ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 884633 全員に公開 ハイキング丹沢

檜洞丸北尾根から周回

日程 2016年05月29日(日) [日帰り]
メンバー zuppy1519
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
日陰沢橋手前の駐車スペース
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち53%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間34分
休憩
58分
合計
7時間32分
S神ノ川ヒュッテゲート前登山口05:2405:34矢駄尾根登山口06:13広河原入口07:13檜洞丸北尾根08:25檜洞丸08:5509:34熊笹ノ峰09:46大笄10:32小笄10:3810:50東沢ノ丸11:23犬越路11:4512:56神ノ川ヒュッテ登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
檜洞丸北尾根はバリエーションルートです。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 スマホGPS 西丹沢詳細図

写真

日陰沢橋(標高540m)から神之川林道を歩い檜皮橋。(標高700m) 今日は暑くなりそう。
2016年05月29日 06:08撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日陰沢橋(標高540m)から神之川林道を歩い檜皮橋。(標高700m) 今日は暑くなりそう。
2
カーブミラーのところからルートに入るが、露に濡れた草が茂っててびっしょり。(724m標高点)
2016年05月29日 06:14撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カーブミラーのところからルートに入るが、露に濡れた草が茂っててびっしょり。(724m標高点)
堰堤横を進む。2度目なので何となく判るが、初めてだと草の茂った径路を辿るのは難しいかも。
2016年05月29日 06:16撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤横を進む。2度目なので何となく判るが、初めてだと草の茂った径路を辿るのは難しいかも。
堰堤の奥で、ようやく草地から逃れられた。標高750m。
2016年05月29日 06:20撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の奥で、ようやく草地から逃れられた。標高750m。
1
踏み跡とマーキングを辿って斜面をジグザグに登って行く。標高850m付近。
2016年05月29日 06:31撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡とマーキングを辿って斜面をジグザグに登って行く。標高850m付近。
去年、間違って右に行ってしまい、無理やり植林帯を直登した。今日は、右は倒木で塞がっているので自動的に左に折れる。この付近、踏み跡が多少荒れていて判りにくい。標高1000m付近。
2016年05月29日 06:51撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
去年、間違って右に行ってしまい、無理やり植林帯を直登した。今日は、右は倒木で塞がっているので自動的に左に折れる。この付近、踏み跡が多少荒れていて判りにくい。標高1000m付近。
西丹沢詳細図にあるドラム缶広場に到着。標高1070m。
2016年05月29日 07:01撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西丹沢詳細図にあるドラム缶広場に到着。標高1070m。
2
標高1130m付近から植林帯を抜け、新緑のブナ林に突入。ここのブナ林は長いので紅葉時も期待できそう。写真は標高1350m。
2016年05月29日 07:50撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1130m付近から植林帯を抜け、新緑のブナ林に突入。ここのブナ林は長いので紅葉時も期待できそう。写真は標高1350m。
5
シロヤシロの花は全部散っていた。標高1420m。
2016年05月29日 07:59撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シロヤシロの花は全部散っていた。標高1420m。
これはシロヤシロではありません。(イヌザクラ?かな)標高1510m。
2016年05月29日 08:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはシロヤシロではありません。(イヌザクラ?かな)標高1510m。
3
上の方はツツジやシロヤシロが残っているところもありました。標高1550m。
2016年05月29日 08:18撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の方はツツジやシロヤシロが残っているところもありました。標高1550m。
4
山頂直下はバイケイソウを掻き分けて進む。草の間から虫が大量に飛び出してきて歩きづらい。(写真の黒い点も虫)
2016年05月29日 08:23撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下はバイケイソウを掻き分けて進む。草の間から虫が大量に飛び出してきて歩きづらい。(写真の黒い点も虫)
1
ほどなく檜洞丸山頂に到着。標高1601m。この時間、まだ人は少なかった。山頂も目に入りそうなくらい虫が多かった。
2016年05月29日 08:24撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほどなく檜洞丸山頂に到着。標高1601m。この時間、まだ人は少なかった。山頂も目に入りそうなくらい虫が多かった。
3
おお、久々にクッキリした富士山を拝めました。
2016年05月29日 08:53撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお、久々にクッキリした富士山を拝めました。
7
犬越路方面へ下ります。熊笹ノ峰方面はツツジもきれいでした。標高1550m。
2016年05月29日 09:13撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路方面へ下ります。熊笹ノ峰方面はツツジもきれいでした。標高1550m。
2
ツツジの先に富士山。犬越路方面へは一般登山道ながら鎖場や梯子がある難所ですが、このレコでは省略します。
2016年05月29日 09:48撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツツジの先に富士山。犬越路方面へは一般登山道ながら鎖場や梯子がある難所ですが、このレコでは省略します。
4
これはヤマツツジだっけ?
2016年05月29日 10:27撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはヤマツツジだっけ?
犬越路の避難小屋でしばし休憩。あとは神ノ川ヒュッテ方面に登山道を下りました。標高1065m付近。
2016年05月29日 11:44撮影 by DSC-HX60V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
犬越路の避難小屋でしばし休憩。あとは神ノ川ヒュッテ方面に登山道を下りました。標高1065m付近。

感想/記録

1年ちょっとぶりの日陰沢橋ですが、草木も茂ってヘビとか出そうなので、危険が少なそうなルートで周回してきました。
※月間容量がいっぱいになったので写真や説明は少なくなっています。

檜洞丸北尾根:入口が少し判りづらいですが、美しいブナ林の続く尾根です。山頂付近でシロヤシロがちょっぴり残っていました。先々週の蛭ヶ岳〜臼ヶ岳でも既に咲いていましたが、檜洞丸周辺は噂通りシロヤシロが群生しているんですね。来年また再挑戦したいです。

犬越路への大笄小笄のルート:超初心者の頃、鎖にビビリながら通って以来です。前回は景色を楽しむ余裕もありませんでしたが、今回は景色も楽しみながら歩くことができました。キツイだけでなく展望や原っぱなど意外と美しい尾根でした。
訪問者数:286人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ