落とさないと思います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
看板は小さいですが、ゲレンデの左端を注意して歩けば登山口は見落とさないと思います
瀧山の北斜面は岩が多いです
独特の赤い色をしてますね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀧山の北斜面は岩が多いです
独特の赤い色をしてますね
2
登山道はここもまた良く整備されております
ブナの林の中を九十九折に高度を上げます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道はここもまた良く整備されております
ブナの林の中を九十九折に高度を上げます
少し登るとお神楽岩の看板がありましたのでちょっと寄り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し登るとお神楽岩の看板がありましたのでちょっと寄り道
すこし歩くと眺望の開けたポイントがあります
この辺がお神楽岩だと思うんですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すこし歩くと眺望の開けたポイントがあります
この辺がお神楽岩だと思うんですが・・・
1
これがお神楽岩?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがお神楽岩?
2
また少し登ると分岐があります
看板は「蔵王温泉⇔瀧山」の表示なのでこの分岐がどこに行くかは書いてませんが、地図上で1187Pに向かう破線の道です
ここでもちょっと寄り道
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また少し登ると分岐があります
看板は「蔵王温泉⇔瀧山」の表示なのでこの分岐がどこに行くかは書いてませんが、地図上で1187Pに向かう破線の道です
ここでもちょっと寄り道
1
やや歩くとここでも眺望がきくポイントがあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや歩くとここでも眺望がきくポイントがあります
3
この辺が屏風岩でしょうか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺が屏風岩でしょうか?
4
下は崖
高い所が苦手な人は足が竦みます
左側が登ってきた竜山ゲレンデ
駐車している自分の車も見えました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下は崖
高い所が苦手な人は足が竦みます
左側が登ってきた竜山ゲレンデ
駐車している自分の車も見えました
2
それほど急な所はないですが、滑りやすそうなところにはロープが張ってあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それほど急な所はないですが、滑りやすそうなところにはロープが張ってあります
1
登山道をカモシカが通せんぼ
しばらくのにらみ合いの末、道を譲ってもらいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道をカモシカが通せんぼ
しばらくのにらみ合いの末、道を譲ってもらいました
7
岩と雁戸山
右の方に瀧山からドッコ沼方面に続く尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩と雁戸山
右の方に瀧山からドッコ沼方面に続く尾根
5
今日も天気がよく遠くまで見通せました
奥は吾妻連峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も天気がよく遠くまで見通せました
奥は吾妻連峰
3
瀧山山頂到着
朝日岳も月山もくっきり見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
瀧山山頂到着
朝日岳も月山もくっきり見えます
4
そしてやっぱり鳥海山は見えても写真には写らず
朝靄がまだ晴れていないこの雰囲気好きです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてやっぱり鳥海山は見えても写真には写らず
朝靄がまだ晴れていないこの雰囲気好きです
2
雁戸山
今日も暑くなりそうです
先週と同じ方面に下山開始
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雁戸山
今日も暑くなりそうです
先週と同じ方面に下山開始
3
先週下った宝沢分岐を今日は直進します
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週下った宝沢分岐を今日は直進します
1
すぐに温泉方面に降りる分岐
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに温泉方面に降りる分岐
ここも歩きやすいいい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも歩きやすいいい道です
沢沿いの道なので虫も少なく、何より涼しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの道なので虫も少なく、何より涼しい
1
沢から登るところ
道のように見えますが、左は沢
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢から登るところ
道のように見えますが、左は沢
刈払されていなければここは背丈ほどの笹薮
整備して頂いてる方々に感謝
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
刈払されていなければここは背丈ほどの笹薮
整備して頂いてる方々に感謝
ゲレンデから登山道への看板
ここの看板も小さいです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲレンデから登山道への看板
ここの看板も小さいです
同じ作業道を今度は降ります
疲れている時だと砂利は歩きづらいですが、今日は軽めにしたのでサクサク降りれました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ作業道を今度は降ります
疲れている時だと砂利は歩きづらいですが、今日は軽めにしたのでサクサク降りれました
1

感想/記録
by cyder

先週の瀧山から膝に違和感があったので、今週はお休みにする予定でしたが今日も天気がいいので軽めなコースに繰り出しました

登りのコースは、随所で南側(温泉街方面)の眺望が開け、短いながらも楽しめるコースだと思います
途中岩場や滑りやすい所もありますが、手がかりもロープもあるので問題なしです

下りは山頂すぐの急な斜面に注意すれば他は危険な箇所はありません
谷沿いの道は眺望は無いですが、静かで暑い時期でも快適に歩けそうです

ゆっくり歩けば往復3時間程度、時間が無い時のちょっとしたハイキングにはおすすめだと思いました

瀧山も大滝コースを除けば、後は前滝コースとドッコ沼へのコースが未踏です
これも近日中に歩いてみたいと思います
訪問者数:214人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

カモシカ ブナ リフト
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ