ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 894003 全員に公開 ハイキング近畿

清滝峠〜眼鏡山

日程 2016年06月11日(土) [日帰り]
メンバー catsim
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間7分
休憩
0分
合計
2時間7分
Sスタート地点14:0815:04眼鏡山(清瀧山)16:04妙見の瀧16:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

今日はこの道を探りに行きます。
2016年06月11日 14:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日はこの道を探りに行きます。
いきなり藪の路に変わりました。
2016年06月11日 14:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり藪の路に変わりました。
ここまでは比較的道もはっきりしていたのですが、ここから先は沢沿いの急斜面を登ることになりました。
はっきりした道も無くなったのですが、踏み跡があったので、それを頼りに尾根沿いを登りました。
2016年06月11日 14:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでは比較的道もはっきりしていたのですが、ここから先は沢沿いの急斜面を登ることになりました。
はっきりした道も無くなったのですが、踏み跡があったので、それを頼りに尾根沿いを登りました。
竹藪を登り切ると、登山コースにでました。
右に進みます。
2016年06月11日 14:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竹藪を登り切ると、登山コースにでました。
右に進みます。
ここに分岐があります。
眼鏡山方面に進みます。
2016年06月11日 14:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに分岐があります。
眼鏡山方面に進みます。
眼鏡山到着。
ここから先に進むと、緑の文化園に向かうのですが。下に降りる別コースがあったので、そちらを進むことにしました。
2016年06月11日 15:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼鏡山到着。
ここから先に進むと、緑の文化園に向かうのですが。下に降りる別コースがあったので、そちらを進むことにしました。
ここで左に進むのが本来のコースなのですが、右の尾根伝いも道がありそうなので、進んでみたのですが・・
2016年06月11日 15:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで左に進むのが本来のコースなのですが、右の尾根伝いも道がありそうなので、進んでみたのですが・・
初めのうちは尾根伝いのコースがはっきりしていたのですが、だんだん藪に覆われ、ついにはとても進めないほど、木々に覆われてしまいました。
砂防ダムの辺りまで下りたのですが、この先は全く道はなく、見知らぬ沢を下るのはリスクが高いと判断し、引き返すことにしました。
2016年06月11日 15:34撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初めのうちは尾根伝いのコースがはっきりしていたのですが、だんだん藪に覆われ、ついにはとても進めないほど、木々に覆われてしまいました。
砂防ダムの辺りまで下りたのですが、この先は全く道はなく、見知らぬ沢を下るのはリスクが高いと判断し、引き返すことにしました。
妙見の瀧
2016年06月11日 16:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
妙見の瀧
163号線に出てきました。
2016年06月11日 16:08撮影 by SO-02G, Sony
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
163号線に出てきました。

感想/記録
by catsim

今日は近所の清滝峠から登るルートで、未踏の気になるコースがあったので、確認に行きました。
初めのうちはコースもはっきりしていたのですが、沢沿いを登るあたりから道がなくなってきました。しかし、そのまま踏み跡と尾根方向を頼りに登って行くと、山道に出ることができました。
眼鏡山から別コースで下ったのですが、新しいコースを見つけようと欲を出してしまい、尾根伝いに下って行ったのですが、結局道がなくなって引き返すことになりました。
訪問者数:166人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/4
投稿数: 203
2016/6/12 15:29
 ニアミスでした。
こんちわ。
同じ日にむろいけ園地から北上して、妙見の滝へ行きました。自分が滝上の不動明王の祠に着いたのが16:29(カメラのタイムスタンプ)だったので、ほんのわずかの違いですね。

実は、滝周辺でパノラマ写真を撮影をしているときに、上から人の話し声がして、青い服を着た人が走るように降りてくるのを見た気がします。その時は撮影に夢中であまり気に留めなかったのですが、この場所で人に会う確率はかなり低い。会うとしたらcatsimさん以外に考えられず。ひょっとしたら幻覚か幻聴だったのでしょうか。

山では不思議なことをよく体験するもので、ご存知のように滝周辺は薄暗いので、はっきり人影が見えるはずもないし。。。滝に向かって走って降りられるような道でもない。

このレコを見たとき、あれはcatsimさんだったのかなと思いましたが、時間はビミョーにズレていますね。あれはやっぱり見間違いなのかな。(と、思いたい)
スミマセン。失礼いたしました。
登録日: 2015/10/20
投稿数: 10
2016/6/12 20:04
 Re: ニアミスでした。
こんばんわ!

いやいや、また近くにいらっしゃったんですね。!奇遇です。
この辺りを歩いているときはいつもですが、ほとんど人に会うことはありません。
この日も、一人も会うことはありませんでした。

妙見の滝あたりでは、私も小走りで駆け抜けていたのですが、白地に赤ラインのウェアで、時間は写真の通り16時5分ごろでしたので、やはり違うかったかもですね。

Juantontoさんもこの界隈をよく歩いていらっしゃいますね。
いつか出合わすことがあるかもしれませんね。(^-^)

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

砂防ダム
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ