ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 889725 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

石楠花谷、シェール槍、天狗塚。

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー rarabike
天候肌寒いくらいの曇り。
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
1時間13分
合計
6時間35分
Sスタート地点07:3607:55地獄谷登山口08:18釜滝08:3610:35ダイヤモンドポイント10:57三国岩10:5811:01三国池11:2411:29三国池手前11:3111:46杣谷峠11:4711:49穂高湖11:5011:59シェール槍12:2112:40穂高湖12:46杣谷峠12:4713:06長峰山(天狗塚)13:0913:46長峰山登山口13:4714:11阪急六甲駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雑巾を踏んでワックス掛けをしているような感覚に襲われるほど、
枯葉の堆積が滑り、歩き辛い。
沢は、苔むして滑ります。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

神鉄大池駅を降りて、山側に道なりに進むと右折の標示。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神鉄大池駅を降りて、山側に道なりに進むと右折の標示。
1
どう見ても、置き方が左右逆の様な。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どう見ても、置き方が左右逆の様な。。。
2
信号左手に分岐が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信号左手に分岐が。
1
メタボ計測器を通過して、駐車場左奥へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メタボ計測器を通過して、駐車場左奥へ。
沢向こうに踏み跡が。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢向こうに踏み跡が。
1
渡渉すると、表示板。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡渉すると、表示板。
1
T字路左。
以後、倒木が至る所に。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T字路左。
以後、倒木が至る所に。。。。
最初の倒木左に、「石楠花谷 入口」の石碑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の倒木左に、「石楠花谷 入口」の石碑
2
聞いてなかたっら、判りません。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聞いてなかたっら、判りません。
2
最初の石楠花谷堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の石楠花谷堰堤。
倒木が道案内。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が道案内。
「釜滝」の表示。
ピンクのリボンに気をとられ、見逃して、一回目の迷走。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釜滝」の表示。
ピンクのリボンに気をとられ、見逃して、一回目の迷走。
2
「釜滝」上から。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釜滝」上から。
4
「釜滝」降りてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「釜滝」降りてみました。
1
さらに、下りてみました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに、下りてみました。
1
生まれて初めて、虎ロープに命を預けました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
生まれて初めて、虎ロープに命を預けました。
2
テープは右でしたが、左の方が路面が綺麗で、
誘われました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テープは右でしたが、左の方が路面が綺麗で、
誘われました。
1
石楠花谷第三砂防ダム。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石楠花谷第三砂防ダム。
木の板が無かったら、恐怖ものです。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の板が無かったら、恐怖ものです。。。
1
どっちへ行ったら判らず見ていたら、
うっすらと右矢印が。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どっちへ行ったら判らず見ていたら、
うっすらと右矢印が。。。。
1
水が多かった時のエスケープの入り口が、
主ダム登り詰めの所に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水が多かった時のエスケープの入り口が、
主ダム登り詰めの所に。
左から来て、右へ登って行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左から来て、右へ登って行きます。
1
休憩ですが、水筒を沢に落として、汗を掻きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
休憩ですが、水筒を沢に落として、汗を掻きました。
1
小尾根を行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小尾根を行きます。
名前の見えない堰堤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名前の見えない堰堤。
堰堤の上で、分岐です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上で、分岐です。
右の標示がこれ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右の標示がこれ。
1
左は、倒木が案内係。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左は、倒木が案内係。
堰堤の上を渡渉。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤の上を渡渉。
合っている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合っている。
1
慎重に歩きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に歩きます。
倒木が案内係だけど、左手に何か見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木が案内係だけど、左手に何か見える。
虎ロープですが、無くても登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
虎ロープですが、無くても登れます。
1
巻き道を来なくても、沢を登れたかも知れない虎ロープ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道を来なくても、沢を登れたかも知れない虎ロープ。
崩落したような場所だが、道は此処しかない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落したような場所だが、道は此処しかない。
案内板まで上ると、左矢印。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板まで上ると、左矢印。
1
指を二、三回付いたら、登れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
指を二、三回付いたら、登れます。
1
苔生した滝が多いです。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔生した滝が多いです。。。
遠目にも矢印が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠目にも矢印が見えます。
近づいて。。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
近づいて。。。。
1
登ると、石垣が。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ると、石垣が。。。
1
T字路の分岐が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
T字路の分岐が見えます。
名づけ親を怨みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名づけ親を怨みます。
2
気持ちは解るけど。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちは解るけど。。。
1
人一杯、で、隣の合宿も五月蠅い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
人一杯、で、隣の合宿も五月蠅い。
前回は、まだ、登る自信が無かったのだが、
ほとんど、二足歩行でいけた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回は、まだ、登る自信が無かったのだが、
ほとんど、二足歩行でいけた。
此処からだと、人が居て、絵になる。。。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処からだと、人が居て、絵になる。。。
1
シェール槍で野点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シェール槍で野点。
1
一周して、写真のための野点?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一周して、写真のための野点?
2
此処を登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処を登ります。
魅力的な<火の用心>が奥へ続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
魅力的な<火の用心>が奥へ続いています。
1
登り下りを繰り返して、一気に激下りで、終了。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り下りを繰り返して、一気に激下りで、終了。
1

感想/記録

ロシアの不思議写真を思い起こさせる、夥しい倒木に案内されての初めての道。迷走、命預けの虎ロープ、水筒の落下、等々、写真には表れない汗沢山の山行でした。
水辺を離れる分岐では、路面が綺麗なので、テープに逆らってしまい、迷走、迷走、倒木激しい林道らしき道を見つけるが、戻り道の道標の堰堤も発見。一服してから、<釜滝>を見ていないことを理由に戻ることに。
その<釜滝>、降りた瞬間足を滑らせ、「来るんじゃ無かった」と悔やむ。結局、釜の淵まで降りる度胸が座らず、今一つの写真で終わる。おまけに、写真を撮っている間に、虎ロープを水に流され、手が届かない。腕時計に靴ひも結わえて、手繰り寄せて、確保。
水筒の落下は、ベストショットの場所への案内だったのかも。
一人で登ると、泣き出したくなる場面が多々あるのに、職場に行けば、次の山行に思いを馳せている。
今回、長峰山を六甲駅から登ってくる沢山の人の熱意と努力に感嘆しました。
訪問者数:192人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ