ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 890122 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

阿弥陀岳 南陵〜中央稜

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー basser7108
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間10分
休憩
30分
合計
6時間40分
S舟山十字路06:0006:20南稜広河原取付07:20立場岳07:50青ナギ08:20無名峰09:30阿弥陀岳10:0010:10西の肩(岩場)10:20西ノ肩12:00中央稜取付12:20南稜広河原取付12:40舟山十字路G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
※立場岳と西の肩のタイムはおおよそです。
 (認識せずに通り過ぎました)
コース状況/
危険箇所等
樹林帯・稜線上ともに雪は無し。
南陵P3ガリーに凍結箇所ありましたが、避けてスタンスとれます。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 ハイドレーション 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 針金 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ ヘルメット

写真

舟山十字路
5:30到着時点で、ゲート前含めて12台ほどクルマ有り。
2016年06月04日 05:28撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舟山十字路
5:30到着時点で、ゲート前含めて12台ほどクルマ有り。
1
ゲートを超えてスタート
2016年06月04日 05:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゲートを超えてスタート
1
林道を20分程進み、南陵分岐点に。
直進すると中央稜取付きになります。
(下山時にわかりました)
左手にピンクテープ・右に看板あり。
2016年06月04日 06:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を20分程進み、南陵分岐点に。
直進すると中央稜取付きになります。
(下山時にわかりました)
左手にピンクテープ・右に看板あり。
1
分岐を右折
2016年06月04日 06:17撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐を右折
1
旭小屋分岐点
2016年06月04日 06:29撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭小屋分岐点
1
樹林帯を黙々と標高上げていきます。
2016年06月04日 06:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を黙々と標高上げていきます。
1
北岳〜甲斐駒〜千丈
2016年06月04日 07:35撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳〜甲斐駒〜千丈
1
穂高連峰
2016年06月04日 07:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高連峰
1
青ナギまで来ました。
2016年06月04日 07:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青ナギまで来ました。
1
これから、あの岩稜帯。
楽しみです。
2016年06月04日 08:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから、あの岩稜帯。
楽しみです。
1
P1でしょうか?(自信なし)
巻いていきます。
2016年06月04日 08:27撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P1でしょうか?(自信なし)
巻いていきます。
1
P2でしょうか?
普通に左巻き。
2016年06月04日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P2でしょうか?
普通に左巻き。
1
富士山も御目見え。
2016年06月04日 08:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も御目見え。
1
メインディッシュのP3が現れました。
もちろん巻いていきます。
2016年06月04日 08:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
メインディッシュのP3が現れました。
もちろん巻いていきます。
1
巻いていきます。
2016年06月04日 08:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻いていきます。
1
直登分岐点を過ぎて降下します。
2016年06月04日 08:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直登分岐点を過ぎて降下します。
1
P3ガリ―(岩溝)取付点。
先行の3名パーティ様、無断掲載スミマセン!

青のザックの方の場所がスタート地点です。

緑のザックの方がこれから取付くところですが、
ここが意外と核心かも?
緑のザックの方
2016年06月04日 08:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3ガリ―(岩溝)取付点。
先行の3名パーティ様、無断掲載スミマセン!

青のザックの方の場所がスタート地点です。

緑のザックの方がこれから取付くところですが、
ここが意外と核心かも?
緑のザックの方
1
一般路であればトラバース用のボルトでも
打ってあるところですが・・・
当然ありません。
2016年06月04日 08:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般路であればトラバース用のボルトでも
打ってあるところですが・・・
当然ありません。
1
登り始めると、ホールド豊富・スタンスも無理なくいけます。
2016年06月04日 08:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めると、ホールド豊富・スタンスも無理なくいけます。
1
上部草付きの途中にて、下方を振り返る。
途中途中で一息つける場所があります。
2016年06月04日 09:00撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上部草付きの途中にて、下方を振り返る。
途中途中で一息つける場所があります。
1
P3をクリアして、赤岳〜硫黄岳を望む。
2016年06月04日 09:07撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
P3をクリアして、赤岳〜硫黄岳を望む。
1
最後の登りへ
2016年06月04日 09:13撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登りへ
1
阿弥陀岳山頂!
各ルートから皆さん続々と上がってこられました。
2016年06月04日 09:24撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳山頂!
各ルートから皆さん続々と上がってこられました。
1
御小屋尾根方向へ下山開始
2016年06月04日 10:04撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御小屋尾根方向へ下山開始
1
まずちょっとした岩(ハシゴあり)を超えて・・
2016年06月04日 10:09撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずちょっとした岩(ハシゴあり)を超えて・・
1
中央稜(立入禁止)に行かせて頂きます。
スミマセン・・
2016年06月04日 10:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央稜(立入禁止)に行かせて頂きます。
スミマセン・・
1
上の看板の少し先が中央稜への分岐点ですが、
実際の分岐点には看板はありません。ご注意を!

※この写真は中央稜方面に少し下って、振り返ったものです。
2016年06月04日 10:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上の看板の少し先が中央稜への分岐点ですが、
実際の分岐点には看板はありません。ご注意を!

※この写真は中央稜方面に少し下って、振り返ったものです。
1
ハイマツ帯のザレを急降下します。
2016年06月04日 10:26撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツ帯のザレを急降下します。
1
しばらく下ると樹林帯に入ってきます。
2016年06月04日 10:44撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく下ると樹林帯に入ってきます。
1
タオル分岐?
ここは左です。
※クライムダウンされる方は直進のようです。
2016年06月04日 10:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タオル分岐?
ここは左です。
※クライムダウンされる方は直進のようです。
1
左側にテープ有りです。
2016年06月04日 10:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側にテープ有りです。
1
感じのいいトラバース道、、と思いきや
ここから左斜面に下降します。
2016年06月04日 10:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
感じのいいトラバース道、、と思いきや
ここから左斜面に下降します。
1
左斜面にテープあります。
2016年06月04日 10:50撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左斜面にテープあります。
1
タオル分岐?
左後方(背中側)が紛らわしいですが、
ここはタオルの木右側を直進です。
2016年06月04日 10:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タオル分岐?
左後方(背中側)が紛らわしいですが、
ここはタオルの木右側を直進です。
1
イワカガミを踏みそうになっちゃった!
2016年06月04日 11:06撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミを踏みそうになっちゃった!
1
ふかふか腐葉土の樹林帯を下ります。
2016年06月04日 11:32撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふかふか腐葉土の樹林帯を下ります。
1
枯れ沢まで下ってきました。
このまま右岸を道なりに下ります。
2016年06月04日 11:53撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れ沢まで下ってきました。
このまま右岸を道なりに下ります。
1
自然と渡河(水無しですが)ポイントに出ます。
※対岸にテープあり。
2016年06月04日 11:58撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自然と渡河(水無しですが)ポイントに出ます。
※対岸にテープあり。
1
林道に出ました。
2016年06月04日 12:18撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出ました。
1
林道を下ると、朝通った南陵分岐点に。

今日は中央稜を下りで使いましたが、
中央稜から登る時は林道の先の取付き点が
分かりにくいかも・・
2016年06月04日 12:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下ると、朝通った南陵分岐点に。

今日は中央稜を下りで使いましたが、
中央稜から登る時は林道の先の取付き点が
分かりにくいかも・・
1
無事下山できました!
2016年06月04日 12:41撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事下山できました!
1
撮影機材:

感想/記録

八ヶ岳の中で未踏であった阿弥陀岳に登ってきました。

当初は中岳経由一般ルートの予定でしたが、
情報収集するうちに南陵ルートでも可能かも?と思い、
直前の一週間は先輩方のレコ等で検証、自分にも行けると判断しました。
※当方、岩稜帯は好きですが、いわゆるクライミングは未経験です。
 経験有るのは一般ルートのみ、今回は丹沢等を除き高山では初のバリエーション ルートでした。

結果から言うと、程よく楽しめました。
【南陵ルート】
樹林帯も所どころで視界が開き、飽きません。
稜線上は完全に一般ルート。
(ピークは全て巻く前提で)
P3ガリ―もさほどの傾斜ではなく・ガバホールド多数、濡れていなかったら問題ないと感じました。
私のようなバリ初心者用?の印象です。
※高度感が苦手な方はお止めになった方が良いです。

【中央稜ルート】
出だしの急降下は、例えで言うと赤岳県界尾根のクサリ無しの感じです。
ザレで前方への転倒の注意は必要ですが、ハイマツ帯なので斜面を滑落する恐怖感はありません。
以降はふかふかの樹林帯で、足元快適です。
有名なタオル分岐?が2ヶ所ありますが、意識していれば見落としは無いかとと思われます。

両ルートともに過度な整備がなく、良いルートでした。

訪問者数:343人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/8/9
投稿数: 148
2016/6/5 22:35
 お疲れさまでした。
こんにちは。
P3で一緒になった緑ザックです。
天気がよくて最高でしたね。
3人で写った写真ありませんでしたので、お写真ちょうだいいたします。
ありがとうございます。

当方の記録
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-890888.html
に貴殿の写りこんでいた写真を4枚ほど最後に追加しておきました。
よろしければDLしてください。

今後のご活躍期待しています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ