ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 901293 全員に公開 ハイキング朝日・出羽三山

大朝日岳(古寺鉱泉〜)

日程 2016年06月18日(土) [日帰り]
メンバー asahi-1
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間30分
休憩
1時間0分
合計
9時間30分
S古寺鉱泉04:5005:50一服清水06:00ハナヌキ峰分岐06:30三沢清水06:50古寺山07:30小朝日岳08:00古寺山分岐08:50銀玉水09:20大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)10:1010:20大朝日岳10:30大朝日岳山頂避難小屋(大朝日小屋)10:4011:10銀玉水12:00古寺山分岐12:40古寺山13:00三沢清水13:20ハナヌキ峰分岐13:30一服清水14:20古寺鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
04:50 古寺鉱泉
06:00 ハナヌキ峰分岐
06:50 古寺山
07:30 小朝日岳
08:00 古寺山分岐
08:50 銀玉水
09:20 大朝日小屋
10:20 大朝日岳
10:30 大朝日小屋
11:10 銀玉水
12:00 古寺山分岐
12:40 古寺山
13:20 ハナヌキ峰分岐
14:20 古寺鉱泉
コース状況/
危険箇所等
銀玉水から大朝日小屋へ行く途中の雪渓は、アイゼン無しでも何とか登れるが、下りは滑るのでアイゼン装着を推奨。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

早朝の駐車場。雲行きは怪しいが、天気予報を信じて入山開始。
2016年06月18日 04:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
早朝の駐車場。雲行きは怪しいが、天気予報を信じて入山開始。
少し歩けば古寺鉱泉。
2016年06月18日 04:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し歩けば古寺鉱泉。
1
合体の樹。
2016年06月18日 05:15撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合体の樹。
雲間から日が差してきた。晴れる事を祈りつつ撮影。
2016年06月18日 05:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲間から日が差してきた。晴れる事を祈りつつ撮影。
1
タニウツギの花?
2016年06月18日 05:53撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギの花?
2
スポットライト的な日差し。
2016年06月18日 06:49撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スポットライト的な日差し。
4
古寺山に到着。
2016年06月18日 06:51撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山に到着。
北の方角を眺めると、少し青空が見えるが雲が厚い。
2016年06月18日 06:52撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北の方角を眺めると、少し青空が見えるが雲が厚い。
小朝日岳を眺める。
2016年06月18日 06:52撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳を眺める。
1
ハクサンチドリ。
2016年06月18日 07:00撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ。
1
小朝日岳へ登るには、この残雪を歩く必要がある。
2016年06月18日 07:16撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳へ登るには、この残雪を歩く必要がある。
アイゼンなしで残雪の端っこを歩く。山頂までは結構な急登が続く。
2016年06月18日 07:20撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンなしで残雪の端っこを歩く。山頂までは結構な急登が続く。
小朝日岳へ到着。雲で展望は無し。
2016年06月18日 07:32撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳へ到着。雲で展望は無し。
小朝日岳を登らずにトラバースする巻き道との合流点。
2016年06月18日 07:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳を登らずにトラバースする巻き道との合流点。
小朝日岳の南側斜面。
2016年06月18日 08:05撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳の南側斜面。
1
小朝日岳を振り返ると、ガスが消えていた。晴れのタイミングが合わず少し悔しいが、これは束の間の出来事でした。
2016年06月18日 08:09撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳を振り返ると、ガスが消えていた。晴れのタイミングが合わず少し悔しいが、これは束の間の出来事でした。
1
相変わらずガスガス。
2016年06月18日 08:31撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相変わらずガスガス。
ヤマグワの実。
2016年06月18日 08:32撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマグワの実。
ガスっているので、前方の山の程度が分からず。
2016年06月18日 08:37撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスっているので、前方の山の程度が分からず。
1
水槽に入れる疑似海藻のよう。
2016年06月18日 08:41撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水槽に入れる疑似海藻のよう。
1
銀玉水付近から、これから登る雪渓を眺める。
2016年06月18日 08:48撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
銀玉水付近から、これから登る雪渓を眺める。
1
ウサギギク。
2016年06月18日 08:52撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウサギギク。
1
グロテスクな花。
2016年06月18日 09:01撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グロテスクな花。
ガスと突風で辛い行程。
2016年06月18日 09:08撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスと突風で辛い行程。
やっと大朝日小屋に逃げ込む。先客の方が居り、ガスと強風の為に待機中でしたので山の話で時間を潰す。間もなく、続々とハイカーが避難してきた。
2016年06月18日 09:23撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと大朝日小屋に逃げ込む。先客の方が居り、ガスと強風の為に待機中でしたので山の話で時間を潰す。間もなく、続々とハイカーが避難してきた。
1
小屋で食事や他のハイカーと会話して晴れを待つが、とりあえず山頂を目指す事になり、ハイカー数名と一緒にアタック開始。
2016年06月18日 10:12撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋で食事や他のハイカーと会話して晴れを待つが、とりあえず山頂を目指す事になり、ハイカー数名と一緒にアタック開始。
ガスと強風に耐えつつ、何とか山頂に到着。
2016年06月18日 10:26撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスと強風に耐えつつ、何とか山頂に到着。
3
山頂はこんな感じです。
2016年06月18日 10:27撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂はこんな感じです。
2
とりあえず、5分ぐらい山頂で粘ったが、ガスが晴れそうもないので小屋まで戻る。
2016年06月18日 10:37撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりあえず、5分ぐらい山頂で粘ったが、ガスが晴れそうもないので小屋まで戻る。
1
強風が吹く場所に限ってヒナウスユキソウが咲いているが、撮影困難でした。風で被写体ブレが多い中、何とか撮影。
2016年06月18日 10:38撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風が吹く場所に限ってヒナウスユキソウが咲いているが、撮影困難でした。風で被写体ブレが多い中、何とか撮影。
2
ヒナウスユキソウのアップ。
2016年06月18日 10:38撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒナウスユキソウのアップ。
3
下山開始すると、少し晴れてきた。
2016年06月18日 10:52撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山開始すると、少し晴れてきた。
1
雪渓をアップ。
2016年06月18日 10:54撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓をアップ。
1
帰り道の稜線。
2016年06月18日 10:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰り道の稜線。
2
ショウジョウバカマ。
2016年06月18日 11:04撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
水芭蕉?
2016年06月18日 11:06撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水芭蕉?
斜面の雪渓。
2016年06月18日 11:08撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面の雪渓。
この雪渓を降りるのですが、アイゼン付けないと滑ります。私はアイゼン装着せずに雪がない場所を下った。
2016年06月18日 11:10撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この雪渓を降りるのですが、アイゼン付けないと滑ります。私はアイゼン装着せずに雪がない場所を下った。
ついに快晴になりました。
2016年06月18日 11:14撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに快晴になりました。
8
やっと大朝日岳が完全に見えた。
2016年06月18日 11:23撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと大朝日岳が完全に見えた。
4
いい雰囲気の景観。
2016年06月18日 11:24撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気の景観。
2
やはり山頂付近には雲が付きまとっているようです。
2016年06月18日 11:26撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり山頂付近には雲が付きまとっているようです。
小朝日岳の山頂付近をアップ。ハイカー確認。
2016年06月18日 11:30撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳の山頂付近をアップ。ハイカー確認。
2
小朝日岳をアップ。
2016年06月18日 11:35撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳をアップ。
小朝日岳の南側は鋭めの傾斜。
2016年06月18日 11:53撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳の南側は鋭めの傾斜。
1
ヒメサユリ。
2016年06月18日 12:01撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメサユリ。
7
戻りは小朝日岳の急登は避け、トラバース道で古寺山を目指す。
2016年06月18日 12:04撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戻りは小朝日岳の急登は避け、トラバース道で古寺山を目指す。
まだ山頂の雲は無くなりませんね。
2016年06月18日 12:10撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ山頂の雲は無くなりませんね。
3
トラバース道中。
2016年06月18日 12:14撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トラバース道中。
サンカヨウ。
2016年06月18日 12:16撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ。
4
合流点に到着。
2016年06月18日 12:21撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流点に到着。
古寺山を眺める。
2016年06月18日 12:22撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺山を眺める。
シラネアオイ。
2016年06月18日 12:24撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シラネアオイ。
緑とヒメサユリ。
2016年06月18日 12:33撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑とヒメサユリ。
2
サラサドウダン?の花。
2016年06月18日 12:34撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サラサドウダン?の花。
小朝日岳を振り返る。
2016年06月18日 12:39撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳を振り返る。
5
雲が無ければ、もっと凄い景観だろうと思いつつ。
2016年06月18日 12:39撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が無ければ、もっと凄い景観だろうと思いつつ。
3
小朝日岳のトラバース道を振り返る。
2016年06月18日 12:44撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小朝日岳のトラバース道を振り返る。
2
コブシの花。
2016年06月18日 12:58撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コブシの花。
三沢清水。
2016年06月18日 12:59撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三沢清水。
一服清水。
2016年06月18日 13:24撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一服清水。
合体の樹の裏側。
2016年06月18日 13:54撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合体の樹の裏側。
古寺川まで戻ってきた。
2016年06月18日 14:13撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
古寺川まで戻ってきた。
1
駐車場はかなり埋まっています。
2016年06月18日 14:17撮影 by NIKON D7000, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場はかなり埋まっています。
撮影機材:

感想/記録

今年2回目の山は朝日岳。
17日の夜に自宅を出発し、古寺鉱泉の駐車場に到着したのは18日の午前2時。
車中泊して早朝5時前に登り始めました。
出発時の天候は曇りでしたが、天気予報では晴れるとの事だったので、晴れに期待しながら登りました。しかし、古寺山に着いても、小朝日岳に着いても晴れる気配無し。むしろ進めば進む程、ガスや強風が増してきました。かなり厳しい状態のまま大朝日小屋に逃げ込んだところ、先客の方も小屋で待機中。
暫く先客のハイカーの方とお話ししたり、食事して山頂へ登る機会をうかがう事になりました。先客のハイカーの方は100名山登頂を目標にしているとの事で、既に70以上登頂を果たしたとの事。関東に在住との事で、ほぼ寝ていない状態で移動されてきており、その行動力に大変感服致しました。
暫く小屋で待機していると、続々とハイカーの方が避難されてきました。
天候は良くなる気配がないので、最後はハイカー数名で一緒に山頂を目指す事になり、ガスと強風の中、何とか山頂にたどり着く事ができました。
その後、小屋に引き返して早々に下山を開始。戻り道中では次第に天候が良くなってきました。ただし、山頂付近の雲だけは完全に消える事はありませんでした。
晴れ間で眺める朝日連峰の景色は、標高1800mレベルの山とは思えぬ程、高山の雰囲気のある素晴らしい眺めでした。コースの道のりも変化に富み、単調な山歩きでは無く、楽しめる山でした。ですので今回は天候だけが残念です。
再び登りたくなる山には間違いありません。
訪問者数:439人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ