ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 891078 全員に公開 ハイキング谷川・武尊

職場ハイク第2弾‼ 谷川岳国境越え

日程 2016年06月04日(土) [日帰り]
メンバー 0930050(CL), その他メンバー2人
天候快晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
土樽〜土合 240円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間37分
休憩
1時間53分
合計
11時間30分
S白毛門登山口駐車場04:4007:10ラクダの背(ラクダのコブ)07:2508:47谷川岳(トマノ耳)09:1110:25一ノ倉岳10:55茂倉岳11:3012:50矢場ノ頭13:0514:45茂倉新道登山口15:17土樽駅15:2415:33土合駅15:5016:10白毛門登山口駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特になし
ガイドブック通り
その他周辺情報混んではいたが湯テルメに行きました。570円
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ
共同装備 補助ロープ8×20m コンロヘッド ボンベ小

写真

顔出しできないのですが、対照的な表情でした。
2016年06月04日 05:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
顔出しできないのですが、対照的な表情でした。
1
いよいよK氏が勝手に恐れていた西黒尾根です。
2016年06月04日 05:12撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよK氏が勝手に恐れていた西黒尾根です。
1
天気は上々、早く眺めのいい場所に出ないかと期待する人2名、危険個所???に妄想を膨らませる1名
2016年06月04日 05:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気は上々、早く眺めのいい場所に出ないかと期待する人2名、危険個所???に妄想を膨らませる1名
1
朴の葉、きれいです。
2016年06月04日 05:57撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朴の葉、きれいです。
2
眺めが開け、いよいよ岩稜帯が始まりました。
2016年06月04日 06:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めが開け、いよいよ岩稜帯が始まりました。
空とは対照的に沈痛な面持ち
2016年06月04日 06:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空とは対照的に沈痛な面持ち
行ってみよう!
2016年06月04日 06:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってみよう!
いい眺めです。
2016年06月04日 06:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい眺めです。
マチガをバックに
2016年06月04日 06:54撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マチガをバックに
おふざけ写真
2016年06月04日 07:03撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おふざけ写真
自分の鬼門である白毛門が…
2016年06月04日 07:05撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分の鬼門である白毛門が…
1
ラクダのコブ到着。
あれれ?? K氏の表情に明らかな変化が…
2016年06月04日 07:14撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ラクダのコブ到着。
あれれ?? K氏の表情に明らかな変化が…
1
解説中
2016年06月04日 07:15撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
解説中
1
こんな岩稜帯が続くところに行くのが初の二人です。
2016年06月04日 07:40撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな岩稜帯が続くところに行くのが初の二人です。
サクサク!
2016年06月04日 07:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サクサク!
若干牛歩
2016年06月04日 07:45撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
若干牛歩
おっ、余裕が出てきた!
片足浮かせてます。
2016年06月04日 07:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ、余裕が出てきた!
片足浮かせてます。
1
空がきれいだなぁ
2016年06月04日 08:23撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空がきれいだなぁ
2
トマオキがもうちょい
2016年06月04日 08:31撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トマオキがもうちょい
直下雪田でこけてます。
2016年06月04日 08:38撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直下雪田でこけてます。
やりました。
2人は喜んでいます。
2016年06月04日 08:49撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やりました。
2人は喜んでいます。
2
いつもの景色
まだ茶色が目立ちます。
2016年06月04日 08:52撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの景色
まだ茶色が目立ちます。
林道で我々を抜いたと思われるクライマーが見えます。
2016年06月04日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道で我々を抜いたと思われるクライマーが見えます。
1
N氏は2回目の山ですが、そうとは思えないリアクション
2016年06月04日 09:48撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
N氏は2回目の山ですが、そうとは思えないリアクション
巻機バックのトンネル
2016年06月04日 10:42撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻機バックのトンネル
茂倉ピークで。
だんだん曇ってきました。
2016年06月04日 10:56撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉ピークで。
だんだん曇ってきました。
万太郎谷と谷川岳
2016年06月04日 11:36撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
万太郎谷と谷川岳
1
土樽に向けて下山開始!
2016年06月04日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽に向けて下山開始!
N氏の膝が悲鳴を上げ始めました。
2016年06月04日 11:59撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
N氏の膝が悲鳴を上げ始めました。
1
茂倉尾根上部は眺めいいんですが…
水場は細い一条の流れが出ていたそうです。
2016年06月04日 12:20撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
茂倉尾根上部は眺めいいんですが…
水場は細い一条の流れが出ていたそうです。
15時台の電車に間に合わせるべく、鋭意努力中です。
2016年06月04日 12:21撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15時台の電車に間に合わせるべく、鋭意努力中です。
駐車場到着。
完全にやられてます。
2016年06月04日 14:46撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場到着。
完全にやられてます。
1
土樽ステーションホテルにて
二人の表情は充実感一杯でした。
2016年06月04日 15:19撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土樽ステーションホテルにて
二人の表情は充実感一杯でした。
1
で、で、電車が白に緑ラインじゃなくなってる!!!
しかも6両編成。
2016年06月04日 15:25撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、で、電車が白に緑ラインじゃなくなってる!!!
しかも6両編成。
2
土合着
下りホームの見学を勧めたところ、当然却下!
2016年06月04日 15:51撮影 by Canon PowerShot G7 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土合着
下りホームの見学を勧めたところ、当然却下!
3
撮影機材:

感想/記録

 同行2名の夏富士トレーニングとして2回目の山行、K氏は前回山行で大日岩ショックを起こし、かなり自信を喪失してしまった。西黒尾根を次回山行として計画すると、すかさずネットでデータ収集。『日本3大急登+鎖場の写真』を確認したところで戦意喪失、天神尾根にしてくれと懇願されたが、『あなたの最終目標はどこ?』(冬の赤岳らしい)と檄を飛ばすと、仕事場でこの1週間は山の話さえせず、かなり不安な様子であった。
 一方N氏は、ネットで見たオジカ〜マナイタグラの写真を生で見てみたいと、かなり期待を寄せており、全く正反対のリアクションだ。また、二人とも『ダバダ』というブランドのストック(3000円台)を購入し、どんなものか試したいと言っている。K氏は山をはじめてから5か月程度だが、盗難・置き去りなどからすでに3セット目となっている。『BD』との違いはわかるのだろうか?いろんな意味で今山行どうなるのかが楽しみだ…

 仕事が終わってから迎えに来てもらい、21時に相模原を出発。明日は早くからの行動開始になるので前日入り。湯檜曽公園の駐車場でN氏の誕生会がてらプチ宴会で盛り上がる。K氏の不安はいまだ払しょくできていない。
 4時起床、土合橋Pへ車を移動する。天気は上々、午後から曇るらしいが青い空が素晴らしい。週末の谷川岳だけあって人が多いが、一ノ倉方面へ岩登りに向かう人が多い。登山補導所で水を汲み、西黒尾根に入る。ブナの林は気分よく、なぜここが3大急登なのか理解できない。K氏の表情は硬く、後で聞けば『今日俺はここで死ぬんだ』と思っていたらしい。とはいうものの無難にこなし、N氏にあっては『いい眺めですねぇ』を連発していた。
 ラクダのコブから先では、やや表情が緩み、写真を撮るときには片足まで上げてポーズをとっているではないか。ここからは笑い話であるが、そうではありつつも、K氏は疲れて立ち止まることがあり、後ろから檄を飛ばして足を進めさせる。ここでK氏は考えたもので、『携帯で写真を撮るから待ってくれ』との口実を作っては立ち止まる。さらにバッテリー残量がないからそのたびメインを立ち上げ、立ち止まる時間を多くとるという姑息な手段にではじめた。しかも立ち上がりが遅い。彼の携帯は『牛歩携帯』と呼ばれるようになる。
 肩の雪田ではどこかの波止場でギターを担いでとるようなポーズまで見せ、トマノ耳で『西黒尾根制覇!』と喜んでいた(笑)。これで彼の自信になったのであれば良しとしよう。ノゾキではN氏・K氏は正反対のリアクション。N氏はひたすら楽しそうである。この稜線上でN氏が足をねん挫してしまう。一ノ倉岳で休憩モードになるが、茂倉の方が気分が良かったような記憶がよみがえり、茂倉岳まで進む。茂倉からの眺めはいわゆる越後の山の雰囲気に変わる。昔、この手前の草原で寝転んで読書をしている人を見て、小屋に泊まって持て余した時間をこうしてみたいと思ったものだ。十年ぶりくらいの茂倉岳だ
 茂倉尾根の下りで、N氏はねん挫をかばったことから両ひざに効いてしまい、駐車場近くでは生まれたての子羊のように、足が小刻みに震えてしまっていた。ストックがあったから下ってこれたと言っていたが、K氏は違いが判らなかったようで、『違いのわからない男…ダバダ〜ダ〜バ〜ダバダ〜ダバダ〜』と、某コーヒー会社の宣伝をもじった歌を作られてしまった。
 15時台の電車を逃すと18時まで待つことになってしまう。皆が緊張感を持ってラストスパート。電車到着の10分前くらいに土樽到着となった。電車は白地に緑ラインではなく、新しい形に変わってしまっていた。古いものはどんどん淘汰されていくんだなぁ…
 風呂は湯テルメ、小永井製菓の生どらを購入して帰途に就いた。次回山行は蝶・常念のテント1泊予定、これをもってすれば富士山なんてちょろいもんだろう。二人ともお疲れさまでした。楽しい山行をありがとうございました。また伝説を作ってください。
訪問者数:245人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ