ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 899355 全員に公開 ハイキング東北

浅草岳 【姫小百合を訪ねて】

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー papiban
天候曇のち
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 関越道小出ICからR252で田子倉登山口へ。ICから登山口までは約一時間でした。
 登山口の駐車場は只見線を挟んで二箇所あり、合わせて100台位停められそうです。登山口から遠い方にはトイレ完備の休憩所があります。

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間59分
休憩
1時間46分
合計
7時間45分
S田子倉只見沢登山口06:1306:48大久保沢の水場07:21田子倉眺め07:3008:00鬼ヶ面眺め09:32浅草岳09:3609:50天狗の遊び場10:1310:29浅草岳11:2012:21鬼ヶ面眺め12:3212:54田子倉眺め13:20大久保沢の水場13:2813:58田子倉只見沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 晴れていれば登山口から浅草岳山頂が見えますが、これから想像される通り急斜が続きます。水場までは緩やかですが、ここを過ぎて暫くで急になり、剣ヶ峰前後でちょっと平坦になるものの剣ヶ峰から先は山頂まで急斜の連続、加えてロープの掛かった岩場が何箇所も出てきます。
 また、全般的に滑り易い道が続きます。前半は樹林の中の泥、後半は濡れた岩に要注意です。午後になると岩場は乾いてマシになりますが、樹林の道はあまり変らず、下りでは登りより気を遣います。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

駐車場の向かい
なかなか絵になる風景です
下に見えるのは、只見線六十里越トンネルの出口
2016年06月18日 06:11撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場の向かい
なかなか絵になる風景です
下に見えるのは、只見線六十里越トンネルの出口
4
登山口
右にあるのが登山ポスト
2016年06月18日 06:12撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
右にあるのが登山ポスト
立派なブナの中を行きます
2016年06月18日 06:57撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なブナの中を行きます
1
田子倉眺めから
山頂はガスの中
2016年06月18日 07:26撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉眺めから
山頂はガスの中
1
田子倉湖
水蒸気が多いせいか、霞み気味
2016年06月18日 07:51撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉湖
水蒸気が多いせいか、霞み気味
5
田子倉眺めから先、花が増えてきました
ウラジロヨウラク
沢山咲いてます
2016年06月18日 07:17撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉眺めから先、花が増えてきました
ウラジロヨウラク
沢山咲いてます
6
アカモノ
これもずっと足元を彩ってます
2016年06月18日 09:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アカモノ
これもずっと足元を彩ってます
3
アップで
2016年06月18日 08:35撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで
6
ヤマツツジは終盤
2016年06月18日 08:09撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマツツジは終盤
1
ハナニガナ
2016年06月18日 08:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハナニガナ
2
サラサドウダン
見掛けたのはこれ一本
2016年06月18日 08:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダン
見掛けたのはこれ一本
5
ユキザサ
2016年06月18日 08:45撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユキザサ
1
剣ヶ峰を越えて暫く登ったところでヒメサユリ登場
2016年06月18日 08:47撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰を越えて暫く登ったところでヒメサユリ登場
11
タニウツギも
2016年06月18日 09:00撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギも
2
ゴゼンタチバナ
2016年06月18日 09:29撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
6
山頂で小休止して、天狗の遊び場に向かいます
こういう顔した…、思い出せない…
2016年06月18日 09:49撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂で小休止して、天狗の遊び場に向かいます
こういう顔した…、思い出せない…
4
天狗の遊び場
広々とした湿原
2016年06月18日 09:55撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗の遊び場
広々とした湿原
4
浅草岳山頂方向を仰ぐ
2016年06月18日 09:52撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳山頂方向を仰ぐ
3
山頂に戻ります
ここも花いっぱい
コイワカガミ
2016年06月18日 09:44撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に戻ります
ここも花いっぱい
コイワカガミ
2
ニョイスミレ?
2016年06月18日 10:16撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニョイスミレ?
3
マイヅルソウ
2016年06月18日 10:18撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マイヅルソウ
5
ツマトリソウ
2016年06月18日 10:19撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツマトリソウ
3
シラネアオイも咲いてました
2016年06月18日 10:23撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイも咲いてました
5
山頂に戻ってお昼にします
2016年06月18日 10:33撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に戻ってお昼にします
3
山頂から
田子倉湖
登山口の駐車場も見えてます
2016年06月18日 11:04撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
田子倉湖
登山口の駐車場も見えてます
3
山頂から
前岳
雪渓上は気持ち良さそう
2016年06月18日 11:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
前岳
雪渓上は気持ち良さそう
5
山頂から
北岳と鬼ヶ面山
2016年06月18日 11:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
北岳と鬼ヶ面山
4
山頂から
南岳方向
あっちの尾根も歩いてみたい
2016年06月18日 11:15撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から
南岳方向
あっちの尾根も歩いてみたい
2
下ります
山頂付近のヒメサユリはこれから
2016年06月18日 11:22撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ります
山頂付近のヒメサユリはこれから
1
1400〜1500mが見頃
2016年06月18日 11:36撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1400〜1500mが見頃
4
陽が射すと色も冴えます
2016年06月18日 11:39撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
陽が射すと色も冴えます
8
昼近くなって、天気が回復しました
2016年06月18日 11:41撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼近くなって、天気が回復しました
1
前岳〜北岳間の断崖
2016年06月18日 12:04撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前岳〜北岳間の断崖
3
鬼ヶ面眺めから
山頂を振り返る
2016年06月18日 12:26撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面眺めから
山頂を振り返る
2
鬼ヶ面眺めから
迫力の鬼ヶ面山稜線の東壁
2016年06月18日 12:30撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面眺めから
迫力の鬼ヶ面山稜線の東壁
3
鬼ヶ面眺めから
暫し見惚れてしまいました
2016年06月18日 12:30撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鬼ヶ面眺めから
暫し見惚れてしまいました
4
田子倉眺めから
朝に比べ、遠くまで見渡せるようになりました
2016年06月18日 12:56撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田子倉眺めから
朝に比べ、遠くまで見渡せるようになりました
1
下りてきました
朝は雲の中だった山頂が見えます
2016年06月18日 14:13撮影 by PENTAX K-7 , PENTAX
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りてきました
朝は雲の中だった山頂が見えます
2
撮影機材:

感想/記録

 ヒメサユリが咲き始めたとのレコを見て、浅草岳に登ってきました。
 新潟側(ネズモチ平)から登るか、福島側(田子倉)から登るか迷いましたが、今回もトレ半分と考えて高度差の大きい田子倉を登山口に選びました。

 5時半過ぎに駐車場に到着し、身支度を整え登山届をポストに入れて出発です。沢を細い橋で渡ったところから本格的な登りが始まり、立派なブナが立ち並ぶ中、急斜と緩斜を繰り返しながら田子倉眺め目指して高度を稼いで行きます。
 一時間ちょいで田子倉眺めに到着、視界が一気に開けますが、残念ながら山頂方向はガスの中、また田子倉湖の方も水蒸気が多いせいか霞み気味で、眺めを楽しむというわけにはいきません。小休止の後、鬼ヶ面眺めに向かいますが、ここでもガスが邪魔して眺めが得られないのでそのまま通過し、山頂目指して登り続けます。
 鬼ヶ面眺めから先はさらに斜度が増し、且つ濡れた岩場に苦戦しながら登り続けますが、山頂に近付くにつれて花も増え目的のヒメサユリも可憐な姿を見せ始めます。これらに励まされながら登り続け一時間半掛かって山頂に到着しました。残念ながらガスは取れず、霞んだ田子倉湖以外は殆ど何も見えません。これはもう花を楽しむしかないと割り切って、息が整ったところで天狗の遊び場に向かいます。

 山頂から天狗の遊び場へ向かう道の周りには、コイワカガミやシラネアオイも咲いていて目を楽しませてくれます。また天狗の遊び場は小湿原で、感じの良い草原が広がります。時折吹く風も涼しく、青空があればトカゲを決め込みたいところです。
 天狗の遊び場で暫しノンビリした後、山頂に戻りお昼にしました。この頃になると大分ガスも上がってきて、まずは前岳が、続けて鬼ヶ面山が姿を見せました。時間が経つに連れて見通しが良くなり、すっきりした青空は望めませんでしたが、写真の通りまずまず眺めを楽しむことができました。

 花も眺めもそこそこ楽しめたので山頂を辞し下りに掛かります。山頂から登山口の駐車場が良く見えていて、その高度差に少々萎えますが、鬼ヶ面眺めからの景色も楽しめそうなので気持ちを入れ直して下りに掛かります。
 登りで苦労した岩場もこの時間になると乾いてきており、登りほど苦戦せずに下れます。花々も陽射しを受けてより映え、また鬼ヶ面眺めからの景色も期待通り、北アなどの高山にも負けない絶景で、最後に花と眺めを堪能して山行を終えることが出来ました。

 梅雨時は花は沢山なのですが、眺めを楽しめる天気にはなかなか恵まれません。どちらかに割り切れば良いのでしょうが、貧乏性なものでなかなかそうもいきません。そんな中、今回は花、眺めとも合格点の山行でした。

訪問者数:377人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ