また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

谷川岳(たにがわだけ) / オキノ耳

最終更新:k1do
基本情報
標高 1977m
場所 北緯36度50分14秒, 東経138度55分48秒
双耳峰である谷川岳の2つの山頂のうち、奥の山頂「オキの耳」。「オキ」とは「奥」が訛った物とされる。
山頂
展望ポイント

山の解説 - [出典:Wikipedia]

谷川岳(たにがわだけ)は群馬・新潟の県境にある三国山脈の山である。日本百名山のひとつ。周囲の万太郎山・仙ノ倉山・茂倉岳などを総じて谷川連峰という。
谷川岳の頂部は二峰に分かれており、それぞれトマの耳(標高1,963m)、オキの耳(標高1,977m)と呼ばれる。元来この山はトマ・オキの二つ耳と呼ばれ、谷川岳の名は隣の俎嵒(マナイタグラ)に与えられていた。しかし、国土地理院の5万分の1地図の誤記のために、トマ・オキの二つ耳が谷川岳と呼ばれるようになってしまった。なお、トマの耳には薬師岳、オキの耳には谷川富士の別称がある。広義には、一ノ倉岳などの周囲の山域も含めて「谷川岳」と呼ぶこともある。
谷川岳は初級者から上級者向までの変化に富む登山コースを有し。
一ノ倉沢などの谷川岳の岩場は、その険しさから剱岳・穂高岳とともに日本三大岩場の一つに数えられ、ロッククライミングの聖地となっている。山麓はスキーの聖地でもあり、谷川岳天神平スキー場は関東でも有名なスキー場である。
また、谷川岳ロープウェイが東麓から山稜付近(天神尾根)までを繋いでおり、冬場はスキー客と登山客が同じゴンドラで天神平を目指すことも少なくない。山稜の天神平駅のそばにはレストハウスがあり、簡単な食事も提供されている。

付近の山

この場所に関連する本

この場所を通る登山ルート

「谷川岳」 に関連する記録(最新10件)

谷川・武尊
  62     86 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  33    22 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  43    37  2 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  59     65  4 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  29    24 
sayoshida, その他3人
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  40    25  3 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  25    15 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  15    21 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  37    22 
2017年12月10日(日帰り)
谷川・武尊
  12    12 
2017年12月10日(日帰り)
ページの先頭へ