ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 886940 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走大台ケ原・大杉谷・高見山

台高山脈 三之公林道↑(弥次平峰付近〜馬ノ鞍峰)北股林道↓

日程 2016年05月31日(火) [日帰り]
メンバー cicsyamaotoco
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
1台を北股林道の北股トンネルの少し手前の林道脇にデポ (2台程度のスペース)
1台を三之公林道終点(カクシ平登山口)にデポ (5台程度のスペース)
           ========
<北股林道:三之公出合から手掘りトンネルを過ぎるのにたっぷり30分>
10日ほど前は北股トンネルを越えた先で路肩が崩れていましたが、下山時に見たところ補修されていました。林道終点(H鋼ドラム缶)から徒歩10分くらい手前で大岩小岩が林道を塞いでおり車の通行は不可。(人は通過できます) 
手掘りトンネルから先は凸凹&水たまり多し、握りこぶし1〜2個サイズの落石がゴロゴロで車高の低いクルマでは無理、落石処理に余計な時間がかかります。アサ股谷付近まではまだましなほう・・・の印象。

<三之公林道:三之公出合から終点のカクシ平登山口は車7〜8分程度>
 通行に問題ありません。登山届BOXはありません。

その他情報(参考)
■北股林道の距離感:三之公出合を起点でカーナビで調べました
東へ、三之公林道終点(カクシ平登山口)まで約3.4km(道路良し)
   車で7〜8分程度
北へ、一つ目の素掘りトンネルまで約6.2km(小岩凸凹水たまり)
   二つ目の北股トンネルまで約7.7km (   同   )
   車でたっぷり30分程度、落石処理すればさらに時間要します。
   H鋼ドラム(赤倉平取り付き)まで約9.7km

■川上村役場で入手した情報
・北股林道は、状況にもよるが車で素掘りトンネルから先へ進むは無理ではないか・・とのこと。
・R169から大迫貯水池の南側林道(224号線)へは通行止めです、
・R169から大迫ダム堰堤経由で北側林道(224号線)は日中は工事中ですが朝9:00前と夕方5時過ぎは通行できます。日中も工事休の時間帯はあるので待てば通過可能とのこと。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間23分
休憩
1時間24分
合計
9時間47分
S三之公林道終点08:3109:05明神滝09:2411:54馬ノ鞍峰12:1013:14桃源郷 霧ノ平13:4115:08弥次平峰15:3016:23きつつき平18:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
<三之公林道終点(カクシ平登山口)〜カクシ平>
登山道は歩き易く整備されています、木の小橋がいくつもあり助かりますが濡れていると滑りやすいので注意。 
ヒルにやられる季節になりました。 下山後に登山靴を脱いだところソックスに真っ赤なマーキングが2つ。ソックスの中には赤黒い塊・・。 痛くも痒くもなく下山まで終日『血〜吸われっぱなし』でした。(c)(><) 

<カクシ平〜馬ノ鞍峰>
尾根を登りましたが、馬ノ鞍峰から西へ派生する支尾根に出るまではあまり踏まれていません。尾根取付きを誤ったかもと思うくらい最初は四駆と根っ子掴みの連続でした。

<桃源郷 霧の平>
西斜面に水のレコ情報がありましたが縦走路から眺める範囲ではその雰囲気は感じられませんでした。降りると戻るのに相当体力を使いそうなので降りませんでした。 かなり下にあるのでは・・との印象を受けました。

<霧の平〜弥次平峰>
小ピークではテープ直前で東へ進んでしまい1回ルートミスしています。
この区間は支尾根に入らぬよう特にテープを慎重に確認が必要です。西側に大きな尾根(アサ股谷/不動谷)がどんどん迫って見えてくるころから縦走路は北西へ変わりますが、尾根が合流してから弥次平峰に至るまで小ピークが3つあり結構疲れます。

<きつつき尾根〜北股川渡渉>
尾根を下り始めてしばらくすると分岐(気付きにくい)があります。左側にテープがありますので左の尾根へ進むのがポイントです。
きつつき平を過ぎて標高が900mごろになると急坂に。テープを追えば薄い踏み跡をたどって渡渉場所付近に降り立ちます。『やはりこの坂はお勧めしません。登るなんてできません。(cics個人の見解です)』
北股川渡渉〜五郎平谷の渡渉は、最近レコアップされたwingletさんのレコで大変助かりました。ありがとうございます。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

北股林道にデポ後、これから三之公P(カクシ平登山口)へと向かいます (c)
私のクルマではジャマになりそうだったので実際にはcicsさんクルマをもっと隅っこにデポし直しました (ya)
2016年05月31日 07:23撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股林道にデポ後、これから三之公P(カクシ平登山口)へと向かいます (c)
私のクルマではジャマになりそうだったので実際にはcicsさんクルマをもっと隅っこにデポし直しました (ya)
7
途中、2つほど林道側から見えた小滝
2016年05月31日 07:34撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、2つほど林道側から見えた小滝
10
吉野川源流ー水源地の森
川上村が所有保全しているエリア(濃緑)の境界線(沢の西側)を登ります。
2016年05月31日 08:01撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉野川源流ー水源地の森
川上村が所有保全しているエリア(濃緑)の境界線(沢の西側)を登ります。
3
三之公林道終点P
今回も天気に恵まれましたね〜(^^
2016年05月31日 08:02撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三之公林道終点P
今回も天気に恵まれましたね〜(^^
7
山の神に安全登山をお願いしました。
2016年05月31日 08:12撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神に安全登山をお願いしました。
4
森と水の源流館に申し込むと大和上市駅から送迎バスで「森と水の水源ツアー(年に数回実施)」で入山できるみたいです。
2016年05月31日 08:15撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森と水の源流館に申し込むと大和上市駅から送迎バスで「森と水の水源ツアー(年に数回実施)」で入山できるみたいです。
3
台高縦走3回目
今回も晴れ!
2016年05月31日 08:16撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
台高縦走3回目
今回も晴れ!
6
木の橋が整備されていますが濡れていると滑りやすいです。登山道は整備され歩き易いです
2016年05月31日 08:49撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の橋が整備されていますが濡れていると滑りやすいです。登山道は整備され歩き易いです
2
明神滝 (落差約50mの直爆)
広い滝壺は木々枝葉がなく不思議なほど透き通っています
2016年05月31日 09:07撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝 (落差約50mの直爆)
広い滝壺は木々枝葉がなく不思議なほど透き通っています
16
” ザ・滝 ”って感じの見事な滝ですね〜 (ya)
2016年05月31日 09:10撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
” ザ・滝 ”って感じの見事な滝ですね〜 (ya)
28
ここは一見の価値あります (c)
2016年05月31日 09:11撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは一見の価値あります (c)
25
明神滝
暑さを忘れマイナスイオンをたっぷり吸いこみました。
落差は那智の滝(133m)に程遠いですが間近で見る美しさは抜群でした
ここはまた訪れたいところです(c)
2016年05月31日 09:13撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明神滝
暑さを忘れマイナスイオンをたっぷり吸いこみました。
落差は那智の滝(133m)に程遠いですが間近で見る美しさは抜群でした
ここはまた訪れたいところです(c)
15
ジブリの世界
2016年05月31日 09:28撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジブリの世界
5
木々の間から三段25mノ滝が。
ここに近づくルートはないようです
2016年05月31日 10:01撮影 by 404KC, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から三段25mノ滝が。
ここに近づくルートはないようです
1
かくし平はこの先
2016年05月31日 10:05撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かくし平はこの先
史跡:三之公御所跡(通称かくし平)
ネット検索
(後南朝最後の天皇後亀山天皇の孫にあたる尊義王が室町幕府の目を逃れ隠れ住んだと伝えられる場所)らしい
2016年05月31日 10:12撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
史跡:三之公御所跡(通称かくし平)
ネット検索
(後南朝最後の天皇後亀山天皇の孫にあたる尊義王が室町幕府の目を逃れ隠れ住んだと伝えられる場所)らしい
8
かくし平の横に谷(沢)が続いています
東の斜面には尾根筋
2016年05月31日 10:12撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かくし平の横に谷(沢)が続いています
東の斜面には尾根筋
尾根を登りましょう (ya)
そうしましょ(c)
2016年05月31日 10:18撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根を登りましょう (ya)
そうしましょ(c)
2
ヤマレコでは皆さん沢筋を進んでいるようだ。
今回、山と高原地図の破線ルートに従って尾根を選択
これがスゴイ斜度でして・・ビックリ (c)
2016年05月31日 10:31撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマレコでは皆さん沢筋を進んでいるようだ。
今回、山と高原地図の破線ルートに従って尾根を選択
これがスゴイ斜度でして・・ビックリ (c)
7
フグのお腹みたいです
これ何? (c)
2016年05月31日 10:58撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フグのお腹みたいです
これ何? (c)
4
ルート上の数少ない眺望
2016年05月31日 11:35撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルート上の数少ない眺望
8
馬ノ鞍峰 到〜着ぅ〜!
2016年05月31日 11:56撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬ノ鞍峰 到〜着ぅ〜!
16
普通は稜線はもっと歩き易いと思うのですが。。(ya)
人間、追い込まれるとこんなとこも歩いてしまうね(c)
2016年05月31日 12:35撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通は稜線はもっと歩き易いと思うのですが。。(ya)
人間、追い込まれるとこんなとこも歩いてしまうね(c)
4
ロープ場
cicsさんが切込み隊長です (ya)
2016年05月31日 12:36撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場
cicsさんが切込み隊長です (ya)
8
約8mのほぼ垂直で手掛かり足掛かりがあまりない壁?でしたのでこのロープに命預けて登りました
当然メーカーの保証書はありません(^^
2016年05月31日 12:38撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約8mのほぼ垂直で手掛かり足掛かりがあまりない壁?でしたのでこのロープに命預けて登りました
当然メーカーの保証書はありません(^^
4
続いてyamaotocoさんが登る (c)
2016年05月31日 12:38撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続いてyamaotocoさんが登る (c)
9
あれは白髭岳(しらひげだけ1378m)かな?
先日のシルバー少年さんのレコを拝見して、いつか登りたくなりました (c)
2016年05月31日 12:45撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれは白髭岳(しらひげだけ1378m)かな?
先日のシルバー少年さんのレコを拝見して、いつか登りたくなりました (c)
9
大普賢岳とその左奥に弥山と八経ケ岳の頂
2016年05月31日 12:48撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大普賢岳とその左奥に弥山と八経ケ岳の頂
6
桃源郷 霧の平 到着〜
ここで大休憩・ランチ
東西の斜面を上から眺めましたが水場らしきは確認できませんでした。(かなり下らないとだめかも・・)
2016年05月31日 13:15撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
桃源郷 霧の平 到着〜
ここで大休憩・ランチ
東西の斜面を上から眺めましたが水場らしきは確認できませんでした。(かなり下らないとだめかも・・)
5
♪東村や〜ま〜♪ いっちょめ いっちょめ ワーォ いっちょめ いっちょめ ワーォ (ya)
2016年05月31日 13:16撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
♪東村や〜ま〜♪ いっちょめ いっちょめ ワーォ いっちょめ いっちょめ ワーォ (ya)
4
ヒコ・ビコも干乾し&日光浴か!?
2016年05月31日 13:35撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒコ・ビコも干乾し&日光浴か!?
11
ヒメシャラの幼木ヤブ
腰をかがめて写真撮りました。
子供のころの原っぱ遊び想いだすわ(c)
2016年05月31日 13:59撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメシャラの幼木ヤブ
腰をかがめて写真撮りました。
子供のころの原っぱ遊び想いだすわ(c)
7
弥次平峰 とうちゃく
2016年05月31日 15:11撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥次平峰 とうちゃく
21
yamaotocoさん ポットの氷でレモンティーが美味い!
P1166からここまでは特に長く感じましたね〜 (c)
台高の縦走路は南に行くと稜線歩きとは異質ですね〜 (ya)
2016年05月31日 15:20撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
yamaotocoさん ポットの氷でレモンティーが美味い!
P1166からここまでは特に長く感じましたね〜 (c)
台高の縦走路は南に行くと稜線歩きとは異質ですね〜 (ya)
12
きつつき尾根はここから下山します
あの分岐点は今度は絶対間違えへんど!ってか?(c)
2016年05月31日 15:49撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつつき尾根はここから下山します
あの分岐点は今度は絶対間違えへんど!ってか?(c)
3
きつつき平
今にも立ち上がって歩きそうな大木
2016年05月31日 16:14撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きつつき平
今にも立ち上がって歩きそうな大木
6
今回、最大の難関 
落ち葉イッパイの激下り
(写真からではフカフカ草原に見える?)
2016年05月31日 16:38撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回、最大の難関 
落ち葉イッパイの激下り
(写真からではフカフカ草原に見える?)
3
激坂を前にyamaotocoさんが慎重にルートを選択中。
踏み跡はほとんどありませんので雪面を歩く雰囲気 (c)
余計な渡渉を繰り返さないように北股川と五郎平谷の沢の合流点の手前のピンポイントに降りたいのです (ya)
2016年05月31日 16:45撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
激坂を前にyamaotocoさんが慎重にルートを選択中。
踏み跡はほとんどありませんので雪面を歩く雰囲気 (c)
余計な渡渉を繰り返さないように北股川と五郎平谷の沢の合流点の手前のピンポイントに降りたいのです (ya)
6
カメラは水平にして撮影(ホントです)
土は柔らかく、枯れ葉に小岩が隠れててうっかりするとこの斜度で蹴っ飛ばす。下にはyamaotocoさんが!! (c)
石が3つも落ちてきて木の裏側に避難しましたぁww (ya)
2016年05月31日 16:45撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カメラは水平にして撮影(ホントです)
土は柔らかく、枯れ葉に小岩が隠れててうっかりするとこの斜度で蹴っ飛ばす。下にはyamaotocoさんが!! (c)
石が3つも落ちてきて木の裏側に避難しましたぁww (ya)
6
おおーいい!沢はどこだ〜(c)
北股川はもう見えてますよぉ (ya)
2016年05月31日 16:56撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおーいい!沢はどこだ〜(c)
北股川はもう見えてますよぉ (ya)
3
北股川の狙い通りのポイントに降りて来ました (ya)

今回は、北股川の渓谷をゆっくり眺める余裕ありましたね(c)
2016年05月31日 17:00撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股川の狙い通りのポイントに降りて来ました (ya)

今回は、北股川の渓谷をゆっくり眺める余裕ありましたね(c)
5
北股川を渡渉します。
どこを渡れば靴を脱がずに渡渉できるか思案中のyamaotocoさん (c)
向かいの斜面の向こう側で五郎平谷の沢に出合います (ya)
2016年05月31日 17:02撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股川を渡渉します。
どこを渡れば靴を脱がずに渡渉できるか思案中のyamaotocoさん (c)
向かいの斜面の向こう側で五郎平谷の沢に出合います (ya)
7
こっちには行ってはいけません!!
2016年05月31日 17:03撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちには行ってはいけません!!
2
今回は靴を脱がずに渡れましたが増水時や雨の後で岩の上が滑り易くなっていることもあるので渡渉用にマリンシューズなどを持参することをお勧めします (ya)
ストックなしではたぶんドッボンしてたね(c)
2016年05月31日 17:05撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は靴を脱がずに渡れましたが増水時や雨の後で岩の上が滑り易くなっていることもあるので渡渉用にマリンシューズなどを持参することをお勧めします (ya)
ストックなしではたぶんドッボンしてたね(c)
8
前回私が落っことしていたハンカチを架けてくれていました。
wingletさんでしょうか? ありがとうございます (ya)
山の女神かもね・・(c)
2016年05月31日 17:09撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回私が落っことしていたハンカチを架けてくれていました。
wingletさんでしょうか? ありがとうございます (ya)
山の女神かもね・・(c)
6
五郎平谷の沢を越えるyamaotocoさん
靴を濡らさないようにネ〜(^^
2016年05月31日 17:12撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五郎平谷の沢を越えるyamaotocoさん
靴を濡らさないようにネ〜(^^
5
H鋼ドラム缶のある北股林道はすぐそこ!
目指せ!最後の斜面を yamaotocoさん (c)
2016年05月31日 17:15撮影 by EX-G1 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
H鋼ドラム缶のある北股林道はすぐそこ!
目指せ!最後の斜面を yamaotocoさん (c)
3
北股林道に出ました(写真右が赤倉平への取り付)
前回はこの時点でヘロヘロ、今回はまだ元気元気だ!
2016年05月31日 17:20撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北股林道に出ました(写真右が赤倉平への取り付)
前回はこの時点でヘロヘロ、今回はまだ元気元気だ!
5
赤倉山と千里峰を眺めて
2016年05月31日 17:51撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤倉山と千里峰を眺めて
5
林道脇のヤマツツジ
2016年05月31日 17:53撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道脇のヤマツツジ
4
デポしたクルマまで戻ってゴール
帰って来たぞ〜!! (c)
2016年05月31日 18:18撮影 by RICOH WG-40W, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
デポしたクルマまで戻ってゴール
帰って来たぞ〜!! (c)
17

感想/記録
by cics

前回の続き(台高山脈のつなぎ)をどう始めるかyamaotocoさんと3案を検討した結果、yamaotocoさんが4案目を提案してくれました。
2台の車でつなぐ・・・それマル〜〜 即決めました。
有力であった3案目は三之公Pからのピストンだったのですが、やってみると登りの馬ノ鞍峰到着までが思った以上に大変で、時間的に大幅未達でUターンとなったところでした。 この区間を最近レコアップされている方々の足腰はなんという強靭さかと改めて驚嘆するばかりです。
(そう!あなたのことです)



明神滝 (紅葉時期も素晴らしそう)

■■ 梅雨まえから山ヒルは発生するそうです ご参考に どうぞ ■■
  https://www.youtube.com/watch?v=juwZsWZNtV8

今回のお笑い1つ
前回きつつき尾根をくだったときにテープを見落としてうっかり右へ進んだポイントを今回も歩くことになりました。
「今度は絶対テープを見落とさないぞ 見落としたら後ろで笑って〜(c)」ってyamaotocoさんに宣言しましたが、「cicsさん テープこっちですよ・・・」と、同じ間違いをしました(。。<歳のせいで視野が狭くなったのかな>

馬ノ鞍峰以南はテント泊しかないですね(山の神の頭から下山は立ち入り禁止エリアですし・・) yamaotocoさんのテン泊デビューを楽しみにしてます 今回もご同行いただきありがとうございました。

感想/記録

北股川からのきつつき平までの登りは落ち葉と腐葉土で滑り易くて傾斜もきついのと、最初の渡渉でドボンしてしまうといきなり戦意喪失してしまうことになりかねないのでここは最後に残して三之公林道終点から登山を開始することにしました。

悪路の北股林道は奥の方までクルマで進んでも歩くのと大差ない速度でしか進めないので1時間程度の林道歩きを想定して駐車地を選んで1台をデポしました。

もう1台のクルマで三之公林道終点へ向ってここから縦走スタート。
この区間はあまり展望に期待できないことは事前に把握していましたが、明神滝の美しさは嬉しい誤算でした。

台高縦走路はsukanpoさんからそれとなく聞いていた通り、池木屋山を境に南の区間は自分がイメージしていた”稜線歩き”とは異質の道程でした。
稜線と呼ぶには細すぎる尾根は木の根が露出していたりプチ岩稜が所々にあったりでペース良く歩くことが困難で、小ピークを幾つも越えて行くので距離の割りに疲れます。

”歩き応え”という点では申し分なくダイナミックな北股川の渡渉も含めて楽しさもあります。
難点はやはり悪路の北股林道ですが、前回崩壊していた路肩は修復されているようでした。
ただし、そこまでクルマで辿り着くのも一苦労ですが。。。
訪問者数:691人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/7/29
投稿数: 722
2016/6/2 6:50
 おつかれさまでした
おはようございます。
台高縦走路、池木屋山以南はなかなか前に進ませてくれませんね。「縦走路」の概念が変わってしまいました。
滝の周辺はとうとうヒルが出てきましたか。この前の週末までは大丈夫だったのですが。
おつかれさまでした。ここより南はこれまでよりもっと大変になりそうですが頑張りましょうね。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1297
2016/6/2 8:39
 ヒルか〜 怖いな〜!
cicsさん yamaotocoさん おはようございます〜
台高山脈攻めお疲れ様でした〜
だんだんすごいことになってきましたね
我々では恐ろしくて足を踏み入れようと思いませんが
さすがのお二人!ヒルにも負けず、テープにも負けず
すごい一言ですね! これからの季節ジョニーは離せませんね!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 14:06
 Re: おつかれさまでした
KazuzoPaPaさん こんにちわ
ヤマヒル初体験 。1ヶ所だけでよかった(^^ 
風呂で傷口を絞って絞って洗って洗って最後はバンドエイドで物理的に蓋をしたら翌朝傷口がふさがってました。 台高縦走路は歯ごたえ十分過ぎます、馬ノ鞍峰以南はもっと大変でしょうね、この続きはいつになるやら・・・
Kazuさんは毎週毎週たいへんなルートを歩かれているので驚いてます。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 14:18
 Re: ヒルか〜 怖いな〜!
chasseご夫妻さま こんにちわ
はい終日ヒルに献血してました。 痛くも痒くもなかった。
台高縦走はソロでは絶対怖くって行けませんね、複数なら少なくとも救助要請はなんとか可能ですし。 この日も誰ともすれ違うことなく・・・
携帯のアンテナはなんと2ヶ所で3本 立ちました。(馬ノ鞍峰と弥次平峰)

ところで ジョニーって? 世代的にはジョニ黒?
登録日: 2013/5/7
投稿数: 828
2016/6/2 20:59
 デポ作戦 正解ですね
cicsさん yamaotocoさん 本当にお疲れ様でした。
お二人さんの楽しい会話が聞こえてきそうです。
この辺りは、秘境に近い山域だけに 1人で入るのは怖いですよね。
さらに 駐車地までの林道も落石等でびびります。また、徒渉地点を探すのも 大変だったと思います。
あの明神滝は是非、間近で見たいものです。紅葉の時期も素晴らしいでしょうね。
登録日: 2013/9/1
投稿数: 1297
2016/6/2 22:12
 Re[2]: ヒルか〜 怖いな〜!
cics さん こんばんは〜  ジョニーとは
ヒルサガリのジョニーです。靴にシュッ!ヒルをやっつけてくれますよ〜。
http://www.binchoutan.com/hirusagari.html
登録日: 2014/5/11
投稿数: 708
2016/6/2 22:22
 着々と!
cicsさん、yamaotocoさん、こんばんは。

台高縦走路の赤線つなぎ、着々と伸ばしておられますね
もう私を追い越して行くのは時間の問題ですね!
でも、日出ヶ岳までつながっても尾鷲まで行くのは、私がつながるのを
待っててくださいね〜
ほんで、wingletさんとも一緒に尾鷲道を行きましょう!
できれば、KazuzoPaPaさんもご一緒に〜
登録日: 2014/4/29
投稿数: 244
2016/6/2 22:48
 魅惑の台高にハマる?
cicsさん yamaotocoさん 
お二人とも台高の魅惑にハマってきましたね。
池木屋山から南部は特に良いですよね〜。
人も少なく、静かで、存分に歯ごたえあり〜の、山歩きができますな〜。
明神滝付近はヒルがでるので要注意!なんですよね〜。
cicsさん 献血のご協力?、お気の毒さまでした。
私だったら、ショックで2、3日は寝込みそうです。
大台ケ原まで繋がったら、みなさんと一緒に尾鷲まで行きましょう!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 23:01
 Re: デポ作戦 正解ですね
karchiさん こんばんわ
「二人の楽しい会話」
  ⇒「ぎゃ〜激坂や!このトラバースは大丈夫かいな? 休憩しょ!」
大峰奥駈縦走は不思議とヤブが少なくて尾根から空が広がってダイナミック感たっぷりですが、台高山系は山そのものが小ぶりなのかな?小ピークが連なってて支尾根の誘惑と闘いヤブとも戦いながら踏み跡の少ないルーファイ探検は大峯にも負けず劣らずですね。 この先はどんなんか〜 楽しみです
karchiさんkazuzoさんyamamonnさんの双門の滝ルートのレコ楽しく拝見させていただきました。何年かぶりにまたいつか再訪してみたいところです。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 23:10
 Re[3]: ヒルか〜 怖いな〜!
んっ!そういうことでしたか 
ジョニ黒は40年前は高くって手が出ず、ジョニ赤か ・・・と思ってました。そういえば登山前日は雨でしたから当日はヒルの絶好の標的になってしまいましたね。 chasseさんはフリーズドライのお鍋とかジョニーとか山ギアー?よく御存じですね!   
登録日: 2015/1/9
投稿数: 812
2016/6/2 23:28
 台高縦走シリーズ
cicsさん、yamaotocoさん、こんばんは。
お二人の台高縦走シリーズ、毎回楽しみにしてますよ
台高はヒルの季節になってしまったんですね〜。ヒルなんて子供のころの川遊び以来噛まれたことないですが、今噛まれたらきっと気持ち悪いんやろなぁ〜。血ぃいっぱい吸って膨れ上がったあのおぞましい姿を思い出したら背筋がゾゾゾ〜ッとします
でもそれ以上の魅力が台高にはありますよね。私もいつかは縦走したいです!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 23:29
 Re: 着々と!
sukanpoさん 何をおっしゃるウサギさん!
こちらは亀です、亀仙人(^^
日出ヶ岳まではテント(1〜2泊)するしかないのかなぁ〜夏の終りか秋になるかも。
日出ヶ岳までつながったら尾鷲道!ぜひぜひご一緒したいです
先人のDCTさんに先導役をお願いして・・・もし受けてくれたなら・・・みんなでワイワイとヒコニャン奉行は楽しいでしょうね。(^^  尾鷲の安宿で宴会あり?
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/2 23:57
 Re: 魅惑の台高にハマる?
wingletさん こんばんわ〜です
私もyamaotocoさんも ズボッとハマったみたいですね
ゆっくりと尾根の縦走ができる〜なんてトンデモナイ!厳しい台高山脈は想像以上、台高ルーファイは獲物を狙う感覚かと!これも魅力のひとつなんでしょうね。
yamaotocoさんもいよいよテントデビューするみたいですし。
日出ヶ岳で集結して 尾鷲ツアー いつかみんなで行きたいです!!
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/3 0:09
 Re: 台高縦走シリーズ
Hacchyさん こんばんわ
台高縦走は、この歳で始めるにはキツイと思ってましたが、パートナーに恵まれて少しづつ少しづつと「ほふく前進」してます。(^^
この歳までヒルに噛まれそうな場所に行ったことがなかったので今回のヒルとの初遭遇も「やっと会えた!」「今回だけは許したろう!」・・って複雑な感じ です。次回は昼下がりのジョニー持参ですかね。
お姉ちゃん弟君からお父さんの好きなお山に行っておいでよ!って背中押してくれる日 も近いでしょう。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 0:10
 Re: おつかれさまでした
KazuzoPaPaさん、こんばんは。

この区間をピストンできるKazuzoPaPaさんの脚力には敬服します。
ほんとに「縦走路」という気がしないですよねぇ。。
それにアクセスの関係で縦走路から外れた区間の方が長かったりしてて、
この分だといつ終わるのか全く先が見通せません
とにかく頑張ってみます
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 0:25
 Re: ヒルか〜 怖いな〜!
chasseさん、奥様、こんばんは〜

この辺りはソロではよう行きません。
やっぱり台高は奥深い所にありますね。。
私も左足をヒルにやられたっぽいのですが、ヒルの姿を見た訳ではないので普通の虫刺されとの違いがよく分りません。もちろんヒルの姿なんか見たくもないですが

『ヒル下がりのジョニー』名前がイケてますね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 0:36
 Re: デポ作戦 正解ですね
karchiさん、こんばんは〜

今回の区間はデポ作戦でいかないと自分の脚力でピストンは到底無理だと確信してました。
北股林道の悪路はクルマの運転中もなぜか腹筋を使います

明神滝は「これぞ滝」といった感じで水が岩肌を伝うのではなく、水滴がバラバラに落下してくる感じで実に立派な滝でした
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 0:42
 Re: 着々と!
sukanpoさん、こんばんは〜

我々がsukanpoさんを追い越すなんてご冗談を!
私は国見山から北もまだ歩いてませんので。。。
尾鷲まで皆さんと一緒に行けるように精一杯頑張ります
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/3 0:43
 Re[2]: ヒルか〜 怖いな〜!
yamaotocoさんへ   cicsです

ヒルの満腹姿を見たよ!
私の血いっぱい吸ってパンパンのゼリー状の塊ちゃんを見ましたよ。
手で振り払ったからそのあとのご臨終は知らんけど。
えっ?聞きたくなかった? 失礼しました。
いつか みんなで 尾鷲へ行こう!
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 1:02
 Re: 魅惑の台高にハマる?
wingletさん、こんばんは〜

池木屋山から南はやはりガラッと雰囲気が変わりますね。
あまり人が歩いている形跡を感じないですし、小ピークがいくつもあるということはそこから派生してたりしてなかったりする枝尾根に間違って入り込んでしまう恐れが絶えずあって、緊張感を持続させないといけないので疲れます

最近、なんちゃってテン泊&保険としてのビバーク用にツエルトを買ったので、ツエルトポール等を使った組み立ての練習や近場の山でツエルト泊体験を済ませた上で、日帰りでは困難な区間も繋いで行けるようにしたいと思っています
『尾鷲まで行けたら』 楽しみですね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 1:13
 Re: 台高縦走シリーズ
Hacchyさん、こんばんは〜

台高縦走はちょっと私には荷が重いのですが頼もしいcicsさんが一緒なので何とか行ってみようという気になれてます。
いろいろと学びの多い山行になってますので、もしやり遂げることができたら少しは成長できているかも。。なんて期待も抱いています
登録日: 2014/2/2
投稿数: 1853
2016/6/3 2:00
 ヒルと台高縦走
やまおとごんさん、cicsさん 、こんばんは〜。

台高もますます森奥深くなってきましたね〜
明神滝も何とも言えないくらい神秘的で素敵ですね
最近、縦走する場合車のデポか自転車のデポする人が増えてますね!
車ならではの良い作戦ですね〜。

ヒルの季節になってきたんですね…
私もヒル被害にあった一人です
2,3年前くらいかな?和佐又の沢コースか巨木コースで被害にあいました。
初めてみたヒル…( ̄▽ ̄;)
にょろにょろといっぱいいましたよ〜(/_;)
昼下がりのジョニー持ってたんですが…そん時に限って忘れる…
私の場合、絆創膏をはがすたびに出血してて3日間くらい止まらなかった記憶があります。
ヒル嫌いです…

しかし、凄いな〜!台高縦走完結まで応援してますよ〜
登録日: 2015/3/13
投稿数: 485
2016/6/3 2:05
 お疲れ様〜 (^o^)/
こんばんは〜 cicsさん、yamaotocoさん。

台高縦走・・厳しいですね。奥駈道とは全く違うようで・・。
きっと大変だけどやってみれば楽しいんだろうな〜!というのは十分伝わってきます。一人ではめげそうだけど二人なら頑張れる!ですよね
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 3:33
 Re: ヒルと台高縦走
ふるごんさん、こんばんは〜

「ヒル下がりのジョニー」...一度聞いたら忘れない名前ですが、
買っても持って行くのは私も忘れそうな予感がします(笑)

台高縦走、完結できるのかどうかますます怪しくなって来ましたがなんとか頑張ってみようと思います
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 5:03
 Re: お疲れ様〜 (^o^)/
Yanyan7さん、こんばんは〜

台高縦走はなかなか厳しいです。
これだけ奥深い所はソロで行くのは不安です。
今回もゴール後の帰りの林道でニホンカモシカを見ました。
それだけ自然豊かで人の手も足もあまり入っていない所なんですね
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/3 12:42
 Re: ヒルと台高縦走
フルフルさん こんにちわ
台高って自然がそのままでいいとこやぁと思ったのはカクシ平まででした、あとは縦走路に乗るまで大変、乗ったあとも降りてくるのも大変でした。
激肥りヒルを見たのは初めてでした。普通のヒルを見てみたい
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/3 12:49
 Re: お疲れ様〜 (^o^)/
Yanyan7さん こんにちわ
相棒がいるとお互いに不足分を補いながら頑張れますね。たぶん1年くらい前ならこのエリアはビビってよう入らんかったと思います。今思えば岩湧山周辺のバリルート・ヤブルートを集中的に歩いていたのがいい経験になっていました。(^^ 
DCT
登録日: 2013/8/12
投稿数: 1747
2016/6/3 18:05
 明神滝は見てみたい、
cicsさん、yamaotocoさん、お疲れ様でした。
山ヒルに献血の経験はありませんが(水田のチスイビルは経験あり)、痛みより気持ち悪さが強いですすよね?
「ヒル下がりのジョニー」は有名ですが、有効成分のデート量は10%以下と思われ…、ドラッグストアに売ってる医薬品の「ムヒ 虫除け」はデート成分が12%となりより強力で、蚊やブユ、ダニなどにも有効ですのでおススメです!
ただ、デートの幼児に対する安全性は疑義もあるようですので、、、お二人とも、もう大人ですよねぇ?
さて、ここから先、どう繋げられるかワクワクでし、。
登録日: 2013/4/20
投稿数: 934
2016/6/3 19:22
 Re: 明神滝でも、見てみたい、
DCTさん こんばんわ
家で探したら「ムヒ虫よけ」があったあった、持って行けばよかったです。
今度は100均のアトマイザーに濃厚塩水を入れて全身にスプレーしてみようかなぁ また結果お知らせしますよ。
さてさて次のつなぎ・・・未定・・・テント泊だし・・・一人では無理・・・yamaotocoさん次第・・・ 
大台ケ原から尾鷲ルートはヒコニャンブラブラさせていつかみんなで行きたいですね
先導役はヒコ親分D〜! いかが??
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 20:17
 Re: 明神滝は見てみたい、
DCTさん、こんばんは〜

KINCHOの虫よけをザックの中に入れてたんですけど使うのを忘れてました
有効成分:ディート(8g/80ml)と書いてますが計算の仕方がよく分りません

これから先、どう繋げたらいいのか。。。
日帰りで繋ぐのは無理っぽいのでまずはツエルトの組み立て方を習得しつつ、まだ買ってないシュラフなども物色しながらルートを検討していきます。
登録日: 2013/10/16
投稿数: 2011
2016/6/3 23:26
 Re[3]: ヒルか〜 怖いな〜!
えっ、そうだったんですかぁ

ヒルって血を吸って膨れ上がって丸〜くなるんですね
なんにも知りませんでした
ヒルを見せてくれなくてありがとうございました
みんなで尾鷲。。。いいですねぇ

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ